このページでは、エースコックのカップ麺、「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 豚まん味中華そば」を食べてレビューしていきます。



「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 豚まん味中華そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 豚まん味中華そば」。2023年3月20日発売の「ワンタンメン」シリーズの新商品です。中華街でおなじみの神戸・南京町監修による、豚まん味のカップ麺となっています。



「豚まん」の味をカップ麺で再現


エースコックの「ワンタンメン」ブランドが、中華街でおなじみの神戸・南京町とコラボした商品。今回は南京町でも売られている「豚まん」の味を再現したという中華そばとなっています。これまでに餃子やテリヤキバーガー、レバニラ炒めなどをカップ麺で再現してきたエースコックなので、豚まんと言われてもそこまでは驚きませんが、豚まんの餡はともかくとして、あの外側の甘い生地・皮部分をどう再現するのかとても気になります。

私は生地の甘さがあまり得意ではなく、どうにも肉まんやピザまんなどの餡と合わない気がして、中華まんを食べるならあんまんかごまあんまんが多いです。普段から甘さが気になるからこそ、今回のカップ麺でどう再現されているのか興味があります。

以前にもエースコック「ワンタンメン」と南京町はコラボしていたことがあり、2019年に「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば」という商品が出ていました。ウーシャンやオニオンで輪郭をつけたスープが印象的でした。
神戸中華街「南京町」とタイアップしたカップ麺!「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば」

神戸中華街「南京町」とタイアップしたカップ麺!「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば」

このページでは、エースコックのカップ麺、「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば」を食べてレビューしていきます。「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、エースコックの「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば」。2019年1月28日発売の、「ワンタンメン」シリーズの新商品です。神戸にある中華街「南京町」とタイアップしたカップ麺です。「南...


内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺のみ入っています。麺ちょっと光っているのですが。



先入れの別添袋2つを麺の上に開けた状態。ワンタンは3個入っていますが、豚まんは入っていません。

品名ワンタンメンどんぶり 南京町監修 豚まん味中華そば
メーカーエースコック
発売日2023年3月20日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(粉末スープ・かやく)
定価税別214円
取得価格税別148円(イオン)

栄養成分表、原材料


1食76g(めん64g)あたり
エネルギー311kcal
∟めん・かやく∟283kcal
∟スープ∟28kcal
たん白質7.1g
脂質8.8g
炭水化物50.8g
食塩相当量4.8g
∟めん・かやく∟1.3g
∟スープ∟3.5g
ビタミンB10.21mg
ビタミンB20.25mg
カルシウム236mg

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、かやく(ワンタン、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ)、スープ(食塩、砂糖、粉末しょうゆ、香辛料、ポーク調味料、チキン調味料、酵母エキス、オニオンパウダー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、増粘多糖類、カラメル色素、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、酸味料、(一部に小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)



スープ


スープは「醤油とポークをベースに、『豚まん』をイメージした甘みと玉ねぎの旨みを利かせた醤油スープ」で、「ほのかに香る五香粉で中華街らしさのある一杯に仕上げ」たとのこと。



豚まんの餡も皮も再現したスープ


  • 豚の旨みや玉ねぎで豚まんの餡を再現
豚の旨みや強めに甘みを効かせたしょうゆ味のスープに、玉ねぎや五香粉の風味によって中華感を演出しています。豚まんの味とはどんなものなのかと気になりましたが、しょうゆよりも周辺の旨みが際立っており、特に豚肉はそれほど入っていなくてもしっかり豚の旨みが熱く感じられました。玉ねぎの風味も豚まん感をさらに高めています。



  • 強い甘さで豚まんの皮の甘みを再現


そして懸案の豚まんの皮の味ですが、スープに強い甘みがつけられており、外側の皮の味が再現されています。豚の旨みや玉ねぎと甘みが合わさることで、いやはやこれは確かに豚まんの味でした。前情報なく食べて豚まんだと当てる自信はありませんが、豚まんだぞと言われて食べたら確かに!と返すことはできるのではないでしょうか。



麺は「適度な弾力とコシを併せ持っためん」で、「めんにも味付けを施し、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。



中細でかため食感の油揚げ麺


湯戻し時間3分の、中細で縮れのついた油揚げ麺。細さの割にかための食感となっています。しょうゆの色なのか黒めの色味で、味も普通の麺より濃いめにつけられているようで、麺がスープの味の中に取り込まれているような一体感がありました。どちらかというと、麺と同じ小麦仲間の皮よりも、餡の方を再現しているように感じました。




具は「滑らかな食感で風味の良いワンタン、程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いねぎを加えて仕上げ」たとのこと。



ワンタン3個


ワンタンは、カップタイプの「ワンタンメン」のいつも通りの3個。豚まん味の商品ですが、特に豚まんに寄せておらずいつも通りのワンタンのようです。「ワンタンメン」と名乗るほどには主役感はありませんが、具のひとつとしては十分ではないでしょうか。



肉そぼろ&ネギ


肉そぼろとネギも入っていますが、こちらはおまけ程度。特に肉そぼろはたくさん入っていると豚まん感が増すんですけどね。「肉そぼろなぞに頼らずともスープと麺だけで豚まんなど余裕で再現できるわぁ!」という余裕の現れかもしれません。


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 豚まん味中華そば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
スープの味と甘みによって、しっかり豚まんを再現できていた一方で、豚まんに近い存在のワンタンや肉そぼろには頼る気がまったくないようで面白かったです。豚まん味だと考えなくても、甘くて普通においしいワンタンメンでもありました。

映画の公開前にもうゲームが出ているんですよね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加