このページでは、まるか食品のカップ麺、「ペヤング 超大盛ふる里やきうどん」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング 超大盛ふる里やきうどん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 超大盛ふる里やきうどん」。2023年4月17日発売の「ペヤング」シリーズの新商品です。「超大盛」フォーマットで登場のカップ焼うどんとなっています。



「ふる里」シリーズの商品


今回は、「ペヤング」内の「ふる里」シリーズの新商品。「ふる里」シリーズは1989年に初登場し、カップ麺業界初の幅広麺で注目を集めたのこと。すいません、そんなことがあったなんて知りませんでした。基本的には汁ありのうどんが出ていましたが、今回は初となる汁なしの「やきうどん」。さらにはなぜか麺2個分の「超大盛」として登場しました。「ふる里」なんてネーミングなのになぜ普通のサイズではなく超大盛なのでしょうか。

「ふる里」シリーズとしては2018年以来ですが、焼うどん系の商品は数多く出ています。
群馬・伊勢崎の新種のご当地麺??「ペヤング 超大盛伊勢崎焼うどん」を食べてみた!

群馬・伊勢崎の新種のご当地麺??「ペヤング 超大盛伊勢崎焼うどん」を食べてみた!

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 超大盛伊勢崎焼うどん」を食べてレビューしていきます。「ペヤング 超大盛伊勢崎焼うどん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 超大盛伊勢崎焼うどん」。2022年9月19日にファミマ先行で発売、9月26日に一般発売された、「ペヤング」シリーズの新商品です。麺2つ入りの「超大盛」シリーズから、ご当地焼うどん?が登場しました。...

まるか食品 「ペヤング かきたまあんかけ風うどん」

まるか食品 「ペヤング かきたまあんかけ風うどん」

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング かきたまあんかけ風うどん」を食べてレビューしていきます。「ペヤング かきたまあんかけ風うどん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング かきたまあんかけ風うどん」。2023年3月27日発売の「ペヤング」シリーズの新商品です。あんかけのうどんという変わり種ですが、ペヤングということでさらに面白い商品になっていそうです。...



「ふる里」なのに「超大盛」




「ふる里」のうどんとのことで、しょうゆ仕立てに油あげ、ねぎ、にんじん、ごぼうが入っています。ホッとするような味になるのかと思いきや、まったくミスマッチの「超大盛」フォーマット。夫婦とか親子とか兄弟とかで、ふる里を思いながら仲良く食べろということでしょうか。どちらかというと「超大盛」はガッツリ一人で食べるイメージなんですけどね。ギャップ萌えでしょうかね。萌えないですが。


内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップにはうどんの麺が2ブロック入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。常盤堂の雷おこしみたいな油揚げが入っています。

品名ペヤング 超大盛ふる里やきうどん
メーカーまるか食品
発売日2023年4月17日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(ソース・かやく)
定価税別250円
取得価格税別228円(ドン・キホーテ)

栄養成分表、原材料


1食218g(めん180g)あたり
エネルギー1033kcal
たん白質14.8g
脂質56.7g
炭水化物115.8g
食塩相当量6.6g

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、食塩、香辛料)、添付調味料(しょうゆ、食塩、糖類、かつおぶしエキス、発酵調味料、煮干しエキス、こんぶエキス、唐辛子、ゆず皮、かつおぶし粉末、煮干し粉末)、かやく(味付け油揚げ、にんじん、ごぼう、ねぎ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、トレハロース、酒精、増粘多糖類、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、pH調整剤、(一部に小麦・大豆を含む)

「超大盛」なので、麺量は2個分でカロリー1000kcal超えです。


「ペヤング 超大盛ふる里やきうどん」を食べてみた!




ペヤングふる里シリーズの最新作として「やきうどん」をイメージした商品です。
コシのあるうどんと鰹・煮干しの出汁が効いたソースの組み合わせがやみ付きになる味わいに仕上げました。


ソース


かつおなど魚介を効かせたしょうゆ味のソースです。「ふる里」の味にもいろいろあると思いますが、しょうゆ味の塩気がかなり強く、加えて唐辛子のピリ辛でエッジを加えることにより、塩気がさらに強く感じられました。唐辛子と魚介でキレッキレの、なかなかファンキーなふるさとの味でした。塩気の強さは東北のあたりですかね。






カップ麺における幅広麺の起源とのことで、いつものペヤングのうどんなのですが、高貴なる幅広麺となっています。麺量に比してソースの量が少ない気がしましたが、塩気の点ではむしろソースの方が強いとすら感じました。

しかし、うどんで麺量180gはなかなか奇抜ですね。なぜ「ふる里うどん」で超大盛なのか本当不思議です。





細長くカットされた油揚げ、ニンジン、ごぼう、ネギの組み合わせ。具の構成は結構「ふる里」感が出ているのではないでしょうか。ペヤングのいつものキャベツは入ってないものの、具はなかなかボリュームがあります。


オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング 超大盛ふる里やきうどん」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
しょうゆ味の塩気が強く、唐辛子や魚介でキレのある味わいが特徴。塩気が強いので、今回の「ふる里」は北の方かもしれませんね。なぜ「超大盛」なのかは最後までわかりませんでしたが、「ふる里」と「超大盛」のギャップもひとつの魅力かもしれませんね。

徳島の人にとってはこれぞ「ふる里焼そば」かもしれませんね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加