このページでは、日清食品のカップライス、「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」を食べてレビューしていきます。



「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」はどんな商品?


今回のカップ麺は、日清食品の「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」。2023年4月3日発売の、「完全メシ」並びに「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。




「完全メシ」×「カレーメシ」


「完全メシ」から新商品として発売された商品のうち、先日は「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃い汁なし担々麺」をレビューしましたが、今回はそれと同時発売の「カレーメシ」。他にもグラノーラやスムージー、さらには冷凍食品と盤石の体制の「完全メシ」ですが、湯戻しのカップライス、そしてカレーを担うのが今回ん商品となっています。

レビュー済の「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃い汁なし担々麺」。栄養食でありながらエグみの一切ない、とてもおいしい一杯でした。税別398円が許容できれば、おいしいし栄養価が高いし、言うことなしの商品でした。
「完全メシ」×「UFO」の汁なし担々麺!!  「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃い汁なし担々麺」を実食レビュー

「完全メシ」×「UFO」の汁なし担々麺!!  「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃い汁なし担々麺」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップ麺、「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃い汁なし担々麺」を食べてレビューしていきます。「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃い汁なし担々麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「完全メシ 日清焼そばU.F.O. 濃い濃い汁なし担々麺」。2023年4月3日発売の、「完全メシ」ならびに「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。栄養とおいしさのバンスを取った栄養食「...



「完全メシ」の「カレーメシ」は2作目




「カレーメシ」の「完全メシ」は、前回の「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」に続いて2作目。今回の2作目発売後も継続販売のようです。今回は現行品の「キーマカレーメシ スパイシー」とパッケージがよく似ていますが、「完全メシ」のロゴ、そして偉いコックさんのようなタテに帽子を被っているが特徴となっています。どちらもキーマカレーなので、今回は味の違いを比べてみたいと思います。
栄養価完璧なカレーメシ登場!味はどうなの?「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」を実食レビュー

栄養価完璧なカレーメシ登場!味はどうなの?「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップライス、「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」を食べてレビューしていきます。「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」はどんな商品?今回は、日清食品の「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」。2022年5月30日発売の、「日清カレーメシ」シリーズ並びに「完全メシ」シリーズの新商品です。33種の栄養素を盛り込んだ栄養食の「カレーメシ」で、日清食品グループオンラインストアのみで...


内容物、価格、購入額など




左が「完全メシ」、右がノーマル「キーマカレー」。「完全メシ」のみ別添袋が2つ入っており、ノーマル「キーマカレー」は他の「カレーメシ」と同様に固形のカレールゥが入っていました。パッケージは似ていますが、この時点でもう完全に別物ですよね。



「完全メシ」のパフライスはやや黄色味がかっており、大豆肉がやや多め。ノーマル「キーマカレーメシ」には固形ルゥが入っています。

品名完全メシ キーマカレーメシ スパイシー
メーカー日清食品
発売日2023年4月3日(月)
麺種別ライス
かやく・スープ2袋(信じて混ぜろ!きっとカレーになるパウダー・仕上げオイル)
定価税別398円
取得価格税別398円(セブン-イレブン)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分完全メシ
116g(めん69g)
通常キーマカレーメシ
105g(めん69g)
エネルギー468kcal450kcal
たんぱく質19.7g7.6g
脂質13.9g14.7g
炭水化物70.5g71.8g
∟糖質∟61.8g∟-g
∟食物繊維∟8.7g∟-g
食塩相当量2.98g3.3g

ライスの量は両者同じ。総重量は「完全メシ」が11g重くなっています。カロリーややや「完全メシ」、脂質や炭水化物はノーマル「キーマカレーメシ」がやや高い数値となっています。

  • 原材料
ライス(米(国産)、食物繊維、コラーゲンペプチド、乳化油脂、食塩)、味付けの素(コラーゲンペプチド、植物油脂、砂糖、香辛料、小麦粉、オニオンパウダー、ドロマイト、チキン調味料、カレー粉、キャロットパウダー、食塩、トマトパウダー、酵母、納豆菌エキス入り食用油脂)、大豆たん白加工品、にんじん/調味料(アミノ酸等)、グルコン酸K、カラメル色素、リン酸塩(Na)、トレハロース、塩化K、香料、乳化剤、増粘剤(キサンタンガム)、V.C、酸味料、トリプトファン、酸化防止剤(V.E)、ナイアシン、ピロリン酸鉄、V.B6、V.E、パントテン酸Ca、V.B1、V.A、V.B2、葉酸、V.D、V.B12、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

左が「完全メシ」で右がノーマル「キーマカレーメシ」。原材料は「味付けの素」だけではなく「ライス」も異なっていました。



「完全メシ」は、湯戻し5分後、パウダーとオイルを入れてよく混ぜます。信じて混ぜると?カレーらしくとろみがついてきます。



「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」を食べてみた




左が「完全メシ」で右が「キーマカレーメシ」。やや色は違いますがあまり大きな違いはないように見えます。

栄養とおいしさの完全なバランスを追求しました!
栄養とおいしさの完全なバランスを追求した、お湯かけ簡単調理のキーマカレー。オニオンなどの野菜とチキンのうまみをベースに、クミン、コリアンダー、カルダモン、クローブなどのスパイスをきかせました。


「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」




スパイシーな辛口のルゥにパフライスと、大豆挽肉、ニンジンの組み合わせ。スパイシーなのはもちろんですが、甘味と酸味が比較的強めで、トマトの存在感が大きくなっています。栄養食らしいエグみは一切なく、スパイス感、甘み、酸味のバランスが良好でした。

粉末とオイルによって固形ルゥを代用していますが、とろみがつくのが固形ルゥより早めで、まったく違和感ないどころかこちらのほうがカレーとして自然な形状に見えました。最終的なルゥとライスのバランス、とろみの強さも、いつもの「カレーメシ」とほぼ同じでした。



「日清キーマカレーメシ スパイシー」




「完全メシ」に比べると、甘み、酸味は控えめですが、重厚なスパイス感ではこちらが勝っており、さらには、豚脂主体の肉の旨みが感じられ、よりキーマカレーらしいのはこちらでした。私オサーンはカレーメシの中でも特にキーマカレーメシが好きなのですが、「完全メシ」をもってしても、この完璧な味の牙城を崩すことはできませんでした。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「完全メシ キーマカレーメシ スパイシー」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
スパイシーで、甘みや酸味のパンチも感じられるおいしいカレーで、栄養食らしいエグみはまったくなく、よくできている一杯でした。文句なくおいしい一杯ですが、通常の「キーマカレーメシ」はスパイス感や肉の旨みで優位性があり、その牙城は崩すまでには至っていませんでした。

大量に食べたくなる時ありますよね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加