このページでは、ミニストップやイオンで売られている日清食品のカップ麺、「頑者 濃厚魚介豚骨ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「頑者 濃厚魚介豚骨ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「頑者 濃厚魚介豚骨ラーメン」。2022年5月31日発売の、ミニストップやイオンで売られている商品です。埼玉・川越に本店のある「頑者」の味を再現したカップ麺となっています。



「カップヌードル」シリーズの新商品


「頑者」は、埼玉・川越に本店があり、東京やその周辺に「アンダーグラウンド ラーメン 頑者」などの名で店舗展開する人気ラーメン店です。「頑者」といえばつけ麺が看板メニュー。「大勝軒」が元祖とされるつけ麺に、魚粉を初めて組み合わせたお店として知られており、その後つけ麺ブームを牽引した「六厘舎」などとともに、つけ麺文化を定着させた立役者です。

今回再現されれているのは「つけ麺」ではなくラーメン。「頑者」は以前にもカップ麺化されていたことがあります。



内容物、価格、購入額など




別添袋はひとつ。カップにはスープ粉末やかやく類が入っていますが、粉末の量が目立ちます。

品名頑者 濃厚魚介豚骨ラーメン
メーカー日清食品(イオングループ限定)
発売日2022年5月31日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製後かけ魚粉)
定価税別215円
取得価格税別176円(イオン)

栄養成分表、原材料


1食109g(めん80g)あたり
エネルギー493kcal
∟めん・かやく∟390kcal
∟スープ∟103kcal
たん白質14.8g
脂質19.9g
炭水化物63.6g
食塩相当量7.3g
∟めん・かやく∟2.9g
∟スープ∟4.4g
ビタミンB10.37mg
ビタミンB20.64mg
カルシウム326mg



原材料の「スープ」のトップには「魚粉」がきています。


「頑者 濃厚魚介豚骨ラーメン」を食べてみた!




「特製後かけ魚粉」で魚介を加えたとんこつしょうゆ味のスープに、太ストレートの油揚げ麺と、チャーシューチップ、メンマ、ナルトが合わせられています。

お店の看板メニューは「つけめん」ですが、その他に「ラーメン」のメニューもあります。お店の「ラーメン」は「つけめん」とほぼ同じ味な上に、魚粉もたっぷり入っているため、今回の一杯が「つけめん」をカップ麺にアレンジしたものなのか、お店の「ラーメン」を再現しているのかはよくわかりません。



スープは意外とすっきり




魚介の入ったとんこつしょうゆ味といえば、カップ麺ではセブンの「とみ田」やローソンの「六厘舎」がおなじみですが、今回のスープはそれらに比べるとスープのとんこつに厚みがなく、よりスープをすっきりさせている印象です。一瞬、あれ?なんだか物足りないと思うのですが、より魚介の風味が際立って感じられます。

「頑者」のスープは、豚骨魚介系の最近の流行りの超濃厚スープとは似て非なる特徴を持っているようで、その味がカップ麺のスープでもしっかり再現されていました。


オススメ度(標準は3です)


  • ミニストップ・イオン限定「頑者 濃厚魚介豚骨ラーメン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
つけ麺の名店「頑者」の味を再現。とんこつしょうゆ味のスープは「とみ田」などと比べるととんこつ部分があっさりしており、より魚介にクローズアップされています。太麺とスープの相性もよく、魚粉が麺と絡んで一体感がありました。いずれ、どんぶり型のさらに本格バージョンも食べてみたいです。

永遠に食べ続けてしまうあぶないやつです。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加