このページでは、ヤマダイのカップ麺、「凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」を食べてレビューしていきます。



「凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」。2022年3月28日にリニューアル発売された「凄麺」シリーズの商品です。ヤマダイの商品をレビューするのは7ヶ月半ぶりみたいで、ご無沙汰になってしまいました。



「凄麺」シリーズの「台湾まぜそば」


「凄麺」シリーズの「台湾まぜそば」を再現した商品。昨年4月に新商品として登場していましたが、普段このブログではコンビニで商品を調達しているので、コンビニで売られていない商品を手に入れるのはなかなか難しく、結局手に入れたのが発売からだいぶ経ってから。食べたのですが、他の新商品を優先して記事にしているうちにさらに時が経過してしまい、結局記事にはせずに終わってしまいました。

今回は、「凄麺」シリーズでは珍しくセブンで販売されたため、手に入れることができました。助かります。できれば同時発売の「広島THE・汁なし担担麺」も置いてくれると良かったのですが、こちらは他で探そうと思います。

「台湾ラーメン」と「台湾まぜそば」を両方レギュラー商品としてラインナップしているのは、「凄麺」シリーズくらいではないでしょうか。素晴らしいです。

「凄麺 名古屋台湾ラーメン」を実食レビュー!本格派「凄麺」シリーズの台湾ラーメンはどんな味?

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 名古屋台湾ラーメン」を食べてレビューしていきます。「ニュータッチ 凄麺 名古屋台湾ラーメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 名古屋台湾ラーメン」。2019年8月5日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。名古屋めしのご当地ラーメン、「台湾ラーメン」の味を再現したカップ麺です。...

「卵黄ソース」付き




今回のリニューアルでは、「卵黄ソース」が新たに加わり、まろやかな味わいに仕上げているとのこと。前回発売時にはちょっと塩気が刺さってくる感じがあったので、今回はその対策でしょうか。楽しみです。


内容物、価格、購入額など




別添袋は3袋。いずれも後入れです。カップには麺のみ入っています。

品名凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば
メーカーヤマダイ
発売日2022年3月28日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体タレ・ふりかけ・卵黄ソース)
定価税別220円
取得価格税別218円(セブン-イレブン)

栄養成分表、原材料


1食115g(めん72g)あたり
エネルギー363kcal
たん白質10.3g
脂質5.6g
炭水化物67.8g
食塩相当量4.1g



昨年発売されていたものより麺量は8g減ってしまっています。ただそれでも、他社の同ランク商品に比べると割安感があるため、ご時世を考えると致し方ないところはあると思います。


たれ


たれは「本醸造こいくちしょうゆをベースにポークの旨味や豆板醤、魚粉が加わった、濃厚で辛旨なタレに 仕上げ」、「ニンニクを強めに効かせてあり、パンチがある味わい」で、「卵黄ソース」が別添とのこと。

ポークベースのしょうゆ味のたれに、豆板醤の辛味やニンニクのキレ、「ふりかけ」袋に入っている魚粉を加えて仕上げています。



しょうゆ、ニンニク、魚介粉末が力強い台湾まぜそばのたれ


  • 濃いしょうゆとニンニクで強いキレ
ポークベースのしょうゆ味のたれ。かなりしょうゆの香りが強く、塩気も強め。ちょっと塩辛いと感じてしまう方もいるかもしれません。台湾まぜそばと言えば、辛味、ニンニク、そして魚介を特徴としていますが、今回は辛味はピリ辛かそれ以下程度にしか感じられない一方、ニンニクはしっかり幅を利かせており、濃いしょうゆ味とともに強いキレを生み出しています。

  • 魚介の粉末
「ふりかけ」に入っている魚介の粉末も力強く、しょうゆ、ニンニク、魚介の3トップが、ややしょうゆの塩気が先行気味ではあるものの、調和してをして台湾まぜそばらしさを演出していました。価格が高くない割には、かなり素晴らしいたれと魚介の力強さではないでしょうか。他社ならもっと高くても不思議ではないように思います。



  • 卵黄ペースト


別添の「卵黄ペースト」には、卵黄を加工したペーストが入っています。これを入れることでまろやかになり、たれの塩気を和らげてくれると期待しましたが、むしろこの卵黄ペースト自体がちょっと塩気強めで、たれの塩気をより増幅させてしまっていました。昨年バージョンより塩気が増している印象でした。



麺は「台湾まぜそばらしいもちもちとした食感を再現し(極太麺 熱湯5分)」た、「当社独自製法のノンフライ麺を使用し」たとのこと。

湯戻し時間5分の、太めでストレート形状のノンフライ麺です。



弾力の強い太めのノンフライ麺


太めでストレート形状のノンフライ麺ですが、「極太」というほどには太くないようにも見えました。弾力のある多加水麺食感で、濃いたれの味に負けない存在感がありましたが、たれの塩気だけはこの麺でも制御できていなかったように感じました。麺と合わせてもやや塩気が目立ってしまっています。

麺量は72gで、昨年より8g減りました。たれや卵黄ペースト、そして後述する具の充実ぶりを考えれば、この量でも十分にコスパが良く、総合的に見てこのクオリティの商品なら他社だと250円超え待ったなしだと思われます。

正麺カップで以前出ていた台湾まぜそばは麺量90gで、具は今回よりだいぶ見劣りするものの、たれの味は素晴らしク、それでいて価格は今回と同程度。ただ数年前の商品なので、現在このクオリティを同じ価格で出せるのかは定かではありません。

正麺カップからついに台湾まぜそばが!「マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば」を実食レビュー

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば」。。2020年6月15日発売の、「マルちゃん 正麺カップ」シリーズの新商品です。名古屋のご当地ラーメンにして全国区の人気を誇る「台湾まぜそば」を再現したカップ麺とな...




具は「肉そぼろ、ニンニク、鰹節粉末、焼のり、ねぎ、唐辛子」の入った「ふりかけ」とのこと。

肉そぼろやニンニク、魚介粉末、焼のりなどを組み合わせたふりかけ。



肉そぼろなど充実


「ふりかけ」とは言っていますが、肉そぼろは粒が大きく、具という方が良さそうなほど充実しています。台湾まぜそばの肉味噌的な雰囲気ではありませんが、あとのせでちょっとサクッとした食感はこれはこれでおいしく、他にきざみのりやねぎなども入っていて充実しています。

この価格に収めつつも、ノンフライ麺や卵黄ペーストを使いつつ、これだけたくさん具を入れてきたことは素直にすごいと感じました。 他社製品だと、ノンフライ麺で220円程度だと、具はそれなりに貧相になってしまうところです。


オススメ度(標準は3です)


  • ヤマダイ 「凄麺 名古屋 THE・台湾まぜそば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
麺量が減ったこと、辛味が弱いこと、そして塩気が強すぎることなど残念な部分もありましたが、ノンフライ麺を使用し、魚介やニンニクが力強く、さらには肉そぼろなどの具が充実しており、この商品が税別で220円なのはなかなか他社には真似できないことではないでしょうか。塩気を和らげるためにごはん片手に食べるなら、最高の商品だと思います。

最近はあまり飲んでいませんが、以前はプロテイン代わりにこのシリーズの豆乳をハンサム氏に薦められてよく飲んでいました。中でも紅茶が一番美味しかったです。


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加