このページでは、ドン・キホーテで手に入れた韓国のカップ麺、「ピンクロケット カルボナーララッポギ」を食べてレビューしていきます。



「ピンクロケット カルボナーララッポギ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ドンキホーテで手に入れた韓国ヨンプンの「ピンクロケット カルボナーララッポギ」。商品の詳細はまったくわかりませんが、「ピンクロケット」というブランドの、ラーメンとトッポギを組み合わせた「ラッポギ」というもので、ドン・キホーテで大々的に売られていたのを購入しました。輸入代理店が貼った栄養成分や原材料の日本語シール以外は、韓国でそのまま流通していると思われるパッケージで、正規に継続的に出回っている商品ではなさそうです。



「ピンクロケット」はトッポギの人気ブランド


「ピンクロケット」は、韓国ヨンプンが製造するトッポギカップのブランドで、K-POPの人気グループであるSF9のロウンさんをイメージキャラクターに起用した、韓国では有名な商品とのこと。パッケージには「for the lovely girls」と書かれており、低年齢の女性向け商品のようです。私オサーンの疎外感たるや。

日本でもトッポギカップは正規に出回っているようで、「オリジナルトッポギ」と「カルボナーラ」の2味が展開されています。私オサーンはこれらの商品がお店に並んでいるのは見たことがありませんが、ネットではちょくちょく見かけます。

「トッポギ」ではなく「ラッポギ」




「ピンクロケット」といえば「トッポギ」で有名なブランドのようですが、今回は「トッポギ」ではなく「ラッポギ」。ラーメンとトッポギをかけ合わせた商品となっています。パッケージを見るとたしかにスティック状のお餅である「トッポギ」と「ラーメン」が入っていることがわかります。ブロッコリーやベーコンっぽいものも見えますが、これはただの調理例で実際に入っているわけではなさそうです。

カルボナーラ味の「ラッポギ」で、韓国のカップ麺はカルボ味のもの多いですよね。この商品はドンキで買いましたが、ネットを見ても売っているのをまったく見かけません。ドンキの独自企画による輸入なのかもしれませんね。果たしてどんな商品なのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「麺」と「トッポギ餅」と「粉末スープ」。「麺」は油揚げ麺、「トッポギ餅」は生タイプのようです。



カップに全ての袋を入れます。麺とトッポギで食べ応えありそうなことに加え、スープ粉末も結構多いです。

品名ピンクロケット カルボナーララッポギ
メーカー韓国ヨンプン
発売日不明
麺種別油揚げ麺+生タイプトッポギ
かやく・スープ1袋(粉末スープ)
定価不明
取得価格税別278円(ドン・キホーテ)

栄養成分表・原材料




栄養成分と原材料はこんな感じ。麺70gとトッポギ70gは結構なボリュームですね。ついでにスープ粉末も35gも入っています。その割にカロリーはそれほど高くなく、食塩相当量はかなりの低水準。

調理方法




調理方法は、水を入れてレンジで加熱します。韓国の「トッポギ」カップはレンジ調理が多いですね。水をカップの線まで入れて(200ml)、隙間を空けてフタをしてレンジ調理(500W4分50秒、600W4分10秒)していきます。



レンジ調理後。粉末がほぼ溶け切り、入れた水もほぼなくなりました。カルボナーラっぽくなっています。これを混ぜ合わせて完成です。この麺のつや・・・おいしそうですね。



ソース


ソースは、クリーミーで甘み強めのカルボナーラソースです。



ちょっと甘いカルボナーラソース


ミルク感の強いクリーミーなカルボナーラソース。原材料を見ると、水あめ加工品、バター加工品といった、いかにも甘みを伴っていそうなものが並んでおり、その甘さを胡椒やパセリによってビシッと引き締めています。韓国のカップ麺と言えば辛いイメージが先行しますが、今回はまったく辛くなく、甘みが強調されていました。

お隣の国とは言え、韓国のカップ麺を食べると日本の味とはだいぶ違うと感じることが多いですが、今回はまったく違和感なくちょっと甘めのカルボナーラソースとして食べることができました。正直、ビックリというか、なんで日本性じゃないのかちょっと悔しく感じるくらいおいしいです。これはクセになりますね。



麺は、中細で縮れの強い油揚げ麺です。



中細ながら弾力の強い油揚げ麺


細めで縮れの強い油揚げ麺。一見普通の油揚げ麺ですが、コシが強くて弾力があり、麺表面につるみがあります。おそらく、レンジ調理を前提とした麺で、火力の高さが可能にする弾力の強さなのではないでしょうか。韓国のインスタント麺は、この商品に限らず弾力が重視されていることが多く、鍋で使われる袋の「サリ麺」は特にその傾向が強いですよね。


麺量は70gあるので、麺単体でも一般的なカップ麺の麺量があります。トッポギに目がいってしまいますが、麺も負けておらず、麺量も麺の弾力も素晴らしいです。



トッポギ


トッポギは、生タイプでもちもち感が強いです。



トッポギと麺とカルボソースが渾然一体化


私なんかは韓国料理もトッポギも食べ慣れていないので、形だけ見てトッポギはいつもマカロニの仲間だと思ってしまうのですが、マカロニのように小麦ではなく、米であり餅なんですよね。トッポギのもちもち感と、麺の弾力、そしてカルボナーラソースのとろみの強さが渾然一体化し、糖質だらけの非常にキケンな組み合わせではあるのですが、悪魔の味ですねこれは。

栄養成分を見ると、炭水化物は58.6gとなっているのですが、麺とトッポギとカルボソースでこんな低くはならないように思うのですが、なにかカラクリがあるのでしょうか。

トッポギだけでも麺だけでもなく、「ラッポギ」だからこその中毒性があるように感じました。「韓国ヨンプン」からは他にもラッポギがでているようなので食べてみたいですね。(もう手に入れました)


オススメ度(標準は3です)


  • ヨンプン 「ピンクロケット カルボナーララッポギ」
★★★★★★★☆☆☆(6)
「ラッポギ」とカルボナーラソースの組み合わせ恐るべしです。すごい・・・韓国が熱中するわけだ。価格が高いので★6に留めましたが、おそらく韓国で流通しているものはもっと安いんでしょうね。いくつか食べてきた韓国のカップ麺の中で、今回の商品が最も感銘を受けました。ラッポギ、また食べたいです。

韓国なの?ジャパンなの?どっち?と思いましたが、ジャパンじゃなくてジャバンだそうで、韓国のりの一種だそうです。おいしそうですね。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加