このページでは、サンヨー食品の「元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン」のカップ麺と袋麺を食べ比べます。



「元祖ニュータンタンメン本舗」のカップ麺と袋麺を食べ比べ


今回は、サンヨー食品の「元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン」のカップ麺と袋麺を食べ比べます。カップ麺は2022年8月8日発売、袋麺は2021年11月の発売となっています。神奈川・川崎のソウルフードとされる「元祖ニュータンタンメン本舗」監修の商品です。



「元祖ニュータンタンメン本舗」は川崎のソウルフード


「元祖ニュータンタンメン本舗」は、神奈川県や東京都に多店舗展開する人気ラーメン店で、お店のメニューである「タンタンメン」は、本店のある川崎のソウルフードもとされる名物ラーメンです。

1964年創業の歴史あるお店で、現行品であるサンヨー食品のカップ麺は2019年11月に最初の商品が登場。リニューアルが繰り返されながら現在にいたり、今回食べるカップ麺は2022年8月にリニューアルされた最新版です。下のリンクは2019年11月に最初に登場した商品です。

川崎のソウルフードをカップ麺化!「元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン」を実食レビュー

このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン」を食べてレビューしていきます。「元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、サンヨー食品の「元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン」。2019年11月18日発売の新商品です。神奈川県川崎市を中心に店舗展開する「元祖ニュータンタンメン本舗」監修によるカップ麺です...

一方の袋麺は、2021年11月に初登場。もちろんお店が元祖ですが、サンヨー食品版としてはカップ麺が先、袋麺があとです。

なお、今回のカップ麺のリニューアルと同時に、お店の限定メニューである「まぜタン」もカップ麺化されていました。

川崎のソウルフードがまぜそばに!「元祖ニュータンタンメン本舗監修 まぜタン」を実食レビュー

このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「元祖ニュータンタンメン本舗監修 まぜタン」を食べてレビューしていきます。「元祖ニュータンタンメン本舗監修 まぜタン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、サンヨー食品の「元祖ニュータンタンメン本舗監修 まぜタン」。2022年8月8日発売の新商品です。神奈川・川崎のソウルフード「元祖ニュータンタンメン本舗」監修の、一部店舗限定メニューである「まぜタン...



内容物、価格、購入額など




カップ麺の内容物。麺やスープ粉末の他に、大量のかきたまが入っています。パッケージに「かき卵増量」と書かれており、確かにその片鱗を窺わせるものがありました。



袋麺の内容物。袋が2つ入っており、「唐辛子」がスープと別になっているのが特徴的。かきたまのための玉子は自分で用意する必要があります。

品名元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン(カップ麺)
メーカーサンヨー食品
発売日2022年8月8日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税別245円
取得価格税込264円(ローソン)

品名サッポロ一番 元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン(袋麺)
メーカーサンヨー食品
発売日2021年11月
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(特製スープ・唐辛子)
定価税別123円
取得価格税別123円(セブン-イレブン)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分カップ麺
94g(めん70g)
袋麺
96g(めん80g)
エネルギー430kcal416kcal
∟めん・かやく∟359kcal∟352kcal
∟スープ∟71kcal∟64kcal
たんぱく質8.0g10.4g
脂質18.4g14.7g
炭水化物58.1g60.4g
食塩相当量6.4g5.0g
∟めん・かやく∟1.8g∟1.2g
∟スープ∟4.6g∟3.8g
ビタミンB10.38mg0.33mg
ビタミンB20.65mg0.58mg
カルシウム209mg205mg

麺量は袋麺が10g上回りますが、他ほとんどの数値で具が予め入っているカップ麺が上回ります。

  • 原材料
・カップ麺

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩)、スープ(糖類、食塩、香辛料、ポーク調味料、にんにく調味料、しょうゆ、チキン調味料、油脂加工品、酵母エキス、キムチ調味料)、かやく(味付卵、唐辛子、味付鶏肉そぼろ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、トレハロース、カラメル色素、香辛料抽出物、微粒二酸化ケイ素、クチナシ色素、レシチン、酸味料、香料、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチン色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)


・袋麺

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、食用油脂(ラード、植物油脂)、食塩、粉末卵)、スープ(食塩、香辛料、砂糖、ポークエキス、にんにく調味料、しょうゆ、たん白加水分解物、酵母エキス、チキンエキス、デキストリン、キムチ調味料、粉末卵、植物油脂、ゼラチン)、やくみ(唐辛子)/調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、クチナシ色素、香辛料抽出物、かんすい、酸味料、香料、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(アルギン酸ナトリウム、増粘多糖類)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)




「元祖ニュータンタンメン本舗」のカップ麺と袋麺を食べ比べ




食べ比べる前にまずこれ。カップ麺②お湯を入れて3分後にフタを取るところなのですが、ビッシリ表面を覆うかきたまにビックリ!これは以前よりかきたまが増えましたねー。パッケージに書いてあることに偽りなしです。玉子を自分で用意しなければならない袋麺に対する、カップ麺の大きなアドバンテージでしょう。

完成写真の比較




カップ麺。かきたまがビッシリ。写真では分かりづらいですが、スープの色が多少濃いめで、麺もちょっと太め。



こちらは袋麺。麺がいかにも袋麺の縮れ方で、やや細め。スープの色が薄めで味もちょっとあっさりめでしょうか。



同じ「ニュータンタンメン本舗」の再現でもずいぶん違う


  • スープ
豚ガラベースにニンニクや唐辛子を合わせたスープは当然ながら共通部分が多いですが、カップ麺のスープは味が濃く、塩気もハッキリしています。袋麺は、だいぶあっさりめで塩気もおとなしいですが、豚ガラの旨みやキムチのような風味が目立って感じられます。どちらも一長一短ですが、パンチ力はカップ麺が上、旨みは袋麺が上でしょうか。

どちらも油揚げ麺が用いられていますが、カップ麺の麺はコシのある中太麺なのに対し、袋麺は中細麺。スープの濃さに合わせて麺の太さが異なっています。カップ麺の麺は今回のリニューアルで太くてもちもち感が強くなったのに対し、袋麺は汎用感が強かったです。

カップ麺には今回のリニューアルで大量に増えたかきたま、他に鶏そぼろや唐辛子が入っています。一方の袋麺は、別添袋の唐辛子のみで、かきたまは自分で玉子を用意して調理過程で作っていきます。カップ麺のかきたまはかなり多いので、同じくらいの量にするなら袋麺は玉子1個では足りなそう。

唐辛子は、後入れの袋麺の方が、湯戻し時間の長いカップ麺よりも風味が良かったです。ただ、そう大きな差でもないように思います。

  • 価格&手間
個人的にはスープの味は袋麺、それ以外は全体的にカップ麺の方が良いと感じましたが、両者の価格がだいぶ違うこと、そして手間の違いも考慮に入れる必要がありそう。カップ麺の価格は袋麺の約倍あり、この差は大きいです。玉子2個用意しても価格面では袋麺有利。カップ麺はお湯を入れるだけの手間いらずで、手間の差も大きいです。


オススメ度(標準は3です)


  • カップ麺
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
  • 袋麺
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)

どちらも一長一短ですが、スープにはそれぞれに良さがあり、麺や具まで含めるとカップ麺に利がありそう。手間が断然少ないのもカップ麺。ただ、価格差もかなり大きく、ガラの繊細な風味を楽しめたり、アレンジが効いたりするのは袋麺で、お金をかけて良いならカップ麺、手間ひまをかけて良いなら袋麺という、食べなくてもわかりそうなw結論に至りました。同じ「元祖ニュータンタンメン」でも結構違います。


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加