このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング ソースやきそば迷油」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング ソースやきそば迷油」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング ソースやきそば迷油」。2022年7月4日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの新商品です。最近は真面目な商品が多いペヤングですが、今回はちょっと不穏な空気が漂う商品名となっています。



「ペヤング」の新商品


最近の「ペヤング」は、レトルト具を使った超大盛商品「GIGAMAX GREATBOSS」を除くと、至って平和的な創作カップ麺がほとんどで尖った存在は少なく、以前の「獄激辛」や「ペタマックス」といった危険物は鳴りを潜めています。

先日2022年6月に発売されていた「ペヤング きんぴら風やきそば」。驚くほど真っ当な創作焼そばでした。

【ペヤング】がきんぴら風?創作焼そば?「ペヤング きんぴら風やきそば」を実食レビュー

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング きんぴら風やきそば」を食べてレビューしていきます。「ペヤング きんぴら風やきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング きんぴら風やきそば」。2022年6月20日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの新商品です。今回は、カップ麺ではうどん製品以外であまり見たことがないごぼうに着目した「きんぴら風」とのこと。まともな...



「迷油」で「逸品」??




今回の商品は、「迷油」と銘打たれながらも「ソースやきそばに特製調味油を入れた逸品」と説明されており、迷っているのか自信があるのかよくわからない、錯乱状態のように見えます。メダパニでもかけられてしまったのでしょうか。メタルスライム倒すのにメダパニは重宝するんですよね・・・あれ。パッケージがメタルスライム色のような・・・。なるほど。

油を大量に入れたカップ焼そばは「ペヤング」の得意技で、これまでに多くの商品が登場しています。た例えば2020年5月に発売された「ペヤング 豚脂MAXやきそば」。焼そばというより、真の意味での油そばでした。

ギトギトの豚脂ペヤング登場!「ペヤング 豚脂MAXやきそば」を実食レビュー

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 豚脂MAXやきそば」を食べてレビューしていきます。「ペヤング 豚脂MAXやきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 豚脂MAXやきそば」。2020年5月18日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの新商品です。これまでにもたくさん発売されてきた「MAX」シリーズの新商品は、「豚脂」というストレートに恐怖心を煽ってくる商品とな...


内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップにはいつもの麺のみ入っています。赤くて重たい袋が今回の目玉となる「特製調味油」ですね。ズッシリしています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。キャベツと鶏挽肉が入っており、いつもと同じかやくの構成のようです。



油を白い皿にあけた状態。変な色になってうまく撮れませんでした。ちょっと濁っていますが、外気に触れる前は透明でした。

品名ペヤング ソースやきそば迷油
メーカーまるか食品
発売日2022年7月4日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(やきそばソース・かやく・調味油)
定価税別214円
取得価格税別168円(ドン・キホーテ)

栄養成分表、原材料


1食142g(めん90g)あたり
エネルギー722kcal
たん白質8.9g
脂質45.6g
炭水化物69.1g
食塩相当量4.1g



通常ペヤングの倍近い脂質です。そして20g以上重たいです。


ソース


ソースは「まろやかで飽きのこないソースの味わいに、にんにく風味の特製調味油をかけることで、こってりとした本格的な油そばを再現し」くとのこと。



いつもの「ペヤング」のソース味


ソースはいつものペヤングのソース。量含めてまったく同じだと思われます。ウスターソースそのままのようでいて、甘みも伴った味で、安定の味。いつもと違うのは、いつものペヤングの味の形成に重要な役割を果たしている「スパイス」や「ふりかけ」が入っていないことで、これはそのまま「調味油」に置き換わっています。

通常ペヤングと価格は同じなので、今回の油のズッシリ感を考えれば、ちょっとお得感があるかもれません。重さでお得とか、どんだけ貧乏性なんだという感じですが、お店でどのパン買うか悩んだら、ひとまず重たいの選んでしまう自分がいます。多分どんなにお金持ちになったとしてもこの習性は消えないんでしょうね。



「調味油」で油そばらしさより焼そばとしての炒め感が強くなる




大量の「特製調味油」を加えることで、いつものソース味がテカテカこってりになっていきます。「油そば」とのことで、確かに油と焼そばの組み合わせなので「油そば」ではあるのですが、食べた感じは「油そば」と言うより、油によって炒め感の強い焼そばになった印象を持ちました。ニンニク風味はあまり強くないのですが、ふわっと香るニンニクが炒め感を高めていました。

メーカーの意図通りなのかはわかりませんが、油を加えることで炒め感を増すやり方は、東洋水産のチルド麺「焼そば」を再現したカップ焼そばと共通する部分がありました。

東洋水産 「マルちゃん 焼そば」

どうもオサーンです。ついに私の住む札幌にも「天下一品」がオープンし、早速行ってきました。自分が東京で行っていたお店の味に比べるとややあっさりめではありましたが、それでも久々に食べる天下一品はやはりおいしかった!いつでも食べられる地域の人にはこの感動わからないんだろうな~。今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 焼そば」。店頭で見るとセブンイレブンの限定商品だそうですが、セブンのHPではこの商品...


麺は、湯戻し時間3分のいつものペヤングの中細で縮れのついた油揚げ麺です。



いつものペヤングの油揚げ麺だが


中細で縮れのついたいつものペヤングの油揚げ麺です。いつもの麺ではあるのですが、今回は大量の「調味油」によってテカテカに輝いてすべりがよく、油を纏っていつもよりかための食感になったように感じました。細い麺やなんちゃって蕎麦風の麺など、ペヤングからはいつものではない麺も出ていますが今回の麺はいつものなのに食感が違うのは面白かったです。、


具は、キャベツと鶏挽肉。



いつものペヤングと同じ具


具はキャベツと鶏挽肉でいつものペヤングと同じ構成。量も同じなのではないかと思います。本当に、「スパイス&ふりかけ」が「調味油」の置き換わった以外は、通常商品とまったく同じでした。要は使いまわしですが、他社が一斉値上げをしている中で、通常ペヤングは値上げせずに定価税別193円で売られ続けており、使いまわしてコストを下げようとするのも頷けます。


オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング ソースやきそば迷油」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
商品名の「迷油」の由来を聞きたいところですが、迷走しているのか迷い込むような油なのなのでしょうか。ソース味に油を足しても「油そば」らしくはならず、むしろ焼そばとしての炒め感を高める結果になっていました。商品名「迷油」以外は真面目な創作ソース焼そばでした。

選挙事務所にあるだるまがこれだったら吹き出しますね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加