このページでは、三養ジャパンのカップ麺、「クアトロチーズブルダック炒め麺BIG」を食べてレビューしていきます。



「クアトロチーズブルダック炒め麺BIG」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、三養ジャパンの「クアトロチーズブルダック炒め麺BIG」。韓国の食品メーカー「三養食品」の日本法人による、「ブルダック炒め麺」シリーズの商品です。レギュラー商品の「チーズブルダック炒め麺BIG」のチーズ強化バージョンとなっています。



4種のチーズが入った「クアトロチーズ」


今回の「クアトロチーズブルダック」は、レギュラー商品の「チーズブルダック炒め麺BIG」のチーズ強化バージョン。モッツァレラ、チェダー、カマンベール、ゴーダの4種のチーズが入っており、ブルダックの中にあっては「クリーミーライン」として比較的辛さが穏やかとのこと。ただ、ブルダックの場合は穏やかとは言っても普通に激辛クラスの辛さだったりするので注意が必要です。今回は果たしてどうでしょうか。
韓国の汁なしカップ麺、三養ジャパンの「チーズブルダック炒め麺BIG」を実食レビュー

韓国の汁なしカップ麺、三養ジャパンの「チーズブルダック炒め麺BIG」を実食レビュー

このページでは、三養ジャパンのカップ麺、「チーズブルダック炒め麺BIG」を食べてレビューしていきます。「チーズブルダック炒め麺BIG」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、三養ジャパンの「チーズブルダック炒め麺BIG」。韓国の食品メーカー「三養食品」の日本法人による、「ブルダック炒め麺」シリーズの商品。以前、ノーマルの黒いパッケージ「ブルダック炒め麺BIG」をレビューしましたが、今回は黄色いパ...


内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。どちらも韓国語表記のみで、外装は日本仕様でも内容物は韓国内仕様と共通のようです。他のブルダック商品もそうですね。カップには麺のみ入っています。ブルダック得意のいつもの具なしパターンですね。

品名クアトロチーズブルダック炒め麺BIG
メーカー三養ジャパン
発売日2022年11月下旬
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体ソース・粉末)
定価税別318円
取得価格税別258円(ドン・キホーテ)

栄養成分表


1食110g(めん76g)あたり
エネルギー472kcal
たん白質9.0g
脂質20.0g
炭水化物64.0g
食塩相当量1.3g



元となった「チーズブルダックBIG」の栄養成分の数値と比べると、カロリーや脂質が高くなっており、食塩相当量は低くなっています。チーズが濃くなっているのが数値から窺えます。


「クアトロチーズブルダック炒め麺BIG」の作り方




熱湯を入れてレンジ調理します。普通のカップ麺に比べても、レンジ麺に比べてもひと手間多いです。韓国のカップ麺、特にレンジを多用する三養食品の麺は、ぷりぷりした弾力ある麺が多いため、高火力が必要なのだと思われます。



麺の入ったカップに熱湯を入れます。カップの線まで入れるのですが、線が麺の上部より下になっているため、隙間から凝視しないと線の位置を確認できません。上の写真は線までお湯を入れていますが、麺に隠れてお湯の表面が見えません。



熱湯を入れた後はレンジ調理。500Wレンジなら4分、600Wレンジなら3分30秒加熱調理します。レンジから取り出した後、液体ソースと粉末を入れ、よくかき混ぜて完成となります。



ソース


ソースは「4種のチーズ(モッツァレラ、チェダー、カマンベール、ゴーダ)を使用し、濃厚なチーズとブルダックらしい辛さが調和され、こっくりクリーミーな味わいが特長」とのこと。



濃厚チーズと辛くて甘いまったりソース


4種のチーズが入った粉末と、プルダックの甘くて辛い液体ソースを合わせ、まったりしていながら辛い味となっています。4種のチーズは正直、4つとも認識できるような感じではなかったですが、濃厚なのは十分に伝わってきて、その濃厚さは当然「チーズプルダック」以上。いかにも高カロリーな味となっていますが、ハラル商品で乳製品を除く動物性のものが入っていないので、味の割には500kcal以下でそれほど高くありません。

「クリーミーライン」の商品とのことで、確かにクリーミーなのは間違いありませんが、辛さはかなり強く、激辛レベルだと思います。ブルダックにはもっと辛い商品が多いですが、これ単体で見ると十分辛いので注意が必要。そして、極端ではないものの甘さも結構あって、辛くて甘い典型的な韓国味だと感じました。この辛い中の甘さがクセになるんですよね。

商品説明の「こっくり」って、こってりとコクを合わせた造語ですかね。それとも記載ミスなのか、判断がつきませんでした。



麺は「ブルダック炒め麺のモチモチ食感を最大限に引き出した仕上がり」とのこと。



中太でもちもち感とつるみが強い、かなり主張の強い麺です。油揚げ麺ですが、みずみずしくてノンフライ麺だと見紛うレベルの多加水麺食感の油揚げ麺となっています。こういう麺は日本の製品ではあまり見ないし、韓国のカップ麺というよりも、三養食品ならではの感じがします。

チーズのまったり感と甘くて辛いソースがもちもちの麺とよく絡んで一体感を生み、「ブルダック炒め麺」という、他とは違う食べ物になっている印象です。知らなければ平和に済んだのに、知ってしまったら替えがきかないんですよね。替えが効かないどうしても食べたくなってしまう味という点では、ペヤングに通じるものがあるかもしれませんね。


オススメ度(標準は3です)


  • 三養ジャパン 「クアトロチーズブルダック炒め麺BIG」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
まったり濃厚な4種のチーズと、甘くて辛いブルダックのソースをかけ合わせた、まったり甘い中から辛さがやってくる独特の味。麺のもちもち感も相まって、いつものブルダックの魅力にあふれていました。正直、定価300円超えはコスパが悪いので積極的に高評価はませんが、定期的に無性に食べたくなる替えがきかない味だと思います。まったりしていますが辛いのでご注意を。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加