このページでは、エースコックのカップ焼そば、「三島のゆかり使用 塩焼そば」と「三島のあかり使用 ピリ辛たらこ味焼そば」を食べてレビューしていきます。



「三島のゆかり&あかり」を使ったカップ焼そば2品


今回のカップ麺は、エースコックの「三島のゆかり使用 塩焼そば」と「三島のあかり使用 ピリ辛たらこ味焼そば」。2022年7月11日発売の新商品。ロングセラーの定番ふりかけ、「三島のゆかり」と「三島のあかり」を使ったカップ焼そばとなっています。



「ゆかり」も「あかり」もふりかけの大定番


「ゆかり」といえば、赤しそを使ったふりかけで、ふりかけとしてのシェアは丸美屋の「のりたま」に続いて2位とのこと。確かにどこに行っても売っているし、まぁいつ食べてもハズレがないというか、安定のおいしさですよね。おむすびにしてもよし。1970年に販売開始ということで、もう50年を超えるロングセラー商品です。

一方の「あかり」は、「ゆかり」の姉妹品として2010年に登場したピリ辛たらこを使った商品。「ゆかり」に比べると新進気鋭と言えますが、それでももう発売から12年も経っており、立派な定番商品ですよね。「ゆかり」に比べるとさすがに他社ライバルのたらこふりかけが強いですが、それでも多くのお店の店頭に並んでいます。

「ゆかり」かこれまでに何度かカップ麺化されており、カップ焼そばにも使われていたことがあります。2015年9月発売の「三島食品監修 ゆかり使用 塩焼そば」。シンプルに「ゆかり」を引き立てるカップ焼そばでした。

エースコック 「三島食品監修 ゆかり使用 塩焼そば」

どうもオサーンです。iPhone6sが発表になりましたね。事前のリーク情報通りの発表でちょっとインパクトに欠けるのかなと思いながらニュースを見ていました。むしろインパクトとしてはiPad Proの方がすごかったですね。完全にノートパソコンの地位を奪いに来ていますね。てか、自分のとこのMacBookは大丈夫なんだろうか。Airとかかなり売上落ちちゃうんじゃないですかね。今回のカップ麺は、エースコックの「三島食品監修 ゆか...



内容物、価格、購入額など




左が「ゆかり塩焼そば」で右が「あかりピリ辛たらこ味焼そば」。どちらも別添袋は2つでカップには麺のみ入っています。

品名三島のゆかり使用 塩焼そば
三島のあかり使用 ピリ辛たらこ味焼そば
メーカーエースコック
発売日2022年7月11日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(調味たれ・ふりかけ)
定価税別214円
取得価格税別118円(マックスバリュ)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分ゆかり塩焼そば
80g(めん70g)
あかりピリ辛たらこ味焼そば
78g(めん70g)
エネルギー352kcal348kcal
たんぱく質6.3g6.5g
脂質14.5g14.3g
炭水化物49.0g48.3g
食塩相当量3.4g2.9g
ビタミンB10.34mg0.34mg
ビタミンB20.21mg0.31mg
カルシウム250mg230mg


  • 原材料
・三島のゆかり使用 塩焼そば

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、たれ(植物油脂、砂糖、豚脂、発酵調味料、食塩、魚介調味料、たん白加水分解物、魚介エキス、醸造酢、香辛料)、ふりかけ(赤しそ、ごま、ねぎ)/加工でん粉、炭酸Ca、調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘多糖類、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・ごま・さば・大豆を含む)


・三島のあかり使用 ピリ辛たらこ味焼そば

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、たれ(植物油脂、しょうゆ、たん白加水分解物、たらこエキス、食塩、砂糖、発酵調味料、カツオ調味料、ポークエキス、チキンエキス、ポーク調味料)、ふりかけ(たらこ加工品、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、酒精、カラメル色素、かんすい、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(加工でん粉)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、カロチノイド色素、(一部にえび・小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)




三島のゆかり使用 塩焼そば




まずは「三島のゆかり使用 塩焼そば」から。赤しそのふりかけ「ゆかり」を使った塩焼そばです。どう考えても勝ち確定ですよね。


主役の「ゆかり」を引き立てる塩味ソース




適度な弾力とコシを併せ持つ、たれと相性の良いめんです。
鰹の旨みをしっかり利かせた塩だれです。ごま油の風味が広がり、最後まで飽きの来ない味わいに仕上げています。
風味の良い赤しそ、風味豊かなごま、彩りの良いねぎを加えて仕上げました。


塩味のソースはほんのり魚介にごま油を効かせていますが、基本ほとんど主張はなく、「ゆかり」を引き立てる完全な脇役。

「ふりかけ」には「ゆかり」と粒ごま、ネギが入っており、味付けの中心になっています。ソースが完全に引き立て役に徹しているので、基本的には「ゆかり」の味しかしておらず、「ゆかり」が好きなら間違いなく問題ない味でしょう。ただ、油揚げ麺よりごはんの方が合いますね。まぁ当たり前なんですけど。

具はかにカマやかきたまなどが入っていますが、量はかなり少ないです。



三島のあかり使用 ピリ辛たらこ味焼そば




続いては、「三島のあかり使用 ピリ辛たらこ味焼そば」。「あかり」はピリ辛たらこのふりかけなので、明太子焼そばということになりそう。


「あかり」を引き立てるピリ辛しょうゆ味のソース




適度な弾力とコシを併せ持つ、たれと相性の良いめんです。
鰹の旨みをしっかり利かせただし醤油だれです。たらこの風味が広がるピリ辛な味わいで、最後まで飽きの来ない味わいに仕上げています。
風味の良いたらこ加工品、彩りの良いねぎを加えて仕上げました。


魚介やたらこの風味を効かせたピリ辛のしょうゆ味。こちらも「ふりかけ」の「あかり」を引き立てるあっさりな味で、ソースだけ舐めるとほのかにたらこやしょうゆが感じられますが、麺と一緒に食べると何となく味が分かる程度に収まります。

主役は当然、「あかり」を使用した「ふりかけ」。しっかりピリ辛のたらこ味ですが、麺の量すべてを賄うにはちょっと量が不足しているようで、混ぜ切るよりも上にかけた状態で食べる方が良いと思います。ネギが入っていますがほぼ「あかり」で、特にひねりなくド直球に「あかり」の魅力のみで攻めた味でした。正直、こちらもごはんの方が合うと思いますが、麺との相性もまずまずでした。


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「三島のゆかり使用 塩焼そば」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
  • エースコック 「三島のあかり使用 ピリ辛たらこ味焼そば」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)

どちらも「ゆかり」と「あかり」の魅力を十分に感じられる一杯でしたが、完全に堪能するにはちょっと「ふりかけ」の量が少なめかなと感じました。特徴が「ゆかり」と「あかり」以外に何もないので、物足りないと感じる場合もあるかもしれません。逆に、どこでも手に入れられるふりかけなので、追い「ゆかり」&「あかり」をするのありかもしれませんね。

こちらも三島のふりかけ。実際に見たことはありませんが、すごく気になります。


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加