このページでは、ファミマ限定で日清食品のカップ麺、「ラ王 金タンタン」を食べてレビューしていきます。



「ラ王 金タンタン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ファミリーマート限定商品、日清食品の「ラ王 金タンタン」。2021年7月20日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。「黒タンタン」から続く、ファミマ限定のラ王タテ型商品シリーズです。



「黒」「白」「赤」に続くのは「金タンタン」


今回の商品は、ファミマ限定の恒例商品で、「日清ラ王」シリーズのタテ型カップの担々麺。最初に登場したのは「ラ王 黒タンタン」で、2018年11月に初登場。練りごまの濃厚なコクに加え、黒ごまの入った「黒ラー油」が特徴的でした。この後も定期的に再販されている、ファミマでは準レギュラーと言って良い商品です。

「ラ王 黒タンタン」(ファミマ限定)は濃厚練りごまでまったりな一杯!

ファミマ限定の「日清ラ王」ブランドのタテ型担々麺!今回のカップ麺は、日清食品の「ラ王 黒タンタン」。2018年11月13日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品で、ファミリーマート、サークルK、サンクス限定です。現在のタテ型ラ王ラインナップはヘルシー志向的な商品が多いですが、今回のタテ型ラ王はそれらとは一線を画しそうな「黒タンタン」。しっかりカロリーありそうです。黒地に白の縦縞パッケージ。ユーヴェカラー...

続いて登場したのは、2020年4月発売の「ラ王 白タンタン」。練りごまにピーナッツバター、そして白ごまが特徴的でしたが、黒タンタンのキャラ設定に比べるとちょっと弱さは否めませんでした。もっとガツンとピーナッツバターを押しても良かったのかなと思います。

ファミマから黒に続いて白のカップ担々麺登場!「ラ王 白タンタン」

このページでは、ファミリーマート限定商品で、日清食品のカップ麺、「ラ王 白タンタン」を食べてレビューしていきます。「ラ王 白タンタン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「ラ王 白タンタン」。2020年4月7日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。ファミリーマート限定発売の商品となっています。恒例商品化されつつある先週発売された「黒タンタン」に続いて、今度は「白タンタン」が...

そして2020年11月発売の「ラ王 赤タンタン」。辛さとシビレが強めで、赤ラー油を用いているところから「赤タンタン」なのですが、「黒」の黒ごまや「白」のピーナッツバターに比べると担々麺としては普通の特徴が並び、「黒タンタン」の系譜としてはネタ切れかなぁと思わせるものがありました。特徴としては弱いですが、練りごまのコクと刺激を両立したおいしい担々麺でした。

黒、白の次は赤タンタン!ファミマ限定の「ラ王 赤タンタン」を実食レビュー!

このページでは、ファミマ限定商品、日清食品の「ラ王 赤タンタン」を食べてレビューしていきます。「ラ王 赤タンタン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ファミリーマート限定商品で、日清食品の「ラ王 赤タンタン」。2020年11月24日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。ファミマ名物カップ麺の「黒タンタン」、「白タンタン」に続く、「赤タンタン」が新登場です。ファミマで同時発売された「ラ王...



金ごま使用でゴージャス&辛さレベル1/5




さて、「金タンタン」の特徴ですが、「金ごま」を使用していて濃厚ゴージャスとのこと。日清食品は東京オリンピックのオフィシャルパートナーですが、今回はそれとは別に非公式にオリンピックに合わせてきましたよね。確かに金ごまは黒や白に比べて効果なイメージがあり、担々麺で通常に使われている白が金に置き換えられているのであれば、それはそれはゴージャスで香り高いものになりそうです。辛さは「辛さレベル1/5」とのことで、ごまの方が主役のようです。果たしてどんな一杯なのでしょうか。

金ごまといえばやはりこれでしょう。まるで醤油や塩のように、すべてにこれを使っていたことがありました。今はその役割はハインツのケチャップが担っています。


内容物、価格、購入額など




別添袋は1袋。粒子の荒い粉末やかやく類が入っています。

品名ラ王 金タンタン
メーカー日清食品(ファミマ限定)
発売日2021年7月20月(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(特製ラー油)
定価税込228円
取得価格税込228円(ファミリーマート)

栄養成分表、原材料


1食113g(めん75g)あたり
エネルギー457kcal
∟めん・かやく∟338kcal
∟スープ∟119kcal
たん白質11.0g
脂質13.5g
炭水化物72.9g
食塩相当量7.2g
∟めん・かやく∟3.2g
∟スープ∟4.0g
ビタミンB10.25mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム251mg




スープ


スープは「金ごまが織りなす香りと醤油の旨みがきいた濃厚担々スープ」とのこと。

練りごまにすりごまを合わせたしょうゆ味ベースの担々麺スープで、別添の「特製ラー油」によって辛味が加えられています。



金ごまの入った担々麺スープ


  • 練りごまとすりごま
練りごまにすりごまを合わせた濃厚な担々麺スープです。ベースはしょうゆ味ですが、しょうゆの香りよりも練りごますりごまの風味が目立っており、風味の良さと甘みを強く感じる担々麺スープに仕上がっていました。ごまに加えてクリーミングパウダーの影響もあって、ごまのコクの中に甘みが感じられます。どろどろや甘みはこれまで一貫した特徴です。

金ごま使用によってどれほどスープが濃厚になり、味にどう影響しているのか、正直測りかねるというか、よくわかりませんでした。すべて金ごまなのか、白ごまも使っているのかも、すいません私の舌ではわかりませんでした。「黒ごまタンタン」から続く系譜として、引き続き濃厚な練りごまであり、かなりどろどろした形状でした。



  • 別添「特製ラー油」


別添の「特製ラー油」を加えることで、スープに赤味がさしますが、それほど辛くなるわけではなく、ピリ辛以下。辛味よりもむしろ、ナッツ系と思われる甘い香りが付与されており、これがアクセントとして機能していました。辛くするつもりはまったくなく、基本金ごまの風味とラー油の甘い香りで勝負してきています。



麺は、湯戻し時間5分の中太でストレート形状。タテ型ながらラ王の特徴であるノンフライ麺が使用されています。



低加水食感のノンフライ麺


中太でストレート形状のノンフライ麺。「黒タンタン」から同系統の麺が使われ続けており、中太で透き通った見た目、そして歯切れのよい低加水麺食感が特徴となっています。他のどんぶり型ラ王では見ない麺で、日清の名店再現系タテ型カップの「有名店シリーズ」の麺の一部(「篝」など)と共通と思われます。

低加水のしっとり食感が、スープのどろどろと親和性が高く、両者合わせることで渾然一体化します。実は黒とか白とかよりも、この麺とスープの渾然一体感がこのシリーズの最大の特徴なのではないかと思います。




具は、豚ミンチ肉2種、チンゲン菜、唐辛子、すりごまが入っています。



2種類のミンチ肉やチンゲン菜


2種のミンチ肉は、脂の風味が強いものと肉が強いもので、どちらも量自体それほど多いわけではないので、商品の売りにするほどには目立っていません。また、チンゲン菜もそれほど入っているわけではなく、具の量は全体的に少なめです。これも「黒タンタン」から一貫した特徴と言えるでしょう。


オススメ度(標準は3です)


  • ファミマ限定「ラ王 金タンタン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ファミマのラ王タテ型の新カラー?「金タンタン」でしたが、金ごまを使った一杯で、これまでの「黒タンタン」から続く特徴を引き続き有した一杯でした。練りごますりごまのコクと、ラー油のナッツ系の甘みが印象的で、これまでで最もまったり系のスープと言えるかもしれません。

これも担々麺の仲間ですね。確かに練りごまの味がしていました。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加