このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 本気盛 貝だし塩そば」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 本気盛 貝だし塩そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 貝だし塩そば」。2022年2月21日発売の、「本気盛」シリーズの新商品です。仙台の人気ラーメン店「だし廊」のメニューである「貝だし塩そば」を再現したカップ麺となっています。



「本気盛」と「Ramenグランプリ」のタイアップ


「本気盛」は東洋水産のタテ型の大盛カップ麺シリーズですが、今回は「Ramenグランプリ2021-2022」とのタイアップ商品。

すでにレビュー済の「マルちゃん でかまる 鶏そぼろ辛担々麺」も「Ramenグランプリ」の商品ですが、こちらは「でかまる」シリーズからの登場で、山形・新庄の「新旬屋」の味が再現されていました。

山形・新庄の「新旬屋」の味を再現!「マルちゃん でかまる 鶏そぼろ辛担々麺」を実食レビュー

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん でかまる 鶏そぼろ辛担々麺」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん でかまる 鶏そぼろ辛担々麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 鶏そぼろ辛担々麺」。2022年2月28日発売の、「でかまる」シリーズの新商品です。「Ramenグランプリ」の「白飯欲しくなる部門」で優勝した山形・新庄の「新旬屋本店」の「鶏そぼろ辛...



「スープ飲み干したくなる部門」優勝の仙台「だし廊」




今回のカップ麺で再現されているのは、仙台のラーメン店「だし廊」の人気メニューである「貝だし塩そば」。「Ramenグランプリ2021-2022」において、「スープ飲み干したくなる部門」優勝の一杯とのことです。スープを飲み干せるということは、塩分控えめだったり、カロリー低かったりするのでしょうか。

ちなみに昨年の「スープ飲み干したくなる部門」優勝でカップ麺化された一杯は、上で紹介した「でかまる」と同じく「新旬屋」の味を再現した「本気盛 香り舞う金色の鶏中華」でした。決して低塩分でも低カロリーでもなかったですが。

「Ramenグランプリ2020」の「スープ飲み干したくなる部門」優勝の一杯がカップ麺に!「本気盛 香り舞う金色の鶏中華」を実食レビュー

このページでは、東洋水産のカップ麺、「本気盛 香り舞う金色の鶏中華」を食べてレビューしていきます。「本気盛 香り舞う金色の鶏中華」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「本気盛 香り舞う金色の鶏中華」。2021年3月15日発売の、「本気盛」シリーズの新商品です。「Ramenグランプリ2020」にて、「スープ飲み干したくなる部門」の優勝に輝いた味を再現したカップ麺となっています。「R...


内容物、価格、購入額など




別添袋は1つ。かやくは多めに入っていそうです。

品名マルちゃん 本気盛 貝だし塩そば
メーカー東洋水産
発売日2022年2月21日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製油)
定価税別220円
取得価格税込232円(ローソン)

栄養成分表、原材料


1食102g(めん80g)あたり
エネルギー475kcal
∟めん・かやく∟395kcal
∟スープ∟80kcal
たん白質9.9g
脂質23.1g
炭水化物56.8g
食塩相当量7.0g
∟めん・かやく∟2.0g
∟スープ∟5.0g
ビタミンB10.49mg
ビタミンB20.44mg
カルシウム184mg



営業妨害したいわけではないですが、塩分やカロリーを見る限りは、特に塩分であまりスープを飲み干したい数値ではありません。飲み干したいけど泣く泣くやめとくくらいが良いと思います。


スープ


スープは「ホタテ・あさりとチキンの旨味に鶏油が香る、塩ベースの最後まで飲み干したくなる貝だしスープ」とのこと。

貝だしや鶏がベースの塩味スープです。



ごまと程良い辛味が特徴の担々麺スープ


  • 前門のホタテ・後門のあさり
チキンベースにホタテやあさりの貝だしを効かせた塩味のスープです。ホタテと鶏の旨みを前面に、後味としてあさりのほろ苦さが感じられ、ガツンとくるほどの強さではないものの、特にあさりのほろ苦さが印象に残るスープとなっています。塩分は多めですが、鶏や貝だしの旨みがしっかりしているため、それほど塩気の強さが前に出てくることはありませんでした。



  • 「後入れ特製油」には鶏油入り


スープは鶏より貝が強かったですが、別添の「後入れ特製油」には鶏油を中心とする油脂が入っており、鶏油の風味によってスープの鶏を補強していました。「貝だし塩そば」という商品名だとあっさり系スープを想像すると思いますが、油脂多めで結構こってりもしていました。貝だし、鶏、そして油脂によるこってり感のバランスが取れていました。



麺は「歯ごたえのある硬さを持つ角刃で切った麺」とのこと。

湯戻し時間5分の、幅広で強縮れの太い油揚げ麺です。



幅広強縮れの油揚げ麺


最近の「本気盛」シリーズの麺は、縮れが穏やかになっていましたが、今回は強縮れ。ただ、以前のような強縮れで厚みのある麺ではなく、幅広で厚みはそれほどない麺なので、以前のような重さ、野暮ったさは感じれません。うどんとか、パスタを思わせるような形状となっています。

スープはそれほど濃い味でないので、麺がこれだけ太いとバランスが悪くなりそうですが、強縮れでスープのりが良いためか、バランスは悪くありませんでした。麺量は80gでいつもの「本気盛」サイズで食べ応え十分です。




具は「味付豚肉、たまねぎ、メンマ、ねぎ」とのこと。

豚肉チップ、メンマ、ねぎ、玉ねぎの組み合わせです。



豚肉とメンマがたくさん


豚肉チップとメンマがたくさん入っており、食感も賑やか。豚肉は脂分が少なくて肉感が強く、メンマはコリコリした食感が楽しめました。ねぎもしっかり入っていた一方で、玉ねぎは存在感があまりなかったように思います。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 本気盛 貝だし塩そば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ホタテや鶏とともに、あさりのほろ苦さを感じる塩味スープで、合わせる幅広麺はスープのりが良くて好相性。それほど派手さはないですが、味は確かな実力派という印象でした。こういう繊細さのある一杯は、ノンフライ麺でも食べてみたいですね。

定番の「ハートチップル」。ニンニクがガツンと効いて塩気も強めですが、たまに無性に食べたくなるんですよね。メーカーの「リスカ」はうまい棒の製造元としても有名です。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加