このページでは、日清食品のカップライス、「カップヌードル 謎肉牛丼」を食べてレビューしていきます。



「カップヌードル 謎肉牛丼」はどんな商品?


今回はカップライス、日清食品の「カップヌードル 謎肉牛丼」。2021年4月19日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。2020年12月に毎年恒例の「謎肉丼」発売時期に発売されていた商品ですが、今回4月に再登場。おそらく、いつもの「謎肉丼」とは別枠でレギュラー化したものと思われます。




約4ヶ月ぶりの「謎肉牛丼」登場


「謎肉牛丼」は、昨年2020年12月に初登場した「謎肉丼」の派生商品。当時に鳴り物入りで登場したのと比べると、今回はメーカーサイト上での扱いが小さく、おそらく再発売扱いだと思われますが、毎年謎肉丼と分けて発売してくれるのであれば、楽しみが2回に増えてうれしいです。

2020年12月に発売されていた「カップヌードル 謎肉牛丼」。高額設定がネックですが、玉ねぎの甘みが感じられる牛丼でおいしかったです。

今年の謎肉丼は牛謎肉を使った牛丼!! 「カップヌードル 謎肉牛丼」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップライス、「カップヌードル 謎肉牛丼」を食べてレビューしていきます。「カップヌードル 謎肉牛丼」はどんな商品?今回はカップライス、日清食品の「カップヌードル 謎肉牛丼」。2020年12月7日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。毎年恒例の「謎肉丼」ですが、今年は変化球、牛謎肉を使用した「謎肉牛丼」として登場しました。毎年恒例「謎肉丼」今年...



「牛謎肉」使用が大きな特徴




「謎肉牛丼」なので、謎肉もいつもの豚肉ではなく、牛肉が使用されています。「牛謎肉」。結局謎肉の味がしているわけですが、ちょっとリッチな味なのは間違いなく、今回も大きな期待が持てます。果たして前回から変化が見られるのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「特製つゆ」の1袋。カップにはパフライスと牛謎肉、飴色の玉ねぎなどが入っています。

品名カップヌードル 謎肉牛丼
メーカー日清食品
発売日2021年4月19日(月)
麺種別ライス
かやく・スープ1袋(特製つゆ)
定価税別277円
取得価格税込299円(ローソン)

栄養成分表


1食114g(ライス86g)あたり
エネルギー472kcal
たん白質10.6g
脂質11.5g
炭水化物81.4g
食塩相当量3.3g



栄養成分、原材料とも、昨年12月に発売されたものとは多少の違いが見られます。そのまま横流しの再発売ではなさそうですが、大きな変化があるわけでもなさそうです。


つゆ


つゆは「タマネギの甘みが溶け込んだ甘辛なつゆ」で、「牛のうまみとだしをきかせた、しょうゆベースの "特製つゆ"」が別添とのこと。

牛の旨み、玉ねぎの甘みで牛丼の味をイメージしたしょうゆ味の甘辛なつゆです。



牛脂と玉ねぎを効かせた牛丼味のつゆ


  • 牛の旨みと玉ねぎの甘み
甘辛のしょうゆ味のつゆです。牛の旨み、牛脂の風味、そして玉ねぎの甘みを効かせることにより、牛丼の味をイメージできる味に仕上げられています。玉ねぎが特に効果的で、誰が食べても牛丼味という感じですが、日清食品といえばすき焼き味だと猛烈な甘みを効かせるのに対し、今回の牛丼味はそこまで甘さを強調してこなかったのは食べやすくて良かったです。



  • 特製つゆで牛脂や玉ねぎに立体感
別添の「特製つゆ」には、牛脂の旨みがつけられた甘辛しょうゆのつゆが入っています。もともとカップに入っている粉末の味とそう違いはないように思いますが、より直線的に鼻腔を通ってくるしょうゆの風味、牛の香りで、牛丼の味をより立体的なものにしていました。

基本的には、昨年12月に発売されていた商品と比べ、細かい違いはあるのかもしれませんが、私には味の違いはよくわかりませんでした。基本的にはやはり再発売扱いなのかなと思います。


ライス


ライスは「熱湯5分の簡単調理でも湯戻りの良い、ふっくら食感のごはん」とのこと。

湯戻し時間5分の、パフライスです。



炊き込みごはんタイプのライス


「謎肉丼」と同じく、比較的スープ量の少ない炊き込みごはんタイプのライスです。湯戻し5分で食べ始めた時はちょっと水分が残っていますが、食べ進めていくうちにスープはなくなり、炊き込み状になります。「ぶっこみ飯」の方がスープの量は多い感じがします。謎肉丼はぶっこみ飯より内容量が多いにもかかわらず、必要なお湯の量はだいぶ少ないです。

謎肉もたっぷり水分を吸うことで、より炊き込みご飯らしい形状になっていきます。時間経過とともに食感の変化を楽しむのがひとつの醍醐味ですね。




具は「牛謎肉 (味付牛ミンチ)、タマネギ、ネギ」とのこと。

牛謎肉、飴色の玉ねぎ、ネギの組み合わせです。



牛謎肉、玉ねぎ、ネギの組み合わせ


「牛謎肉」は、いつもの「謎肉丼」に入っている謎肉同様、かなり大粒で、量も謎肉丼ほどではないもののしっかり入っています。基本的には大豆ミート特有の不思議な風味が強いのですが、その中でもいつもの謎肉とは違う牛肉の風味が香っていました。結構ジューシーでおいしいです。

また、飴色の玉ねぎも効果的で、つゆの甘みとともに、口に入れた時の甘みがかなり強いです。また、甘ったるい香りでも牛丼らしさを再現しており、牛謎肉に負けずに目立った存在でした。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「カップヌードル 謎肉牛丼」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
昨年12月に発売された謎肉牛丼と味はほとんど同じでしたが、引き続き適度に甘いつゆに牛の旨みが広がり、玉ねぎの風味が効果的な牛丼味に仕上がっており、「謎肉丼」とはまた違う魅力がありました。具の牛謎肉と飴色の玉ねぎも素晴らしいです。今後、「謎肉丼」と並ぶ年1回の大きな柱として成長していってほしいですね。

大豆ミート1kgとか、かなり食い手がありそうですね。謎肉だけでお腹いっぱいになるとか一度やってみたいもんです。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加