このページでは、セブンイレブンのチルド麺、「とみ田監修冷し豚中華 芝麻醤仕立て」を食べてレビューしていきます。



「とみ田監修冷し豚中華 芝麻醤仕立て」はどんな商品?


今回食べるのは、セブンイレブンの「とみ田監修冷し豚中華 芝麻醤仕立て」。「中華蕎麦とみ田」監修の夏商品が3年連続で登場。すっかり夏の風物詩としておなじみになりました。



「とみ田」流の二郎インスパイア「冷やし中華」


「中華蕎麦とみ田」は、千葉県松戸市にある言わずも知れた豚骨魚介の名店ですが、二郎インスパイア店も積極展開し、セブンでは豚やニンニクに着目したレンジ麺も売られています。

【セブン】二郎インスパイアレンジ麺の大定番が巨大チャーシューですごいことに!? 「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン」を食べてみた!

このページでは、セブンイレブンのレンジ麺、「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン」を食べてレビューしていきます。「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン」はどんな商品?今回は、セブンイレブンの「中華蕎麦とみ田監修 デカ豚ラーメン」。2022年2月16日から順次発売となった、セブン-イレブンのレンジ麺です。千葉・松戸にある「中華蕎麦 とみ田」監修による「二郎インスパイア」。「とみ田」の二郎インスパイ...

セブンでは二郎系がおなじみの「とみ田」ですが、冷やしつけめんも毎年恒例で、個人的には「とみ田」関連品の中でこれが圧倒的においしいと感じています。

つけ麺名店の味がセブンのチルド麺で!「とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しW(ダブル)焼豚つけ麺」を実食レビュー

このページでは、セブン-イレブンのチルド麺、「とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しW(ダブル)焼豚つけ麺」を食べてレビューしていきます。「とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しW(ダブル)焼豚つけ麺」はどんな商品?今回は、セブンイレブンのお弁当コーナーで買えるチルド麺、「とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しW(ダブル)焼豚つけ麺」。2021年6月15日発売の新商品です。千葉県松戸市にある「中華蕎麦 とみ田」監修による恒例の冷...



内容物、価格、購入額など




フタを開けると、麺の上にトレイがあり、具がのっています。カップに入っているのは「チリたま」で、辛味のついた玉ねぎ。



トレイを取り出すと、中には麺とスープの袋が入っています。

品名とみ田監修冷し豚中華 芝麻醤仕立て
メーカーセブンイレブン(製造会社は地域により異なる)
発売日2022年4月
麺種別チルド麺
かやく・スープ1袋(スープ)
定価税別510円
取得価格税別510円(セブンイレブン)

栄養成分表、原材料


1食-g(めん-g)あたり
エネルギー599kcal
たん白質26.5g
脂質16.2g
炭水化物90.3g
∟糖質83.1g
∟食物繊維7.2g
食塩相当量5.8g



昨年バージョンから栄養成分や原材料にそれほど大きな違いはなさそうですが、昨年はあった紫玉ねぎが今回なくなっているようです。


調理方法




調理方法は簡単で、目の上に具をのせてスープをかけて混ぜるだけなのですが、全部混ぜてしまうと見栄えが悪くなるので、今回は麺とソースを混ぜ合わせてから具をのせます。





麺の上からスープをかけた状態。たっぷりのごまだれです。


スープ


スープは「ごまを加えた濃厚豚骨醤油スープ」とのこと。



練りごまやマヨを効かせた二郎系のスープ


とんこつしょうゆ味のベースに、練りごま、ニンニクマヨを加えています。とんこつしょうゆ味にいつもの二郎系の分厚さはありませんが、練りごまやニンニクマヨによって、ちょっとサラダのドレッシング的な味に仕上げています。爽やかと言えば爽やか。

ただかなりこってりもしており、二郎系らしくニンニクもガッツリ効いているため、一般的な「冷やし中華」のようなサッパリ感はありません。マヨネーズの酸味が少し冷やし中華っぽいところではあるでしょうか。




麺は、縮れが緩やかな極太麺です。



つけめんとも二郎系とも違う極太麺


極太でストレートに近い形状の麺です。「とみ田」のつけめんで使われている小麦ふすま入りの麺とも、二郎系の商品で使われているワシワシ麺とも違う麺。太さは両者とそれほど違いはありませんが、別の麺を使うことにこだわりが感じられますよね。

マヨネーズやニンニクを効かせて強い味のスープに対し、太い麺でバランスがとれています。麺量もかなり多く、おそらく二郎系の商品と同じように200gくらいありそうです。食べ応え十分でした。



具は、角切りのチャシュー、もやし、キャベツ、玉ねぎ辛味和え、水菜、かつお節の組み合わせ。

角切りチャーシュー




チャーシューは3切れほどですが、昨年に比べて肉の量はちょっと減っている印象。もちろん個体差の可能性はあります。「とみ田」のつけめんや二郎系の商品ではもっと肉がすごかったので、それらに比べるとだいぶ見劣りしますが、代わりに野菜の量は多くなっています。



もやし・キャベツ・水菜




野菜は充実しています。昨年まで入っていた紫玉ねぎはなくなってしまいましたが、もやし、キャベツといった二郎系らしい野菜の他に、水菜が入っており、水菜に関しては以前よりも量が多いような印象を受けました。野菜が多いので、練りごまやマヨネーズの入った味付けも含め、サラダを食べているような錯覚に陥ります。一緒に入っているかつお節もサラダの雰囲気を高めていました。

チリたま




こちらは「チリたま」。唐辛子やラー油で玉ねぎがあえられおり、黒ごまがふられています。味にピリ辛を加えており、玉ねぎの辛味も合わせてアクセントになっていました。


オススメ度(標準は3です)


  • セブンイレブン 「中華蕎麦とみ田監修 冷し豚中華」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
3年連続の登場なので以前ほどのインパクトはなくなり、そうなるとつけめんや二郎系に比べて見劣りしますが、夏のこの時期に食べるちょっとサラダっぽい二郎ということで価値がありそうです。野菜を重視するあまり、ちょっと肉系が足りない印象ですが、野菜がたくさんで良いものを食べた気になれました。新手のラーメンサラダです。

幼い頃、初めて作ったプラモデルがバトロイド・バルキリーでした。当時こんな精細な作りじゃなかったのですが、変形しようとして壊れた記憶があります。マクロスとかまともに見たことなかったんですけどね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加