このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD カレー」を食べてレビューしていきます。



「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD カレー」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD カレー」。2023年3月20日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。前回レビューしたしょうゆ味と同時発売された、減塩と1日分のカルシウムとビタミンDが入った「カップヌードルカレー」です。
減塩カップヌードル誕生!! 「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD」をいつもの「カップヌードル」と食べ比べ

減塩カップヌードル誕生!! 「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD」をいつもの「カップヌードル」と食べ比べ

このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD」を食べてレビューしていきます。「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD」。2023年3月20日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。減塩の上にカルシウムとビタ...

「塩分控えめPRO」に抜擢された「カップヌードルカレー」




高たんぱく&低糖質「カップヌードルPRO」では、しょうゆ味、シーフード味、そしてチリトマト味がラインナップされており、カップヌードルでナンバー2争いをするライバルのシーフード味はともかく、後輩のチリトマト味にも先を越されて苦しい立場にいたカレーヌードル。今回の「塩分控えめPRO」にて、その溜飲を下げるツートップに抜擢。古参の面目を保ちました。

カップヌードル内でもカレー味はたびたび登場し、「カップヌードルカレー」の牙城を切り崩してくるのが困ったところ。そもそも、「欧風チーズカレー」なんていうレギュラー商品まで存在する始末。票が割れる状況にあっても2番手争いをしているのはむしろすごいことですよね。
チーズパウダーが加わった新「カップヌードル 欧風チーズカレー」をリニューアル前と食べ比べ!

チーズパウダーが加わった新「カップヌードル 欧風チーズカレー」をリニューアル前と食べ比べ!

このページでは、日清食品のリニューアルされたカップ麺、「カップヌードル 欧風チーズカレー」を、リニューアル前と食べ比べてレビューしていきます。「カップヌードル 欧風チーズカレー」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 欧風チーズカレー」。2021年3月1日にリニューある発売された、「カップヌードル」シリーズの商品です。カップヌードルになくてはならない存在としてすっ...



塩分控えめ&1日分のカルシウム&ビタミンDの「PRO」




味の濃い「カップヌードルカレー」は塩分濃いめのイメージがあるかもしれませんが、実はシリーズ内でも食塩相当量の数値が小さい部類に入ります。なので本当は、塩分が多い「辛麺」とか新登場の「ねぎ塩」を「塩分控えめPRO」化する方が効率的なのですが、そこは需要があるナンバー2の登場と相なったようです。



内容物、価格、購入額など




左が「塩分控えめPRO」で、右が通常のカップヌードルカレー。「塩分控えめPRO」のポテトがやや少ないかなと見える程度で、大きな違いはないように見えます。麺量もどちらも60gで共通。

品名カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD カレー
メーカー日清食品
発売日2022年3月20日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税別230円
取得価格税別230円(セイコーマート)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分塩分控えめPROカレー
86g(めん60g)
通常カップヌードルカレー
87g(めん60g)
エネルギー384kcal422kcal
∟めん・かやく∟332kcal∟363kcal
∟スープ∟52kcal∟59kcal
たんぱく質9.8g9.0g
脂質18.6g20.4g
炭水化物50.8g50.6g
∟糖質∟43.0g∟-g
∟食物繊維∟7.8g∟-g
食塩相当量2.8g4.4g
∟めん・かやく∟1.4g∟2.2g
∟スープ∟1.4g∟2.2g
ビタミンB10.19mg0.21mg
ビタミンB20.24mg0.20mg
カルシウム733mg108mg
ビタミンD6.9μg-μg

内容量が1gだけ違います。「塩分控えめPRO」は、食塩相当量だけではなくカロリーや脂質も低く、そして圧倒的なカルシウム。価格差は16円です。

  • 原材料
・カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD カレー

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、糖類、しょうゆ、デキストリン、チキンエキス、ポークエキス、香味調味料、サイリウム種皮粉末、ポーク調味料、香辛料、チキン調味料)、スープ(豚脂、カレー粉、たまねぎ、小麦粉、でん粉、糖類、オニオンパウダー、香味調味料、マーガリン、ポーク調味料、粉末しょうゆ、たん白加水分解物、プロセスチーズ、にんじん、脱脂粉乳、香辛料、オニオン調味料、粉末ソース、トマトパウダー、酵母エキス、卵粉)、かやく(フライドポテト、味付豚ミンチ、味付豚肉、ねぎ、にんじん)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、乳化剤、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、香料、カラメル色素、かんすい、塩化Mg、pH調整剤、環状オリゴ糖、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンD、香辛料抽出物、酸味料、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)


・通常カップヌードルカレー

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、ポークエキス、チキンエキス、たん白加水分解物)、スープ(豚脂、カレー粉、小麦粉、カレー調味料、玉ねぎ、でん粉、香味調味料、糖類、マーガリン、食塩、人参、ピーナッツバター、香辛料)、かやく(フライドポテト、味付豚ミンチ、味付豚肉、人参、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カラメル色素、炭酸Ca、香料、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、香辛料抽出物、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・落花生・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)


スープも麺も、通常カップヌードルカレーには入っていない材料がたくさん並んでいます。特にスープについては、前回のしょうゆ味の時とはだいぶ状況が違い、まるで別物に見えるレベルです。


完成品の比較




左が「塩分控えめPROカレー」で右が通常カップヌードルカレー。湯戻し前はよくわかりませんでしたが、「塩分控えめPRO」の肉とポテトはどちらもちょっと少なめのようです。あと、麺の色や形状に違いがありそうです。



スープ


スープは「ポークや野菜のうまみが溶け込んだ、まろやかな濃厚カレースープ」で、「『カップヌードル』のおいしさはそのままに、塩分をカットし」たとのこと。




「塩分控えめPROカレー」。



通常カップヌードルカレー。

両者区別がつかないほど味が近い


ポークベースの肉の旨みに大量の玉ねぎを加えた、濃厚でどろどろなカレースープ。同時発売のしょうゆ味と同様、こちらのスープも食べ比べてみて大きな違いは感じないほど本家の味をしっかり再現できています。原材料を見ると、「プロセスチーズ」や「トマトパウダー」といった本家には入っていない材料が入っていたのでまったく違う味になっているのではないかと思いきや、違いがわからないレベルになっていました。

これも毎日のように食べ慣れていれば違いがわかるのでしょうが、月一程度食べている私レベルでは完コピにしか感じませんでした。食べ比べてもこれですから、片方だけ食べたら私にはまったく違いがわからないと思います。減塩でこの味は本当素晴らしいです。




麺は「『カップヌードル 塩分控えめPRO』専用のつるみのある少し太めのしなやかな麺」で、「1日分のカルシウムとビタミンD、たっぷりの食物繊維を練り込み、塩分をカットし」たとのこと。




「塩分控えめPROカレー」の麺。



通常カップヌードルカレーの麺。

麺の太さとつるみに大きな違いが!


中細で縮れのついた油揚げ麺で、両者でずいぶん太さが違います。「塩分控えめPROカレー」の麺も前回のしょうゆ味より太いのですが、それでもカップヌードルシリーズでも屈指の麺の太さを誇る本家カップヌードルカレーとの差は大きく、しょうゆ味の時以上に別物の麺となっていました。また、つるみにも大きな違いがあり、「塩分控えめ」のつるみのない麺を食べた後に本家カレーの麺を食べると、かなりつるみが強いことがわかります。

麺が細いとそれだけ合わせるスープがバランス的に強くなるので、麺の違いが減塩でもスープの濃さを増させる大きな要因になっているかもしれません。また、通常商品も麺がスープをよく吸うのですが、「塩分控えめ」はそれ以上によく吸っていました。色も濃いめになっています。カルシウムやビタミンD、食物繊維を多く含んでいると思うと、優秀すぎる麺ではないでしょうか。




具は「ポテト、謎肉 (味付豚ミンチ)、ミンチポーク (味付豚肉)、ニンジン、ネギ」とのこと。




「塩分控えめPROカレー」の具。



通常カップヌードルカレーの具。

ポテトや肉がちょっと少ない


ポテト、2種の肉については、「塩分控えめPRO」が多少ボリュームで見劣りしますが、しょうゆ味の時ほどの差はないように感じました。比べなければかなり具だくさんの部類ではないでしょうか。他にニンジンとネギが入っていて、ともにどちらも少量でそれほど違いはないように見えます。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD カレー」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
減塩商品ながら、味に減塩商品感は一切なく、通常カップヌードルカレーと同等のおいしさだと感じました。よく比べてもなかなかわからないほどのスープの再現性でした。麺は両者結構形状が異なり、つるみがなく細めの「塩分控えめPROカレー」の麺も、スープと相性が良かったです。具は多少見劣りしましたが、価格差16円で減塩、カルシウムとビタミンDを摂れると考えれば、かなり素晴らしい商品ではないでしょうか。

豚ひき肉やトマト缶をれて作るカレーのようですが、スパイスたっぷりでおいしそうです。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加