このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「1分湯戻し 大盛ソース焼そば」を食べてレビューしていきます。



セブンプレミアム「1分湯戻し 大盛ソース焼そば」はどんな商品?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「1分湯戻し 大盛ソース焼そば」。製造は東洋水産が担当。セブンプレミアムの大盛廉価バージョンのカップ焼そばとなっています。



セブンプレミアムの貴重な大盛カップ焼そば


セブンプレミアムのカップ麺は総じてレベルが高く、種類も多く並んでいますが、中でも個人的には今回取り上げる「大盛ソース焼そば」のデキが良く、貴重な大盛カップ焼そばでもあり、なくてはならない存在だと思います。過去に何度かリニューアルを繰り返しており、そのたびにデキの良さに感銘を受けました。

下のリンクは2020年5月に発売された「1分湯戻し大盛ソース焼そば」。マルちゃんのチルド焼そばのスパイシーなソースの味に、かための1分湯戻しの麺、そして大盛サイズという完璧な商品でした。

セブンプレミアムの最強カップ焼そば再登場! 「1分湯戻し大盛ソース焼そば」を実食レビュー!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「1分湯戻し大盛ソース焼そば」を食べてレビューしていきます。「1分湯戻し大盛ソース焼そば」はどんな商品?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「1分湯戻し大盛ソース焼そば」。製造は東洋水産が担当。2020年5月25日にリニューアル発売された商品です。セブンプレミアムのレギュラーカップ焼そばがリニューアルされたので食べてみたいと思います。...



カップ焼そば最強候補の一角




麺量130gというのは、大盛カップ麺のスタンダードな量ですが、それをコンビニで150円程度で手軽に購入でき、その上でおいしいということに大きな価値があります。ライバルは、もっと低価格ですが同じ東洋水産の「ごつ盛り」と日清食品の「デカうま」。価格では負けていますが、味ではセブンが勝っているように思います。今回は果たしてどうでしょうか。

今回と同じく東洋水産の「ごつ盛り ソース焼そば」。最強カップ焼そば候補の一角です。



内容物、価格、購入額など




別添袋は3袋。ライバルには入っているマヨネーズがありません。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。キャベツしか入っていませんが、大盛廉価商品はこんなものでしょう。

品名1分湯戻し 大盛ソース焼そば
メーカーセブンプレミアム(製造は東洋水産)
発売日2021年5月10日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(粉末ソース+ふりかけ・かやく・特製油)
定価税込149円
取得価格税込149円(セブン-イレブン)

栄養成分表、原材料


1食157g(めん130g)あたり
エネルギー779kcal
たん白質13.2g
脂質43.0g
炭水化物86.7g
∟糖質∟82.9g
∟食物繊維∟3.8g
食塩相当量5.9g
ビタミンB10.54mg
ビタミンB20.58mg
カルシウム305mg



前回発売時から栄養成分に多少の変化が見られます。原材料にはほとんど変化は見られません。


ソース


ソースは「ほどよくスパイスを利かせた、香りの良いほんのり甘めのソース味」とのこと。

スパイスを効かせた甘めの粉末ソースに、こってり感と麺ほぐしの効果を加える油脂を合わせています。



マルちゃんチルド焼そばの味を再現したソース


  • チルド焼そばを思わせるスパイスと甘みの安定ソース
ソースの味の中心は粉末ソースです。東洋水産のチルド焼そばの味を思わせる、スパイス感と甘みを兼ね備えた濃い味のソースで、酸味はおとなしくなっています。これまでのこの商品同様の味で、この安定の味、これこそ焼そばの味、家庭の味だと郷愁を覚える方も多いのではないかと思います。特に東日本の方にとってはいろいろ補正も入っちゃいますが、かくいう私も、この味こそ焼そばの味だと思っています。



  • 粉末ソースのメリット&デメリット
今回、粉末ソースが使用されていますが、粉末にはメリットとデメリットがあると考えています。メリットは、余計な水分が入らないことで、水っぽく薄い味にならないことで、これが濃くてパンチのある味を生み出しています。一方デメリットは、液体ソースほど麺と混ざらないことで、味も色もどうしてもまだらになってしまいます。

別添「特製油」で油脂を加えることで、麺のほぐれにくさはある程度解消されており、加えて、炒めた風味も加えていました。家庭の焼そばを再現するにあたり、大きな要素となっています。個人的には、他のカップ焼そばのようにマヨネーズを入れるよりも、油脂を入れる方が好きですね。



麺は「お湯を注いで1分待つだけで、麺重量130gの食べ応えのあるソース焼きそば」で、「コシと弾力があり食べ応えのある細めの麺」たとのこと。

湯戻し時間1分の、細くて縮れのついたかため食感の油揚げ麺です。



細くてかたい食感の油揚げ麺


細くてしっかり縮れのついた油揚げ麺です。ソースはチルド麺にそっくりでしたが、麺はまったく別物で、チルド麺より細く、そしてだいぶかたい食感が特徴的です。チルド麺のソフト食感も良いですが、今回のかたい食感もソースとばっちりマッチしていました。

麺量130gというのも素晴らしく、名作のほまれ高い「ごつ盛り」や「デカうま」のカップ焼そばと同量で、且つそれらに比べると売価が30~40円程度高いですが、今回の麺の方がおいしいように思います。価格を取るか質を取るか、両者甲乙つけ難いです。



具は「ふりかけ付き」とのこと。

「かやく」のキャベツと「ふりかけ」の組み合わせです。

ふりかけ




「ふりかけ」に入っているのはあおさと紅生姜。あおさ多めで紅生姜少なめです。



キャベツ




具はキャベツのみ。量もそれほど多くありませんが、ソース、麺のレベルの高さを考えれば、肉系のものは入っていなくても、ふりかけとキャベツで十分ではないでしょうか。


オススメ度(標準は3です)


  • セブンプレミアム 「1分湯戻し 大盛ソース焼そば」
★★★★★★★☆☆☆(7)
今回も以前までと同様、ソースはマルちゃんチルド焼そばの味を再現しつつ、麺はかたくて細め、そして麺量130gの大盛サイズとなっています。これで定価税込149円はかなりお得感があります。量が同程度でもっと安い商品もありますが、おいしさでは今回が上回っており、良いライバル関係と言って良いと思います。

「ごつ盛り」とともにもう一方のライバル、「デカうま Wマヨソース焼そば」。こちらは今回と同じく粉末ソース仕様となっています。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加