このページでは、ファミマPB「ファミマル」のカップラーメン、「琴平荘 味噌そば」を食べてレビューしていきます。



ファミマル「琴平荘 味噌そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ファミマPB「ファミマル」の「中華そば処 琴平荘 味噌そば」。製造は東洋水産。2023年1月3日発売の新商品です。山形県鶴岡市にある行列店、「中華そば処 琴平荘」の平日10食限定で供されるメニュー、「味噌そば」が再現されています。



期間限定営業の大人気店による平日10食限定メニュー


「琴平荘」(こんぴらそう)は、山形県鶴岡市にある行列必至の人気ラーメン店。10~5月の8ヶ月間のみ営業しているお店で、交通の便が良くないにもかかわらず行列が絶えないお店です。お店の看板メニューはしょうゆ味の「中華そば」で、ファミマのカップ麺としてもお馴染みですが、「味噌そば」は平日のみ1日10食限定で供されている「味噌そば」が再現されています。行くのが大変で、期間限定営業で、行列店で、その上10食限定とか、ハードルが高すぎですよね。カップ麺でその雰囲気を味わえるのはありがたいところ。

これまでにも「味噌そば」は何度かカップ麺で再現されています。
訪問難易度MAX!山形の人気店「琴平荘」の激レアメニューをカップ麺で 味噌ラーメンとは思えぬ繊細さに脱帽|Jタウンネット

訪問難易度MAX!山形の人気店「琴平荘」の激レアメニューをカップ麺で 味噌ラーメンとは思えぬ繊細さに脱帽|Jタウンネット

マニアと味わう「ご当地カップ麺」の世界第七十回ファミマ限定「中華そば処琴平荘味噌そば」文・写真:オサーンカップ麺ブロガーのオサーンです。「ご当地カップ麺」連載の...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。チャーシュー、メンマ、ねぎが入っています。

品名中華そば処 琴平荘 味噌そば
メーカーファミマル
発売日2023年1月3日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価税込298円
取得価格税込298円(ファミリーマート)

栄養成分表、原材料


1食123g(めん70g)あたり
エネルギー436kcal
∟めん・かやく∟300kcal
∟スープ∟136kcal
たん白質13.7g
脂質15.4g
炭水化物62.2g
∟糖質∟58.9g
∟食物繊維∟3.3g
食塩相当量6.1g
∟めん・かやく∟1.9g
∟スープ∟4.2g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム170mg



栄養成分や原材料は前回「味噌そば」発売時と大きく変化はなさそうですが、内容量が3g増えています。麺量は同じです。それ以前はもっと麺量多かったんですけどね。


ファミマル「中華そば処 琴平荘 味噌そば」食べてみた!




ファミマルで、山形県の期間限定営業の人気店「中華そば処 琴平荘」を監修した、平日の10食限定の「味噌そば」がカップ麺で登場しました。まろやかでありながら、鯛の旨みと味噌の芳醇なコクが特徴のスープです。




スープ




豚ベースのみそ味に豚脂を浮かせ、鯛だしや粒ごまを効かせたあっさり味です。みそ味は白味噌主体で、甘みを伴ってあっさりまろやか。みそラーメンと言えば札幌ラーメンを始めこってりなイメージが強いですが、このスープはかなりあっさりしており、あっさりしているがゆえに、ほんのりとした甘みやごまの風味、そして隠し味のような鯛だしまで効果的に感じられました。おいしいです。





中太ストレートのノンフライ麺。「正麺カップ」の麺ととても良く似ており、名店再現系正麺カップと言って間違いではないと思います。多加水麺食感ですが、中ではやや歯切れがよいタイプです。麺量は70gで、高額商品ながら通常の正麺カップに比べて5g少ないです。前々回までは75gありました。






具は、1枚チャーシュー、メンマ、ネギの組み合わせで、汎用的な構成となっています。他の商品でも見るパーツばかりで、チャーシューはそれなりに大きいものの、価格を考えれば少し物足りなさも残る組み合わせでした。


オススメ度(標準は3です)


  • ファミマル 「中華そば処 琴平荘 味噌そば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
以前までの「味噌そば」と大きな違いはなさそうです。みそラーメンとしてはあっさりで甘みを伴い、鯛だしやごまのほのかな風味もしっかり感じ取れる繊細な味わいが特徴的でした。こってりな店ラーメンが苦手でも、これなら問題なく食べられる場合が多そうです。

こんなの小袋が30入っていても軽すぎて速攻食べきるやつですよね。止まんないんだよなぁ。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加