このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング イカトパスやきそば」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング イカトパスやきそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング イカトパスやきそば」。2023年4月17日発売の「ペヤングやきそば」シリーズの新商品です。イカとタコでイカパトスという何ともフザケたネーミングの商品が登場しました。



ペヤング新商品はイカ+タコで「イカパトス」


今回のペヤング新商品は、イカとタコのイラストが描かれた、イカとタコが入った「イカトパス」となっています。イカの価格が高止まりの中、なんとも贅沢なカップ焼そばとなっています。イカはカップ麺でよく見る材料ですが、タコは果たしてどんな感じで出てくるのか気になるところ。

2022年2月に発売された「ペヤング たこめし風やきそば」では、「たこ入りすり身ボール」という新アイテムが使われていました。やわらかいすり身のボールにかたい食感のタコが入った面白い食感が印象的でした。
「たこめし」味で「たこ入りすり身ボール」が強烈!「ペヤング たこめし風やきそば」を実食レビュー

「たこめし」味で「たこ入りすり身ボール」が強烈!「ペヤング たこめし風やきそば」を実食レビュー

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング たこめし風やきそば」を食べてレビューしていきます。「ペヤング たこめし風やきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング たこめし風やきそば」。2022年2月7日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの新商品です。最近真面目路線を突き進む「ペヤング」ですが、今回は「たこめし風」というかなりぶっ飛んだ商品となっています...


内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。これは・・・例の「たこ入りすり身ボール」のようです。すいませんネタバレしていました。いかは存在感あまりなさそう・・・。

品名ペヤング イカトパスやきそば
メーカーまるか食品
発売日2023年4月17日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(やきそばソース・かやく)
定価税別214円
取得価格税別175円(ドン・キホーテ)

栄養成分表、原材料


1食118g(めん90g)あたり
エネルギー545kcal
たん白質9.4g
脂質26.4g
炭水化物67.5g
食塩相当量3.6g

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(野菜・果物(トマト、りんご、たまねぎ、にんじん、もも、みかん、デーツ)、糖類、醸造酢、食塩、アミノ酸液、食用ごま油、かつおだしの素、香辛料、酵母エキス、キャベツエキス、肉エキス、煮干エキス、オイスターエキス、しいたけ、昆布)、かやく(キャベツ、タコ入りすり身ボール、イカ)/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘剤(増粘多糖類、加工デンプン)、膨張剤、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、セルロース、リン酸塩(Na)、ビタミンB₂、香辛料抽出物、香料、(一部に小麦・卵・いか・ごま・大豆・豚肉・もも・りんごを含む)

ソースの原材料に果物がたくさん並んでおり、かなり甘そうです。


「ペヤング イカトパスやきそば」を食べてみた!




イカ焼き・たこ焼きをイメージした濃厚でコク深い味わいを同時に楽しめます。
具材には、噛むほどに旨味が溢れるイカと、ペヤング独自製法のタコ入りすり身ボールを使用しております。
1食でイカ焼き、タコ焼き、やきそばの3種類を食べたようなお得感をお楽しみください。


ソース


甘みや酸味を強く効かせたドロドロ濃厚なソースです。先日の「東西」の関西風のソースに似ていますが、それよりさらに甘みや酸味が強く、こってりした味わいとなっています。たこ焼きソースをイメージしているのでしょうか。このソースはかなりいけているのではないでしょうか。いつものペヤングの味と全然違っていて面白いです。






麺は、湯戻し時間3分のいつものペヤングの中細で縮れのついた油揚げ麺。ソースの味はいつものペヤングとまったく違いますが、麺は同じなので、味は違ってペヤングの派生であることがわかります。ソースを冒険しても、この麺を使えばきちんとペヤングになってしまうのは、本当強いですよね。





具は、タコ入りすり身ボール、イカ、キャベツの組み合わせ。タコ入りすり身ボールは、やわらかいすり身の中に硬いタコが入っていて食感は面白いですが、湯戻し時にお湯を含んだすり身の水分が多く、口に含むとソースの味が薄まるような印象を受けました。イカは量が少ない上にカットが細かく、タコもイカも多少物足りなかったです。


オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング イカトパスやきそば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
具の「タコ入りすり身ボール」は面白い存在でしたが、「イカトパス」としてはタコもイカも物足りなかったです。一方で、甘みと酸味の強いソースはとてもおいしく、いつもと全然違う味なのにペヤングの麺と合わせることで、しっかりペヤングの一バリエーションと成立していました。「イカトパス」も良いですが、ソースの味がとても印象的な一杯です。

高校で勉強していた時からほぼ毎年買い続けています。眺めているだけで楽しいです。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加