このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」。2022年4月25日発売の「凄麺」シリーズの商品です。昨年も発売されていた「凄麺 冷し中華」が今年も登場。夏季限定商品となっています。



「凄麺」は汁なし商品も激アツ


「凄麺」は、ヤマダイの誇るノンフライ麺シリーズで、シリーズ内に「ご当地シリーズ」や「逸品シリーズ」を内包し、多種類の商品展開をしています。中でも個人的には「ご当地シリーズ」の汁なし麺が激アツだと感じていて、名古屋の「台湾まぜそば」と広島の「汁なし担々麺」が発売されています。今年2022年3月にリニューアルされていました。

卵黄ペースト入りにリニューアル!「凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」を実食レビュー

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」を食べてレビューしていきます。「凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」はどんな商品?今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」。2022年3月28日にリニューアル発売された「凄麺」シリーズの商品です。ヤマダイの商品をレビューするのは7ヶ月半ぶりみたいで、ご無沙汰になってしまいました。「凄麺」シリー...

ヤマダイ 「凄麺 広島 THE・汁なし担担麺」

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「凄麺 広島 THE・汁なし担担麺」を食べてレビューしていきます。「凄麺 広島 THE・汁なし担担麺」はどんな商品?今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 広島 THE・汁なし担担麺」。2022年3月28日にリニューアル発売された「凄麺」シリーズの商品です。先日レビューした「凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」と同時発売の商品です。「凄麺」シリーズの「台湾まぜそば...



昨年も発売されていた「凄麺 冷し中華」




今回の「冷し中華」も、どちらかと言えば汁なし麺の部類でしょうか。昨年5月に初登場し、凄麺ならではのコシのあるノンフライ麺で食べる冷し中華は絶品でした。2022年バージョンは果たしてどうでしょうか。

夏に食べたい冷し中華のカップ麺!「凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」を実食レビュー

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」を食べてレビューしていきます。「凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」はどんな商品?今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」。2021年5月17日に発売された「凄麺」シリーズの商品。カップ麺ではとても珍しい「冷し中華」の商品となっています。ヤマダイさんが夏本番の前に余裕を持って5月に発売してくれたのに、毎日真夏日の...


内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ。昨年バージョンと同じ構成のようです。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。3種類の海藻類が入っており、この構成も昨年と同じです。

品名ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風
メーカーヤマダイ
発売日2021年4月25日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体タレ・かやく・紅生姜)
定価税別220円
取得価格税別218円(セブン-イレブン)

栄養成分表、原材料


1食132g(めん72g)あたり
エネルギー348kcal
たん白質7.7g
脂質1.6g
炭水化物75.6g
食塩相当量4.3g



栄養成分は昨年と比べてほとんどの数値でホントのホントの微増、内容量も1g増えています。そして原材料は昨年とまったく同じ。どうやらほとんど昨年と同じようですが、裏ブタには海藻の「赤ツノマタ」と「白キクラゲ」を増量した旨が書かれており、その上でこのなんでも値上げのご時勢で価格据え置き。こういう姿勢は本当頭が下がりますよね。


たれ


たれは「本醸造醤油を使用し、酸味と甘みのバランスがとれた冷し中華スープ」で、「食欲をそそる、ごま油の風味」とのこと。



「冷し中華」らしい味のたれ


  • 酸味と甘味が強い
きちんと酸っぱくてきちんと甘い、冷し中華らしいしょうゆ味のたれ。魚介の風味がほのかに感じられますが、基本的には酸味と甘みが前面に出ており、ごま油を効かせることで、ステレオタイプ的というか、典型的というか、「冷し中華」を食べようと買った人に対し、絶対に期待を裏切らない味となっています。



  • 昨年と同じ味
キンキンに冷やして食べたいなら、たれは冷蔵庫に入れておくのも手ではないでしょうか。酸っぱくて甘くて、そしてごま油というある種単純な味わいは、昨年出ていたものとほぼ同じ?まったく同じ?だと思われます。安定の味ってやつですね。



麺は「さっぱりとしたタレとよく絡む、冷し中華専用のノンフライ麺」で、「湯切り後に冷水で洗うことで一層際立つ、凄麺ならではのツルツルとした食感」とのこと。



弾力の強いノンフライ麺


湯戻し時間5分の、中細で縮れのついたノンフライ麺。冷やして食べるために、いつもの汁なし麺と同じように湯切りをした後に、冷水を入れて捨てるを2~3回繰り返します。冷水の温度にもよるでしょうが、3回はやった方が良いのではないかと思います。きっちり冷やすことで、麺の弾力が増していきます。

つるみと高弾力が特徴の多加水麺食感のノンフライ麺で、これもたれと同様、典型的な「冷し中華」という印象。いや、冷し中華はこんなに弾力あるイメージはないかもしれませんね。むしろ「凄麺」っぽいというのでしょうか。でも冷やす効果か、「凄麺」の中でも最高峰に高弾力だと思われます。




具は「彩り豊かで食べごたえのある、白きくらげ・わかめ・赤つのまた」と「別添の生タイプ紅生姜が風味」で、「昨年より白きくらげと赤つのまたを増量し、食べごたえアップ」とのこと。



3種の海藻類それぞれに食べ応え


わかめはカップ麺でよく使われる具ですが、白キクラゲや赤つのまたと合わせるとまったく別の顔になりますね。すごいボリュームの海藻3種で、体感的にはあまり感じませんでしたが、海藻の増量が今回の大きなリニューアルポイントとのこと。これで税別220円はお得感があります。

紅生姜はアクセントとして機能していますが、そもそも酸味もかなり強いインパクトなので、あってもなくてもメリハリ豊かではあります。海藻だけでもボリュームがあるのに、さらに紅生姜が入っているのはすごいです。他社なら余裕の250円クラスでしょうね。


オススメ度(標準は3です)


  • ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
昨年出ていた「凄麺 冷し中華」とほぼ同じでしたが、今年も典型的なたれの味と麺の弾力、そして海藻のボリュームで220円はお得感しかありません。さすが「凄麺」シリーズですね。私なんかは年中「冷し中華」を食べたいと思っている質なので、夏限定なんて言わず年中出し続けて欲しいです。冬に需要はなさそうですけどね。

海洋堂バージョンの「シン・ウルトラマン」フィギュア。怪獣はガボラとネロンガだけなのでしょうか。バルタンやゼットンはどうぜ出ないと思うので、それならベムラーとかガヴァトンも出て欲しいです。個人的に好きなのはゴモラ。造形がエヴァっぽいのはジャミラですけどね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加