このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン」。2022年6月20日発売の、「全国麺めぐり」シリーズの商品です。「朝ラーメン」文化発祥の静岡・藤枝を中心に供される「志太系ラーメン」の味を再現した商品となっています。



「朝ラーメン」発祥の静岡・藤枝の味を再現


全国麺めぐり」は、日本全国のご当地ラーメンをカップ麺で再現したシリーズ。今回は、「朝ラーメン」文化の発祥とされる静岡・藤枝を中心に供される「志太系ラーメン」の味を再現しています。「朝ラーメン」とは、朝早くに仕事をする茶畑や焼津港の人のためにお店を早く開けたことから始まるラーメン文化で、藤枝、焼津、島田などに根付いています。

ラーメンは焼津産のかつお節でだしを取ったあっさりとした和風しょうゆ味が特徴。朝ラーメンなのでこってりでは根付かなかったかもしれませんね。

以前にも「全国麺めぐり」シリーズから2012年に「全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン」が出ていました。

寿がきや食品 「全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン」。朝ラーメンの文化は、焼津港が近いことや茶畑が多い静岡県藤枝市の土地柄から、朝仕事を終えた人たちが腹ごしらえにラーメンを食べたいと思ったことが始まりとされています。朝からラーメンなんて、なんというステキな文化でしょうね。そして、そんな文化をカップ麺を通して教えてくれるメーカーさんに感謝です。こういう商品もっと出て欲...

藤枝の朝ラーメンは「温(あつ)」と「冷(ひや)」が供するのも特徴で、「冷」もカップ麺化されていたことがありました。残念ながらブログでは未レポでした。今回は「温」が再現されています。

同じく「朝ラーメン」文化が根付く焼津の志太系ラーメンを再現したカップ麺は、ヤマダイの凄麺シリーズから出ています。

「凄麺 静岡焼津かつおラーメン」を実食レビュー!焼津のかつお節を使ったカップ麺

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 静岡焼津かつおラーメン」を食べてレビューしていきます。「ニュータッチ 凄麺 静岡焼津かつおラーメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 静岡焼津かつおラーメン」。2019年7月15日発売の、「凄麺」シリーズの新商品です。静岡焼津のかつお節を使用したとんこつしょうゆラーメンです。焼津のかつお節...


内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。チャーシュー、メンマ、ネギが入っているようです。

品名全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン
メーカー寿がきや食品
発売日2022年6月20日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ・かやく(一味唐辛子入))
定価税別240円
取得価格税別238円(イオン)

栄養成分表


1食101g(めん65g)あたり
エネルギー266kcal
∟めん・かやく∟228kcal
∟スープ∟38kcal
たん白質8.6g
脂質2.1g
炭水化物52.9g
食塩相当量6.4g
∟めん・かやく∟1.3g
∟スープ∟5.1g
カルシウム172mg



さすが朝ラーメンだけあって、かなりの低カロリー低脂質です。


「全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン」を食べてみた!




静岡県藤枝市のご当地ラーメン「藤枝朝ラーメン」をイメージした商品です。
ご当地で親しまれている「温(あつ)」と「冷(ひや)」のうち「温」を再現しました。
旨味の強い2種類の濃口醤油に、焼津産鰹節を使用しただしを合わせ、鰹だしと醤油が調和したそばつゆのようなあっさりスープに仕上げました。
「藤枝朝ラー文化軒究会」公認商品です。


濃口しょうゆとかつお節でまるでそばつゆ


かつお節のだしを効かせた濃口しょうゆ味のスープ。これはほぼそばつゆと言っても過言ではないくらい、和風感が強く出ています。「朝ラーメン」の文化が、気楽に駅の立ち食いそばを食べる感覚と似てるんだなと実感する味わいです。基本、油分はほとんどないのであっさり系ではありますが、しょうゆの香りやかつおの風味、そして塩気も強めなので、薄味とか弱い味ではありません。



一味唐辛子でアクセント




別添の「一味唐辛子」を入れることで、辛味が結構強くなります。東日本だとすばつゆには七味が基本ですが、七味と同じつもりで入れるとまったく違う辛さとなります。味変アイテムとしても良さそうです。

中細のノンフライ縮れ麺




麺は中細で縮れのついたノンフライ麺。細めで主張がおとなしいので、スープのかつおだしやしょうゆの香りを立てるとともに、縮れによってスープのりが良く、麺とスープに一体感がありました。麺が細いことも、朝ラーメンとしてサラッと食べられる大きな要因となっていると思われます。


オススメ度(標準は3です)


  • 寿がきや食品 「全国麺めぐり 尾道ラーメン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「朝ラーメン」だけあって、夏バテとかで胃腸が弱っている時にも気楽に食べられそうな、まるで立ち食いそばを食べるような感覚になります。ガッツリ食べたい時にはあまり向きませんが、塩分にさえ気をつければ毎日食べても罪悪感がわかなそうな一杯でした。

チョコエッグ懐かしい。今もあるんですね。しかも種類が豊富!


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加