このページでは、セブン-イレブンで買えるニップンの冷凍パスタ、「カプリチョーザ監修 トマトとニンニク」を食べてレビューしていきます。



「カプリチョーザ監修 トマトとニンニク」はどんな商品?


今回は、ニップンの冷凍パスタ、「カプリチョーザ監修 トマトとニンニク」。2022年8月2日にセブン-イレブン限定で発売された新商品です。全国展開するイタリア料理専門店「カプリチョーザ」監修による、お店の看板メニューである「トマトとニンニクのスパゲティ」を再現した商品となっています。



「カプリチョーザ」の冷凍パスタ


セブン限定で発売されたニップン製のカプリチョーザ監修冷凍パスタですが、容器などの形状がセブンプレミアムの冷凍パスタと同じで、同じフォーマットを使った商品と思われます。これまでカップ麺でも「カプリチョーザ」の再現商品は出たことがありませんでしたが、冷凍食品の方が、おそらく麺の食感などパスタの再現には適しているのではないかと思われます。

昔はよくカプリチョーザに行っていましたが、今は近所にお店がないため、こうして冷凍食品で出してもらえるのはうれしいです。


看板メニューの「トマトとニンニクのスパゲティ」を再現




カプリチョーザと言えば「トマトとニンニク」が代名詞ですが、今回の冷凍麺でも「トマトとニンニクのスパゲティ」が再現されています。40年以上も続くメニューで、イタリア産トマトを使っているのが特徴。今回の商品も出イタリア産トマトが用いられているとのことです。



内容物、価格、購入額など


品名カプリチョーザ監修 トマトとニンニク
メーカーニップン(セブン-イレブン限定)
発売日2022年8月2日(火)
麺種別冷凍麺
かやく・スープなし
定価税込321円
取得価格税別298円(セブン-イレブン)

栄養成分表、原材料


1食318gあたり
エネルギー523kcal
たん白質16.5g
脂質22.6g
炭水化物65.9g
∟糖質∟61.1g
∟食物繊維∟4.8g
食塩相当量3.1g




調理方法




調理方法は、フタの一部を剥がしてレンジに入れるだけ。500Wで約5分30秒、600Wで約5分、お店の1500Wレンジで約2分となっています。

上の写真は、レンジ調理後フタを開けた状態。これを混ぜて完成です。



「カプリチョーザ監修 トマトとニンニク」を食べてみた




カプリチョーザ創業当時からの人気メニューの「トマトとニンニクのスパゲティ」を冷凍食品で再現しました。 濃厚なトマトの旨味とニンニクを効かせたスパゲティです。


濃厚で酸味を効かせた、イタリア産トマトをベースにしたソースに、ガーリックのパンチやチーズのコク、そしてソテーした玉ねぎの風味を加えています。トマトの濃厚感、チーズの厚み、トマトを後ろ盾するような玉ねぎのソテーした旨みはお店さながらで、お店の雰囲気がしっかり出ています。これはうまいですね。

違うところと言えば、これは冷凍食品なので致し方ないところですが、ガーリックの鼻に抜けてくるパンチが不足しているのと、お店ではガーリックの風味が主導する形で調理感が強いのですが、それも足りません。いや~でもあの圧倒的安定感のお店の味に近いのではないでしょうか。



麺は芯にかたさが残るアルデンテ食感。この本格食感は、現状のカップ麺ではなかなか再現できないレベルかと思われます。

カプリチョーザと言えば大きいサイズのメニューがチラついてしまい、今回はそれに比べるとさすがに物足りないですが、一般的な冷食の麺量は十分にあり、一般的なカップ麺と互角以上に食べ応え十分です。



具はトマトピューレ、フライドガーリック、輪切り唐辛子。お店よりもガーリック少なめで、具には期待しない方が良いかもしれません。


オススメ度(標準は3です)


  • セブン限定 「カプリチョーザ監修 トマトとニンニク」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
他のセブンプレミアムの冷食パスタと同水準の品質と思われ、50円弱高めの設定。他においしい商品が多いため、高額を押して敢えて今回の商品を買う理由は見当たりませんが、1回食べてカプリチョーザの雰囲気に浸るのは悪くないのではないでしょうか。外リック風味や臨場感にやや欠けるものの、きちんとお店の雰囲気が感じられるおいしい一杯でした。

こんな商品も出ているようです。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加