このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 麺づくり 旨辛豚骨」と「マルちゃん 麺づくり 旨辛鶏白湯」を食べてレビューしていきます。



「麺づくり 旨辛豚骨」と「麺づくり 旨辛鶏白湯」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「麺づくり 旨辛豚骨」と「麺づくり 旨辛鶏白湯」。2021年4月5日発売の、「マルちゃん 麺づくり」シリーズの新商品です。「旨辛」という共通項をもたせた2品となっています。

「麺づくり」新商品は「旨辛豚骨」と「旨辛鶏白湯」


「麺づくり」シリーズは、ノンフライカップ麺売上ナンバーワンのカップ麺シリーズです。安価ノンフライカップ麺のナンバーワンブランドとして長く君臨していますが、以前は個人的にライバルの「日清麺職人」シリーズの方がおいしいと感じていましたが、ここ数年は「麺職人」シリーズが主婦向けに舵を切ってヘルシー方面まっしぐらなのに対し、「麺づくり」は麺を改良して本当においしいシリーズに生まれ変わった印象です。

一番最近発売された「麺づくり」シリーズは、「マルちゃん 麺づくり 濃厚煮干し醤油」と「マルちゃん 麺づくり 山椒香る旨味塩」の2種でした。最近は2種類同時に発売されるイメージですね。どちらの抜群の麺のおいしさが引っ張る形でおいしさを持ち上げ、とてもおいしい商品でした。

ノンフライカップ麺定番の「麺づくり」新商品「濃厚煮干し醤油」と「山椒香る旨味塩」を実食レビュー!

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 麺づくり 濃厚煮干し醤油」と「マルちゃん 麺づくり 山椒香る旨味塩」を食べてレビューしていきます。「麺づくり 濃厚煮干し醤油」と「麺づくり 山椒香る旨味塩」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「麺づくり 濃厚煮干し醤油」と「麺づくり 山椒香る旨味塩」。2021年2月15日発売の、「マルちゃん 麺づくり」シリーズの新商品です。中太麺使用の...



内容物、価格、購入額など




左が「旨辛豚骨」で右が「旨辛鶏白湯」。どちらも別添袋は3つ。「粉末スープ」が先入れか後入れか、かたや「特製油」、かたや「液体スープ」という違いがあります。



左の「旨辛豚骨」に先入れの「粉末スープ」と「かやく」を、右の「旨辛鶏白湯」には先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。具の豊富さは「旨辛豚骨」がやや上でしょうか。

品名麺づくり 旨辛豚骨
麺づくり 旨辛鶏白湯
メーカー東洋水産
発売日2021年4月5日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ旨辛豚骨:3袋(粉末スープ・かやく・調味油)
旨辛鶏白湯:3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価税別193円
取得価格税別98円(イオン)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分旨辛豚骨
88g(めん65g)
旨辛鶏白湯
96g(めん65g)
エネルギー344kcal330kcal
∟めん・かやく∟268kcal∟239kcal
∟スープ∟76kcal∟91kcal
たんぱく質10.7g10.8g
脂質10.0g7.5g
炭水化物52.9g54.7g
食塩相当量5.4g6.5g
∟めん・かやく∟1.3g∟1.7g
∟スープ∟4.1g∟4.8g
ビタミンB10.23mg1.60mg
ビタミンB20.30mg0.28mg
カルシウム352mg163mg

どちらも麺量65g。全体カロリーは旨辛豚骨が高いですが、スープカロリーは旨辛鶏白湯が上回っています。

  • 原材料
・麺づくり 旨辛豚骨

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、卵粉)、添付調味料(ポークエキス、植物油、食塩、豚脂、香辛料、香味油脂、砂糖、酵母エキス、たん白加水分解物)、かやく(ごま、味付挽肉、きくらげ、ねぎ)/調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、かんすい、炭酸カルシウム、乳化剤、加工でん粉、pH調整剤、カラメル色素、パプリカ色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


・麺づくり 旨辛鶏白湯

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、卵粉、たん白加水分解物)、添付調味料(チキンエキス、植物油、しょうゆ、砂糖、豚脂、香辛料、たん白加水分解物、食塩、鶏脂、粉末野菜、魚介エキス)、かやく(味付鶏挽肉、チンゲン菜)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、酒精、炭酸カルシウム、かんすい、レシチン、カラメル色素、クチナシ色素、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)


上は豚で下は鶏ですね。



東洋水産 「マルちゃん 麺づくり 旨辛豚骨」




まずは「麺づくり 旨辛豚骨」から。レギュラー商品でも「旨コク豚骨」というフレーバーがありますが、それとは別に今回登場した「旨辛豚骨」。どんな違いがあるのでしょうか。





唐辛子や花椒を利かせたまろやかな旨辛豚骨味に、スープひきたつ“新”「つるシコ」ノンフライ極細麺。


とんこつベースに唐辛子や花椒を加えてほのかに刺激を加えたスープです。レギュラー商品の「旨コク豚骨」に比べるととんこつ感は弱めで、ピリ辛程度に辛味を加えることで、変化球的なとんこつスープとなっています。基本的には強い主張はなく、麺を立てるスープと言えそうです。



麺は新開発の「ツルシコ新極細麺」とのことですが、色味こそ白いですが、細麺~中細麺程度で縮れがついていて、しかもとんこつらしい低加水麺に比べるとだいぶ弾力があります。色が違うだけで、これまでの「麺づくり」の中細麺とそれほど大きな違いはなさそうです。

とんこつラーメンとしては微妙ですが、スープとの相性は良く、スープが控えめなことで麺の甘みが際立っており、麺のおいしさが十分に感じられる組み合わせでした。



東洋水産 「マルちゃん 麺づくり 旨辛鶏白湯」




続いては「麺づくり 旨辛鶏白湯」。昨年2020年4月にも同名商品が発売されており、「旨辛酸辣湯麺」と同時発売でした。栄養成分派が昨年発売のものと同じなので、おそらく中身も昨年と同じと思われます。





唐辛子を利かせたクリーミーな旨辛鶏白湯スープに、つるっとコシのあるノンフライ中太麺。


とろみのついた鶏白湯スープで、ピリ辛の唐辛子の辛味を効かせています。鶏の旨みがしっかり太く、加えて、野菜界の甘みも感じられます。とろみが強いことで麺との絡みが良く、スープを濃く感じさせるものがありました。先ほどの「旨辛豚骨」よりもだいぶ味が強いです。

辛味はピリ辛程度で、まったり甘い鶏白湯スープの中にあっては結構存在感がありました。確かに「旨辛」と言って良さそうです。



麺は中太麺とのことですが、「麺づくり」シリーズはいつも中太麺とは言っても実際は中細麺程度で、今回「旨辛豚骨」は「極細麺」と書かれていますが、一切食べた感じでは細麺~中細麺程度の太さのため、正直太さに極細麺人中太麺ほどの違いはないように感じました。

つるみとしっとり食感を両立したノンフライ麺で、いつもの「麺づくり」同様にかなりおいしい麺です。「正麺カップ」に比べると多加水麺的な弾力やつるみは穏やかで、より自然な食感な麺だと感じまれました。この麺大好きです。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 麺づくり 旨辛豚骨」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
  • 東洋水産 「マルちゃん 麺づくり 旨辛鶏白湯」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

「旨辛」と冠された「旨辛豚骨」と「旨辛鶏白湯」の2商品でしたが、どちらもおいしい麺をしっかり立てるスープが特徴的。中では「鶏白湯」のスープの旨みの太さが際立っており、おいしいスープだと感じました。どちらを選んでも間違いないデキですが、優劣をつけるなら「旨辛鶏白湯」をオススメします。昨年は★4つけましたが、今年は同じ中身でも★5に変更しました。

「麺づくり」の安定の塩味。「マルちゃん 麺づくり 鶏だし塩」。ド定番です。この価格帯では抜きん出た麺の本格感で、麺もスープも本格的なおいしさを楽しめる商品です。




ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加