このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん正麺 カップ 濃厚もやし辛味噌」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん正麺 カップ 濃厚もやし辛味噌」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ 濃厚もやし辛味噌」。2022年12月12日発売の、「マルちゃん 正麺カップ」シリーズの新商品です。昨年も出ていた「正麺 濃厚もやし辛味噌」が今年も登場しました。



再登場の「濃厚もやし味噌」


「正麺カップ」の新商品、「濃厚もやし辛味噌」ですが、昨年もこの時期に出ており、とても完成度の高い一杯でした。好評だったためか今年再登場しました。いつもの正麺より濃厚なスープと、レトルトのもやしが特徴的な商品でしたが今年はどうでしょうか。
このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 正麺カップ 濃厚もやし辛味噌」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん 正麺カップ 濃厚もやし辛味噌」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 正麺カップ 濃厚もやし辛味噌」。2021年12月27日発売の、「マルちゃん 正麺カップ」シリーズの新商品です。辛味噌にもやしを組み合わせた、いかにもガッツリ系な一杯となっています。 ...

レトルトもやしは、東洋水産の看板商品のひとつ、「でかまる バリシャキ!もやし味噌ラーメン」でも使われている、「でかまる」の代名詞的存在です。「正麺カップ」のノンフライ麺と、「でかまる」のもやしという、良いところ取りした商品とも言えるでしょう。
「でかまる」発売当初から続く定番商品の中の定番商品「もやし味噌ラーメン」 今回のカップ麺は、東洋水産の「でかまる バリシャキ!もやし味噌ラーメン」。大盛カップ麺の定番「でかまる」シリーズの商品です。1989年の「でかまる」発売当初から続く定番シリーズの中の定番商品で、「でかまる」シリーズ唯一のレギュラー商品です。現行商品は2014年9月にリニューアルされたものとなっており、新商品ではありません。もうすぐリニ...


内容物、価格、購入額など




別添袋は4つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。別に後入れのもやしがあるので、「かやく」の量は多くありません。

品名マルちゃん正麺 カップ 濃厚もやし辛味噌
メーカー東洋水産
発売日2022年12月12日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ4袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく・もやし調理品)
定価税別296円
取得価格税込278円(イトーヨーカドー)

栄養成分表、原材料


1食166g(めん75g)あたり
エネルギー473kcal
∟めん・かやく∟302kcal
∟スープ∟171kcal
たん白質13.6g
脂質17.6g
炭水化物65.1g
食塩相当量6.2g
∟めん・かやく∟2.3g
∟スープ∟3.9g
ビタミンB10.37mg
ビタミンB20.38mg
カルシウム183mg

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、植物性たん白、こんにゃく、植物油脂、乳糖、大豆食物繊維)、添付調味料(みそ、香味油脂、ポークエキス、豚脂、しょうゆ、香辛料、植物油、乳糖、すりごま、砂糖、チキンエキス、食塩、ゼラチン、野菜エキス、たん白加水分解物)、かやく(もやし、味付挽肉、にんじん、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、酒精、かんすい、炭酸カルシウム、レシチン、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC、ローズマリー抽出物、ビタミンE)、酸味料、香辛料抽出物、pH調整剤、クチナシ色素、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、甘味料(ソーマチン)、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


前回発売時とカロリーがまったく同じですが、栄養成分の他の数値や、原材料の並びなどは異なっており、中身がまったく同じということはなさそうです。


「マルちゃん正麺 カップ 濃厚もやし辛味噌」を食べてみた!




味噌フレーバーに、辛味を加えた辛味噌味が寒い季節にぴったりです。濃厚感たっぷりのスープが、生麺のようななめらかな太麺と良く合います。具材には、低温殺菌製法でシャキシャキとした食感をそのまま残した、もやし・にんじんの他、味付挽肉・ねぎ入りで、満足感のある一品に仕上げました。


スープ




とんこつベースに辛味を加えた辛味噌スープで、とろみがつけられていて麺と絡みやすくなっています。とんこつベースとスープ表面に浮いた豚脂によって分厚い豚の旨みが感じられ、商品名にもなっている「濃厚」味を作り出していました。高額なだけあって、通常の「正麺カップ」よりワンランク上の味だと感じられます。辛さはピリ辛~中辛程度。

スープにはすりごまが入っていて、濃厚ながらまろやか仕上げなのも特徴的で、すりごまが辛さを抑えている一面もありそう。基本的には前回時の味を踏襲しているように感じましたが、ちょっととろみが強くなったような気がしました。公式アナウンスでは豚の旨みが増しているとのこと。






太めで幅広のノンフライ麺。緩やかに縮れがあり。表面のつるみと弾力がある多加水麺食感。前回発売時よりひとまわり太くなっており、迫力が増しています。スープが濃くなった、個人的にはとろみが強くなったと感じていますが、麺が太くなったことによりスープとのバランスを考えた変化であると思われます。今回の大きな変更点でした。





具はレトルト調理のもやしとニンジン、それと「かやく」の挽肉とネギの組み合わせ。レトルト調理品のもやしとニンジンは、昨年のものと同じタイプで、「でかまる」のものとも同じと思われます。やや酸味は気になりますが、一度スープに沈めてしまえば酸味はわからなくなり、シャキシャキした食感とボリュームが楽しめます。さすがの存在感でした。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん正麺 カップ 濃厚もやし辛味噌」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
昨年に引き続き、今年もとてもおいしい一杯でした。ただ、昨年から定価税別で26円値上げされており、太麺や濃厚スープといったパワーアップはあったものの、昨年ほどのコスパはありませんでした。ご時世なので値上げは致し方ないところではあるのですが、高額商品なので期待値がどうしても高くなってしまいます。

台湾もやし炒めってどんな味なのでしょうか。このお店の「皿台湾」は有名ですよね。一度食べてみたいと思っています。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加