このページでは、ファミマ限定で日清食品のカップ麺、「三宝亭東京ラボ 酸辣湯麺」を食べてレビューしていきます。



「三宝亭東京ラボ 酸辣湯麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ファミリーマート限定商品、日清食品の「三宝亭東京ラボ 酸辣湯麺」。2021年4月20日発売の新商品です。「三宝亭東京ラボ」の2大看板のひとつ、「酸辣湯麺」がカップ麺化されました。



「三宝亭東京ラボ」は新潟の三宝グループのひとつ


三宝亭」は、新潟県でレストランを始めとして他業種展開する三宝グループの1部門で、三宝亭自体も新潟県を中心に多くのお店を展開しています。

今回のカップ麺はその三宝亭のうち、「三宝亭東京ラボ」監修の商品で、東京・中目黒にある三宝亭の支店が前面に出ています。どう見ても新潟中心お店ですが、「東京」とつく方が売れるのでしょうか。「三宝亭東京ラボ」の2枚看板メニューは「酸辣湯麺」と「全とろ麻婆麺」で、「全とろ麻婆麺」はファミマ&日清食品で何度かカップ麺化されています。下のリンクは2020年12月発売の「三宝亭東京ラボ 全とろ麻婆麺」。お店の一杯に比べるととろみが足りない気がしますが、辛さはかなり強かったです。

【ファミマ】激辛麻婆カップ麺が辛さアップで帰ってきた!「三宝亭東京ラボ 全とろ麻婆麺」を実食レビュー

このページでは、ファミマ限定商品、日清食品の「三宝亭東京ラボ 全とろ麻婆麺」を食べてレビューしていきます。「三宝亭東京ラボ 全とろ麻婆麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ファミリーマート限定発売、日清食品の「三宝亭東京ラボ 全とろ麻婆麺」。2020年12月15日発売の新商品です。東京中目黒にある人気のラーメン店、「新潟 三宝亭 東京ラボ」の「全とろ麻婆麺」を再現したカップ麺となっています...



「とろみ」酸辣湯麺を再現




今回は、「全とろ麻婆麺」に続いて、「酸辣湯麺」が再現されています。全とろ麻婆麺と同じく、とろみがついているのが特徴のようで、果たしてどんな一杯なのでしょうか。

カップ麺ではかなり早い段階から酸辣湯麺を出している「凄麺」シリーズの商品。ロングセラーです。「ニュータッチ 凄麺 酸辣湯麺の逸品」。

内容物、価格、購入額など




別添袋は1袋。カップにはスープ粉末やかやく類が入っています。

品名三宝亭東京ラボ 酸辣湯麺
メーカー明星食品(ファミマ限定)
発売日2021年4月20月(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(液体スープ)
定価税込228円
取得価格税込228円(ファミリーマート)

栄養成分表、原材料


1食101g(めん70g)あたり
エネルギー422kcal
∟めん・かやく∟330kcal
∟スープ∟92kcal
たん白質11.5g
脂質14.3g
炭水化物61.8g
食塩相当量6.8g
∟めん・かやく∟2.0g
∟スープ∟4.8g
ビタミンB10.34mg
ビタミンB20.58mg
カルシウム376mg



ノンフライ麺使用で麺量は70g。普通盛と大盛の中間程度の量です。


スープ


スープは「まろやかな酸味にコショウの香味がきいた、とろみのある旨辛スープが特徴」とのこと。

ポークベースの辛みのついたしょうゆ味に強いとろみを加え、酸味や胡椒で酸辣湯味に仕上げたスープです。



とろみの強い酸辣湯スープ


  • 辛さはピリ辛程度
辛みのついたしょうゆ味のスープです。辛さレベルは「2/5」で辛口レベルとのことですが、個人的にはそこまで辛くはなく、ピリ辛程度のように感じました。ギリギリ激辛レベルくらいにあった「全とろ麻婆麺」カップ麺に比べるとだいぶ辛さはおとなしめです。激辛好きの方には少し物足りないかもしれませんが、酸辣湯麺だとだいたいこれくらいだと思います。

  • 酸味もほどほどのバランス型
強めの酸味と胡椒を効かせることで、しっかり酸辣湯味に仕上げています。酸辣湯の味付けはメーカーによって、商品によっても様々で、辛味に寄ったり酸味に寄ったり色々ありますが、今回はどちらもほどほどと言ったところでしょうか。どちらも極端に強いわけではなくバランスを取っており、比較的誰でも食べやすい味と言えるかもしれません。



  • 最大の特徴はとろみ!


辛味も酸味もほどほどで、では何が特徴かというと、商品名にもなっている通り「とろみ」です。酸辣湯麺としてはかなり強いレベルでとろみを効かせており、さすが「全とろ麻婆麺」のお店ですね。お店の酸辣湯麺も「全とろ麻婆麺」ほどではないもののとろみがついているようです。

「全とろ」カップ麺はお店に比べるととろみは弱いのですが、今回はその全とろカップ麺と同じくらいとろみがついていまいた。


麺は、湯戻し時間5分の、中太ストレートのノンフライ麺です。



低加水麺食感の中太ノンフライ麺


細め、とはいっても中細よりちょっと細い程度でしょうか、で緩やかな縮れのついた油揚げ麺です。細くはありますが、湯戻し時間2分にすることでコシがしっかり残っており、お店の麺に比べてかため食感の麺のように感じられました。角麺形状で、細い割には主張が強い麺となっています。

麺とスープのバランスもよく取れており、麺がスープの邪魔をしない程度に、食感等で目立っています。以前まで使われていた麺




具は、かきたま、チンゲン菜、しいたけの組み合わせです。



かきたま中心


かきたまがメインですが、かきたまを除くと具の量は多くありません。ノンフライ麺でタテ型商品を作ると、どうしても具で力尽きてしまう印象があります。今回もかきたまは結構入っていましたが、チンゲン菜はかなり少なく、しいたけに至っては空気でした。


オススメ度(標準は3です)


  • ファミマ限定「三宝亭東京ラボ 酸辣湯麺」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「三宝亭」の名物、「酸辣湯麺」を再現したカップ麺でした。とろみが最大の特徴で、辛さや酸味はバランス良くまとめています。味のインパクト的には、ギガンテスレベルはないものの、サイクロプスレベルはありそうです。痛恨の一撃に要注意。同じ三宝亭でも「全とろ麻婆麺」に比べると辛さ、ボリュームで劣りますが、ノンフライ麺を使ったちょっと上品な一杯と言えそうです。

お酢つながりでミツカンの「ビネグイット りんご酢ピンクグレープフルーツ」。グレープフルーツ風味のリンゴ酢で、炭酸で割るとおいしかったです。私はあまりお酒を飲まないのでやりませんが、お酒と合わせても良さそうです。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加