このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 赤い×黒いきつねカレーうどん」と「マルちゃん 緑の×黒いたぬきカレーそば」を食べ比べてレビューしていきます。



「赤い×黒いきつねカレーうどん」と「緑の×黒いたぬきカレーそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 赤い×黒いきつねカレーうどん」と「マルちゃん 緑の×黒いたぬきカレーそば」。2022年8月29日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。いつもの「赤いきつねうどん」と「緑のたぬき天そば」が、仲間内である「黒い豚カレーうどん」とドッキングしています。


黒の日にちなんで「赤い×黒い」と「緑の×黒い」の2品が登場!


今回の2品は、「黒の日」とも呼ばれることの多い9月6日にちなんで、「赤いきつねうどん」と「緑のたぬきそば」をそれぞれ「黒いカレーうどん」とドッキングさせた商品となっています。お揚げの入ったカレーうどんと、天ぷらの入ったカレーそばということで、これはありそでなかった夢の組み合わせと言えるかもしれません。

キン肉マンで言えば、2大フィニッシュホールドであるキン肉バスターとキン肉ドライバーの夢の共演、「マッスルドッキング」に匹敵すると言っても過言ではないでしょう。

雰囲気的には、以前出ていた「赤いたぬき天うどん」や「緑のきつねそば」に似ていますが、きつねとたぬきのドッキングというより交換という感じなので、今回の方がマッスルドッキング感が強いです。

赤緑合戦和解記念商品「赤いたぬき天うどん」と「緑のきつねそば」を食べ比べ

このページでは、東洋水産のカップ麺、「赤いたぬき天うどん」と「緑のきつねそば」を食べてレビューしていきます。「赤いたぬき天うどん」と「緑のきつねそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「赤いたぬき天うどん」と「緑のきつねそば」。2021年4月12日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。赤緑合戦の和解記念商品で、赤と緑の両方が発売となりました。「...

ライバル「日清のどん兵衛」からは「全部のせ」という商品が出ていましたが、こちらはドッキングのやり過ぎで、バスター&ドライバーに加えてパロ・スペシャルやらタワーブリッジやら、さらにはハリケーンミキサーまで加えて何がなにやらわからない感じになってしまっています。

日清食品 「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」

どん兵衛3種の主要具が勢揃いしたリッチな商品今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」。「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。「どん兵衛きつねうどん」の「ふっくらおあげ」、「どん兵衛天ぷらそば」の「サクサク天ぷら」、そして「どん兵衛肉うどん」の「ジューシィ牛肉」の夢の共演です。定価は298円でメガトン級ですが、どん兵衛主要3種の具が一緒に食べられるリッチな一杯となってい...



内容物、価格、購入額など




左が「赤い×黒いきつねカレーうどん」で右が「緑の×黒いたぬきカレーそば」。どちらも別添袋は1つ。いつもの「赤いきつね」や「緑のたぬき」とあまり違いがないように見えます。



先入れの「粉末スープ」を入れた状態。一気にドッキング感が出ますね。どちらの粉末もターメリックが強そう。

品名マルちゃん 赤い×黒いきつねカレーうどん
マルちゃん 緑の×黒いたぬきカレーそば
メーカー東洋水産
発売日2022年8月29日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(粉末スープ)
定価税別214円
取得価格税別128円(ザ・ビッグ)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分赤い×黒いきつねカレーうどん
94g(めん66g)
緑の×黒いたぬきカレーそば
96g(めん63g)
エネルギー415kcal448kcal
∟めん・かやく∟360kcal∟384kcal
∟スープ∟55kcal∟64kcal
たんぱく質9.9g10.3g
脂質17.7g23.2g
炭水化物54.0g49.6g
食塩相当量5.1g4.6g
∟めん・かやく∟2.5g∟1.9g
∟スープ∟2.6g∟2.7g
ビタミンB13.36mg0.57mg
ビタミンB20.37mg0.30mg
カルシウム179mg141mg

どちらも本家の「赤いきつね」や「緑のたぬき」よりも麺量は少なめ。

  • 原材料
・マルちゃん 赤い×黒いきつねカレーうどん

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、乾燥酵母、卵白)、かやく(味付油揚げ、かまぼこ)、添付調味料(香辛料、粉末野菜、食塩、砂糖、豚脂、デキストリン、しょうゆ、たん白加水分解物、ポークエキス、粉末かつおぶし、ねぎ、粉末こんぶ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、炭酸カルシウム、リン酸塩(Na)、レシチン、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉を含む)


・マルちゃん 緑の×黒いたぬきカレーそば

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、とろろ芋、卵白)、かやく(小えびてんぷら、かまぼこ)、添付調味料(砂糖、食塩、香辛料、しょうゆ、粉末野菜、豚脂、デキストリン、ポークエキス、粉末かつおぶし、ねぎ、発酵調味料)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カラメル色素、リン酸塩(Na)、香料、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(一部にえび・小麦・そば・卵・乳成分・大豆・豚肉・やまいもを含む)




マルちゃん 赤い×黒いきつねカレーうどん




赤いきつねと黒い豚カレーうどんのおいしいコラボレーション!和風だしが利いた、お揚げ入りカレーうどん。



硬派なカレーつゆと甘いお揚げが好相性




昆布の丸みが感じられる「赤いきつね」のつゆと、豚の旨みを効かせた「黒い豚カレー」の合体。昆布の丸みが多少は感じられるものの、スパイス感があるカレーと合わさり、硬めの味わいとなっています。そしてこの硬派なつゆに「赤いきつね」ならではの甘いお揚げが加わり、一気に和らぐ感じ、これが「赤い×黒いきつねカレーうどん」の真骨頂ではないかと感じました。なぜこれまで作らなかったんだ?と思ってしまうような好相性ぶりです。

麺はやや厚みが感じられる縮れ麺で、「黒い豚カレー」と同タイプと思われます。濃いカレー味のつゆに負けない麺の食感、そしてカレーや厚みのある麺と合わせても存在感のある昆布、これは素晴らしい組み合わせでした。



マルちゃん 緑の×黒いたぬきカレーそば




緑のたぬきと黒い豚カレーうどんのおいしいコラボレーション!和風だしが利いた、天ぷら入りカレーそば。



カレーつゆと天ぷらの相性は?




上の「カレーうどん」に比べるとやや魚介が強めに感じられますが、それ以外、カレー味の部分はとても良く似ていて、豚の旨みとスパイスが効いたカレー味のスープとなっています。蕎麦屋のカレーと言ったらちょっと甘いイメージもありますが、今回のつゆは至って硬派です。

天ぷらとの相性は、正直、いつもの和風だしのつゆに比べるとあまり良くは感じられず、単体でも甘濃い味でいけてしまうお揚げとは違い、カレー味との相性がおいしさに直結してしまい、いつもほどの威力は感じられませんでした。ただ、カツカレーではなく天ぷらカレーというのはなかなか新鮮です。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 赤い×黒いきつねカレーうどん」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
  • 東洋水産 「マルちゃん 緑の×黒いたぬきカレーそば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

「赤いきつね」と「緑のたぬき」を、それぞれ「黒い豚カレー」をかけ合わせた商品でしたが、カレーとの相性で言えば、断然「赤いきつね」が相性良く感じられ、硬派なカレーつゆと甘濃いお揚げがマッチしていました。希少性では天ぷらとカレーの組み合わせも負けておらず、カツカレーならぬ天ぷらカレーも貴重な経験ではないでしょうか。

私は今のところモンハンで手が回りませんが、面白いらしいですね。やってみたい。


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加