このページでは、農心ジャパンのカップ麺、「辛ラーメン ブラック カップ」を「辛ラーメンカップ」と食べ比べてレビューしていきます。



袋麺「辛ラーメン ブラック」のカップ麺版


今回のカップ麺は、農心ジャパンの「辛ラーメン ブラック カップ」。袋麺「辛ラーメン ブラック」のカップ麺版と思われます。発売日などは不明で、公式サイトにも記載がありません。すでに販売終了で記載がないのかよくわかりませんでした。袋麺は現在もラインナップされています。今回は、通常の「辛ラーメン カップ」と食べ比べていきます。



「辛ラーメン」のPREMIUMバージョン?の「BLACK」カップ麺


「辛ラーメン」といえば韓国カップ麺でも最も有名な存在で、韓国内でも「ラーメン」の代名詞として扱われることが多く、日本でも韓国のカップ麺と言えばまずこれですよね。今回は袋麺でラインナップされている「BLACK」のカップ麺バージョン。カップ麺でブラックと言えば富山ブラックとか、もしくはたまりしょうゆの濃い味を想像したりしますが、今回は「Premium」とも書かれており、ブラックカードと同じような、高級な意味合いで用いられていると思われます。

「コクのあるマイルドな辛さ」と書かれており、牛骨と辛味のWスープが特徴となっているようです。袋麺の「BLACK」は豚骨と辛味のダブルスープとのことなので、どうやらそれとは味は違うようです。

辛ラーメンは断然袋麺がおいしいと思っていますが、カップ麺ならこれが良かったです。焼そばですけどね。結構辛いです。


内容物、価格、購入額など




左が「BLACK」で右が通常版。「BLACK」は袋2つのWスープで、かやくのシイタケやマッシュルームのカットが大きいです。が、通常「辛ラーメン」も以前よりシイタケでかいっすね!だいぶ変わりました。



どちらも粉末スープをカップに開けた状態。「BLACK」は白と赤の粉末、通常版は赤粉末のみ。やはり「BLACK」だからといってまったく黒くはありませんね。

品名辛ラーメン ブラック カップ
メーカー農心ジャパン
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(粉末スープ2袋)
定価不明
取得価格税別198円(ドン・キホーテ)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分辛ラーメンブラックカップ
101g(めん81g)
辛ラーメンカップ
68g(めん55g)
エネルギー436kcal294kcal
∟めん・かやく∟380kcal∟263kcal
∟スープ∟56kcal∟31kcal
たんぱく質10.5g5.2g
脂質13.6g9.3g
炭水化物69.0g47.4g
食塩相当量3.5g3.4g
∟めん・かやく∟0.6g∟1.6g
∟スープ∟2.9g∟1.8g
ビタミンB10.69mg1.34mg
ビタミンB20.91mg0.69mg
カルシウム-mg30mg

「BLACK」が大盛、通常版が普通麺量なので単純な比較はできませんが、「BLACK」の食塩相当量がずいぶんマイルドなようです。旨みで勝負してきているようですが果たして。

  • 原材料


原材料も両者でずいぶん異なっており、「BLACK」には牛骨エキスなど通常版にはない材料が入っています。



左が「BLACK」で右が通常版。「BLACK」なのにだいぶ白っぽいです。



「辛ラーメン ブラック カップ」食べてみた!




「辛ラーメンBLACKカップ」。スープが白っぽく、麺が太め、そしてシイタケやマッシュルームのカットが大きいのが特徴的。鳥取の牛骨ラーメン尿な強力な牛骨の風味は感じられませんが、牛骨エキスが入ることでスープをマイルドにしており、辛ラーメンの尖った部分を和らげています。ピリ辛よりは辛いですがせいぜい中辛程度でしょうか。

ただ、辛ラーメンを食べる人はこんなマイルドな味を望んでいるのかは疑問で、良さが欠けてしまっている印象を受けました。辛さではなく旨み重視なら、日本メーカーの他の商品を差し置いて敢えて「辛ラーメン」を選ぶ必要もないように思います。



こちらは通常版の「辛ラーメンカップ」。「辛ラーメン」といいつつも、激辛ファンからしたらさして辛くないのですが、他の香辛料の味も含めて「BLACK」と比べて尖った味となっています。しばらく見ぬ間に、シイタケのカットが大きくなってちょっとびっくりしました。たまにしか食べない私からしたら、以前よりパワーアップしていました。


オススメ度(標準は3です)


  • 農心ジャパン 「辛ラーメン ブラック カップ」
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
  • 農心ジャパン 「辛ラーメン カップ」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)

「BLACK」ながら、黒くなっているわけではなく、牛骨エキスが入ってマイルドになった辛ラーメンでしたが、カップ麺文化が発達した日本では、日本メーカーの製品を差し置いてまであまり辛くない辛ラーメンを買う必要性はないように思います。きちんと辛い「辛ラーメンカップ」の方が選ぶ意義がありそうです。どうしても「辛ラーメン」ブランドが良いけど辛いのは苦手という人には良さそうです。

「辛ラーメン」はやっぱり袋麺がおすすめです。


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加