このページでは、ヤマダイのカップ焼そば、「ニュータッチ 宇都宮焼そば」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 宇都宮焼そば」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 宇都宮焼そば」。2023年4月3日発売の、「ニュータッチ」シリーズの新商品です。宇都宮のご当地焼そばを再現したカップ麺となっています。今回で2度目の登場となります。



宇都宮は餃子だけではない


以前も出ていた「宇都宮焼そば」が2度目の登場。宇都宮といえば餃子の街としておなじみで、私オサーンは前回発売時に初めて「宇都宮焼そば」の存在を知りました。「宇都宮焼そば」は太麺を炒めて薄味で供され、自分で卓上のソースをかけて味付けするのが特徴のようです。

地元栃木県の「月星ソース」を用い、宇都宮市と連携した「食べて愉快だ宇都宮」のロゴも掲載されており、かなり気合が入った商品あることがわかります。ヤマダイは茨城の会社で、私は勝手に茨城・栃木・群馬の3県は互いにライバル視して仲が悪いと勝手に思っていましたが、ヤマダイと今回の商品の関係を見る限り、必ずしも仲が悪いわけではなさそうですね。

以前出ていた「宇都宮焼そば」カップ麺はこちら。
ニュータッチの「ご当地焼そばシリーズ」から新商品登場!「ニュータッチ 宇都宮焼そば」を実食レビュー

ニュータッチの「ご当地焼そばシリーズ」から新商品登場!「ニュータッチ 宇都宮焼そば」を実食レビュー

このページでは、ヤマダイのカップ焼そば、「ニュータッチ 宇都宮焼そば」を食べてレビューしていきます。「ニュータッチ 宇都宮焼そば」はどんな商品?今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 宇都宮焼そば」。2022年7月4日発売の、「ニュータッチ」の新商品です。ヤマダイからは多くのご当地麺がカップ麺化されていますが、今回は「宇都宮焼そば」とのこと。「ニュータッチ」が「宇都宮焼そば...


内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには太い麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。ピンクのかまぼこやキャベツが入っていました。

品名ニュータッチ 宇都宮焼そば
メーカーヤマダイ
発売日2023年4月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体ソース・かやく・紅生姜)
定価税別194円
取得価格税別138円(ドン・キホーテ)

栄養成分表、原材料


1食119g(めん90g)あたり
エネルギー462kcal
たん白質6.7g
脂質15.5g
炭水化物73.8g
食塩相当量5.7g



内容量、麺量は昨年発売されていたものと同じですが、栄養成分が異なり、原材料も主に麺の部分が異なっていました。


「ニュータッチ 宇都宮焼そば」食べてみた!




・モチモチの極太麺が食べ応え抜群!
・月星ソースをブレンドした酸味が特徴のソース
・生タイプの紅生姜が美味しさを引き立てる!


ソース


酸味がかなり強いソースです。炒め風味のついた油脂も入っていたり、甘みも感じられたりしますが、主役は完全に酸味。使われている月星ソース自体はあっさりめなソースのようですが、ヤマダイが月星ソースを使ってブレンドしたソースにはお酢が入っており、強烈なパンチを加えていました。この酸味は好みが分かれるでしょうね。






湯戻し時間5分の、極太で縮れのついた油揚げ麺。宇都宮焼そばの麺は太いタイプが多いようですが、カップ麺の麺はさらに太い印象です。酸味の強いソースに対し、麺の太さでバランスを取っていました。麺量が90gで普通量ですが、これだけ太いならガッツリ大盛で食べたいですね。

麺が今回のリニューアルポイントのようで、よりもちもちした食感になっているそうですが、すいませんよくわかりませんでした。





ピンクのかまぼこ、キャベツ、そして別添の紅生姜の組み合わせです。ピンクのかまぼこは宇都宮焼そばの特徴ではないようですが、有名店を始め一部のお店でハムが用いられているようで、色味的にハムが再現されているものと思われます。

紅生姜は、酸味の強いソースと共鳴し、すごいキレ味となっていました。これ、紅生姜の辛味やキレも増幅されてしまうので、特に紅生姜が苦手な人は注意が必要かもしれません。


オススメ度(標準は3です)


  • ヤマダイ 「ニュータッチ 宇都宮焼そば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
前回は★3にしましたが、今回は★4にしました。前回は個人的な好みを反映させてしまった部分がありましたが、これだけ酸味の強い焼そばは個性があり、この酸味を好む人には需要があると思い、評価を改めました。また、値上げはされたものの、他社製品と考えると明らかにお得な価格設定なのは間違いありません。

宇都宮焼そばとは2文字違いのご当地焼そば。M-1におけるアーネスト・ホースト的な、ミスターB-1と言っても良い存在ですよね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加