このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD」を食べてレビューしていきます。



「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD」。2023年3月20日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。減塩の上にカルシウムとビタミンDが豊富な「カップヌードル」が誕生。しょうゆ味とカレー味が同時発売されましたが、まずはしょうゆ味の方から食べていきます。



これまでの「カップヌードルPRO」


「カップヌードルPRO」といえば、高たんぱく&低糖質が特徴の筋トレマン必携の商品で、これまでにしょうゆ味、シーフード味、そしてチリトマト味の3品が出ていました。3品とも、機能を考えれば十分に許容できる味で、特に「チリトマト」は本家を食いかねないデキでした。
新登場の「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」2種は筋トレマン御用達のカップ麺となれるのか?

新登場の「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」2種は筋トレマン御用達のカップ麺となれるのか?

このページでは、日清食品のカップヌードルから新登場したカップ麺「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」2種を、それぞれノーマルのカップヌードルと比較していきます。「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」と「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 シーフードヌードル」。2021年4月5日に発売された、新シリーズ...

筋トレマン必携!「カップヌードルPRO」第3弾「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 チリトマトヌードル」を通常「チリトマト」と食べ比べ

筋トレマン必携!「カップヌードルPRO」第3弾「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 チリトマトヌードル」を通常「チリトマト」と食べ比べ

このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 チリトマトヌードル」を食べてレビューしていきます。「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 チリトマトヌードル」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 チリトマトヌードル」。2022年3月21日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。高たんぱく&低糖質が特徴の「カップ...



塩分控えめ&1日分のカルシウム&ビタミンDの「PRO」




今回は同じ「PRO」でもたんぱく質の強化や糖質低減されているわけわけではなく、「ちゃんとしょっぱい! 塩分控えめPRO製法」によって塩分を30%カットし、さらに一日分のカルシウムとビタミンDを接種できるツワモノです。本当にきちんと塩気を感じられるのか、本家「カップヌードル」と比較していこうと思います。



内容物、価格、購入額など




左が「塩分控えめPRO」で、右が通常のカップヌードル。「塩分控えめPRO」の麺量が5g少ないのと、具もちょっと少なめ。入っている具の種類は同じのようです。

品名カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD
メーカー日清食品
発売日2022年3月20日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税別230円
取得価格税別230円(セイコーマート)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分塩分控えめPRO
73g(めん60g)
通常カップヌードル
78g(めん65g)
エネルギー311kcal351kcal
∟めん・かやく∟283kcal∟327kcal
∟スープ∟28kcal∟24kcal
たんぱく質10.1g10.5g
脂質14,2g14.6g
炭水化物41.9g44.5g
∟糖質∟35.4g∟-g
∟食物繊維∟6.5g∟-g
食塩相当量2.9g4.9g
∟めん・かやく∟1.3g∟2.4g
∟スープ∟1.6g∟2.5g
ビタミンB10.14mg0.19mg
ビタミンB20.23mg0.32mg
カルシウム698mg105mg
ビタミンD6.9μg-μg

麺量が5g違うため一概に比較はできませんが、数値上はたしかに塩分控えめで圧倒的なカルシウム量となっています。価格差は通常カップヌードルが税別214円なので16円。

  • 原材料
・カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、デキストリン、サイリウム種皮粉末、ポーク調味料、香味調味料、香辛料、チキン調味料)、スープ(デキストリン、糖類、豚脂、粉末しょうゆ、たん白加水分解物、香辛料、香味調味料、食塩、ポーク調味料、メンマパウダー)、かやく(味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、ねぎ、味付豚肉)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、香料、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、かんすい、pH調整剤、カラメル色素、環状オリゴ糖、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンD、乳化剤、香辛料抽出物、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


・通常カップヌードル

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、ポーク調味料、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、味付豚肉、ねぎ)、スープ(糖類、粉末しょうゆ、食塩、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ポーク調味料、メンマパウダー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、くん液、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


「PRO」と同じく、麺に「サイリウム種皮粉末」が入っています。スープの原材料の並びにも違いが見られました。


完成品の比較




左が「塩分控えめPRO」で右が通常カップヌードル。肉やエビの量は右の通常「カップヌードル」の方があり、麺の色に違いも見られます。



スープ


スープは「ペッパーをきかせたオリジナルしょうゆスープ」で、「『カップヌードル』のおいしさはそのままに、塩分をカットし」たとのこと。




「塩分控えめPRO」。



通常カップヌードル。

ビックリするほど本家の味を再現!


胡椒を効かせたいつものしょうゆ味のスープで、両者スープだけ飲んで比べると、「塩分控えめPRO」の方がなんとなく薄味には感じます。でも本当僅差で、しかも麺と一緒に食べることで、味の差はほとんどなくなってしまいます。横に並べて食べ比べて違いをほとんど感じないレベルなので、これ「塩分控えめPRO」だけ食べると、これいつもと違うとはなかなか思わないのではないでしょうか。

もちろん、普段から毎日のように「カップヌードル」を食べている人なら、ちょっとした違いにも気づけるかもしれませんね。でもたまにしか食べない私オサーンには感づけないレベルでした。すごいです。




麺は「『カップヌードル 塩分控えめPRO』専用のつるみのあるしなやかな麺」で、「1日分のカルシウムとビタミンD、たっぷりの食物繊維を練り込み、塩分をカットし」たとのこと。




「塩分控えめPRO」の麺。



通常カップヌードルの麺。

ビックリするほど本家の味を再現!


麺は中細で縮れのついた油揚げ麺で、太さは同じくらいですが、色が少し違っています。「塩分控えめPRO」の方が色が濃く、これは成分の違いによるものなのか、それともスープを吸ったことによるのかはわかりませんでした。どちらの麺もスープを吸って一体化しますが、「塩分控えめPRO」の方がスープの残りが少なくなるのが早く、吸いが強いように見えます。

麺表面のつるみはいつものカップヌードルの方が弱いですが、「塩分控えめPRO」の方が麺の味が濃いように感じました。スープを多く吸うからでしょうか。油揚げ麺臭も控えめに感じられ、スープの味をよりスッキリ感じさせている印象でした。麺量は両者で5g違います。




具は「謎肉 (味付豚ミンチ)、ミンチポーク (味付豚肉)、エビ、たまご、ネギ」とのこと。




「塩分控えめPRO」の具。



通常カップヌードルの具。

具はボリュームで見劣る


具として入っているものは通常のカップヌードルと同じものだと思われ、2種の肉とエビについては「塩分控えめPRO」の方が少なめとなっています。スープ、麺と味では見劣りするところはありませんでしたが、麺と具の量はさすがに違っていました。ただ、タテ型カップとしては十分に具だくさんではあります。たまごいついては両者同程度入っていました。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「カップヌードル 塩分控えめPRO 1日分のカルシウム&ビタミンD」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
減塩の上にカルシウムとビタミンDを強化したカップヌードルでしたが、スープの味に思いのほか差がなく、単体で食べるとほとんど違いがわからないレベルではないでしょうか。麺の食感や味、そして麺と具のボリュームに違いがあり、価格差もありますがそれで減塩とカルシウムとビタミンDが得られるなら大いにありではないでしょうか。健康志向、特に減塩の商品で、ここまで味に遜色ないのは今まで経験ありません。素晴らしいです。

WBCが終わってしまうの寂しいですが、でももうペナントも開幕なんですよね。我らがGチームはグリフィン、ビーディ両外国人投手に期待しています。今年のTやDの投手力の充実を考えると、両外国人投手両方活躍してくれないと優勝はできないような気がします。


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加