黒いフリスク(フリスク ブラックミント)を愛食しています。他のフリスクシリーズやミンティアシリーズなどとはひと味違うスッキリした辛さが良いです。でも最近ローソンで見かけた大きなフリスクが気になります。たぶん普通の50粒入りではなく100粒入りだと思うのですが、大きなケースの形状がカッコよくて気に入りました。ブラックミント味はまだ出ていないんですが、すぐに発売してほしいです。当たり前の形状だと思っていたものが違う形で目の前に現れた時、なんか胸がキュンとしちゃいますねぇ。

今回のカップ麺は、明星食品の「地域の名店シリーズ 味の大王 総本店」。セブンイレブンなどセブンアンドアイグループのPB商品で、この商品は北海道地区限定発売です。「味の大王」というお店は北海道苫小牧市にある「元祖カレーラーメン」で有名なお店で、苫小牧以外にも支店やチェーン店を展開し、私の住むそばにも昔からチェーン店があったので馴染みがあります。とは言っても、カレーラーメンは邪道だと思っていたのでみそラーメンばっかり食べてましたが、なかなかおいしかったですよ。今回はカレーラーメン初体験で、これでおいしければ、実際のお店でも食べてみようと思っています。





スープは、スパイスの存在がしっかり感じられるものの、それと同時に強い甘みととろみがあるカレー味で、カップヌードルのカレー味のようなものをイメージすると、まったく違いうので驚きます。甘みとはいっても野菜やフルーツから出る甘みではなく、後でパッケージの原材料名の欄を見て納得したのですが、ピーナツバターの甘みのようです。やや不自然に感じる甘さなので好き嫌いがハッキリ分かれそうですが、私はおいしいと感じました。また、ジャガイモのペーストが入っているようで、家庭で翌朝に食べるカレーほどではないですがジャガイモのザラつきを感じました。これも好みが分かれそうです。

麺は、黄色くてやや縮れたノンフライ麺。しっかりとしたコシがある麺で、絡みすぎるくらいカレースープをよく拾っていましたが、麺自体に強い小麦の味を感じられるので、スープに負けることなくバランスが良かったです。この相性の良さはぜひ本物を食べて試してみたいと思いました。

具は、乾燥チャーシュー、わかめ、もやし、ネギ。具の貧弱さで御馴染みの「地域の名店シリーズ」としてはよく頑張っているボリュームかと思いますが、スープの味が強すぎるため存在感がなくなっていました。ひとつひとつのパーツを大きくしたほうが良いのではないかと思います。ただ、わかめやもやしとカレースープの相性は悪くなかったと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
食べたことのない、ピーナツバター由来の甘さが新鮮なスープは、好みが分かれそうなもののおいしかったです。麺との相性もよく、さすが「地域の名店シリーズ」と思わせられます。残念ながら店頭だと北海道でしか手に入りませんが、セブンイレブンネットでは5食単位ですが購入できるので、気になる方は買ってみてはいかがでしょうか。私の好みを信頼してくれるのであれば、そこまでして買う必要はないかなと思います。

品名:地域の名店シリーズ 味の大王 総本店
メーカー:明星食品(北海道のセブンイレブンをはじめとするセブンアンドアイグループ限定発売)
発売日:2008年12月9日(火)
麺種類:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税込268円
取得価格:税込268円(セブンイレブン)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加