このページでは、日清食品のカップライス、「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」を食べてレビューしていきます。



「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」はどんな商品?


今回は、日清食品の「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」。2022年3月28日発売の、「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。テレビ局などのロケ弁カレーでおなじみ「オーベルジーヌ」監修のカップライスです。



「オーベルジーヌ」再臨!


ロケ弁カレーでおなじみの東京・四谷の「オーベルジーヌ」。食べたことはなくても、芸能人がよくテレビやラジオでおいしいと絶賛しており、ご存じの方は多いのではないでしょうか。実際、テレビ局の人じゃなくても普通に買えるんですよね。テイクアウト・デリバリー専門店にも関わらず、欧風カレー店の大きな柱の一つとなっています。

日清食品からカップ麺が1度、カップライスが2度登場しており、もともと高かった知名度がさらに高くなりました。カップ麺やカップライスでは、一貫して極甘でスパイシーなビーフカレーの味が再現されていました。

人気芸人が絶賛ののロケ弁カレーをカップ麺化!「オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル」を実食!

このページでは、日清食品のカップ麺、「オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル」を食べてレビューしていきます。「オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル」。2019年10月21日に発売された新商品です。東京四谷の宅配専門カレー店「オーベルジーヌ」監修による、カレーヌードルのカップ麺です。「芸能界が唸る...

芸能界御用達の甘くてスパイシーなカレー! 「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップライス、「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」を食べてレビューしていきます。「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」はどんな商品?今回のカップ麺は、日清食品の「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」。2020年7月13日発売の新商品です。東京四谷の宅配カレー専門店、「オーベルジーヌ」監修による、カレー味のカップライスとなっています。「オーベルジーヌ」はロケ弁でお...

芸能人のファンが多いロケ弁カレーがカップライスに!「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップライス、「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」を食べてレビューしていきます。「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」はどんな商品?今回のカップ麺は、日清食品の「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」。2021年5月24日発売の新商品です。東京・四谷の宅配欧風カレー専門店、「オーベルジーヌ」監修によるカップライス、「カレーメシ」の派生商品となっています。「オーベル...



「カレーメシ」の一商品




今回も「feat カレーメシ」の記載があり、「カレーメシ」と同じフォーマットでの商品となっています。ただ、カレーメシよりだいぶ定価が高いので、それだけハードルは高くなってしまいますが、果たしてどんな一杯なのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は入っていません。カップにはパフライスの他に、固形のルゥや牛ミンチ、玉ねぎ、ニンジンが入っています。

品名オーベルジーヌ監修 欧風カレー
メーカー日清食品
発売日2022年3月28日(月)
麺種別ライス
かやく・スープなし
定価税別263円
取得価格税込284円(ファミリーマート)

栄養成分表


1食103g(ライス69g)あたり
エネルギー454kcal
たん白質7.8g
脂質15.9g
炭水化物69.8g
食塩相当量2.5g



過去2回の「オーベルジーヌ」カレーメシと栄養成分、原材料ともに全く同じです。


「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」食べてみた!




好評につき再発売! タマネギの甘みとスパイスの辛みが特長のカレールゥに、ビーフのうまみと生クリームのコクを加え、宅配カレー専門店「オーベルジーヌ」の味わいを再現しました。




甘さとスパイス感の夢の共演




牛ベースのカレーに強い甘みがつけられており、玉ねぎも相まって、スイーツレベルの後を引く甘みが特徴となっています。牛の旨味も何となく甘く感じるんですよね。甘いのに加えてスパイス感もしっかり強く、甘さとスパイスの夢の共演、すなわち桃源郷状態となっています。ハマったら抜け出せなくなりそうなキケンな味。

私オサーンは欧風カレーよりインドカレー派で、フルーツが過度に感じられるような甘いカレーはあまり得意ではないのですが、このカレーは甘くて苦手な部類でも、甘さの中に香るスパイスがクセになり、さすがにおいしいのは間違いないと思えます。おいしさのゴリ押し的な、苦手も得意もなく桃源郷の旨みが味覚を制圧にかかってきます。

牛謎肉や飴色の玉ねぎで、量はそれほど多くないですがカレールゥの味をうまく補強できています。「カレーメシ」全般にいえますが、具の量は期待しないほうが無難です。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「オーベルジーヌ」再現商品であり、「カレーメシ」シリーズでもある商品でしたが、これまでに2度出ていた「オーベルジーヌ」の「カレーメシ」とまったく同じ内容でした。強烈な甘さがありながらスパイシーな、クセになる味わいが特徴でした。1にも2にも甘いですが、甘いカレーが苦手な私でもおいしいです。「カレーメシ」に比べてちょっと高いのがネックです。

これも中毒性ありますよね。こんなのあるの知りませんでした。1kgなんて単位だとこれが高いのか安いのかすらよくわからないですよね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加