このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 塩糀まろやかトマト味」を食べてレビューしていきます。



「日清麺職人 塩糀まろやかトマト味」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 塩糀まろやかトマト味」。2021年3月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。なんとも洒落な佇まいの一杯が登場です。



「日清麺職人」新商品は「塩糀」と「トマト」


「日清麺職人」といえば、大ヒット「マルちゃん麺づくり」に対抗して登場した、ミドル価格帯ノンフライカップ麺の大定番シリーズです。以前は「麺づくり」シリーズとしのぎを削りつつ本格感を纏った商品が多く登場していましたが、最近はその分野は上の価格帯の「日清ラ王」や「マルちゃん正麺カップ」シリーズが主戦場となり、「麺職人」は主婦層をターゲットにしたヘルシー志向に切り替わっています。「麺づくり」はまだまだ本格志向で頑張ってますけどね。

ヘルシー志向に舵を切った「麺職人」シリーズでは、ヘルシーなイメージのあるトマトをよく用いています。2018年6月に発売された「日清麺職人 トマト味」は、トマトとバジルを効かせたイタリアン風味で、どストライクにトマト味の麺職人でした。

トマトをアレンジした「日清麺職人」の新作!日清食品 「日清麺職人 トマト味」

女性に人気のトマト味にアレンジした「日清麺職人」の新商品今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 トマト味」。2018年6月11日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。「日清麺職人 コーンしおバター味」との同時発売となっています。今回は「トマト味」ということで、これから暑くなってくる夏らしい味となっています。「日清麺職人」シリーズはあっさり味のスープで麺の味を前に出してくるバランスのものが多く...



「日清麺職人」新商品は「塩糀」と「トマト」




女性を意識しているシリーズのためか、最近の「麺職人」シリーズはパッケージがやたらおしゃれなんですよね。見てくださいこのデザイン。キン肉マンや北斗の拳で育った世代の方は関係ない商品ですよ!と言わんばかり。こちとらプリキュアだって見てたんですけどね。「塩麹」じゃなくて「塩糀」なのも、なんだかおしゃれですよね。果たしてソルジャードリームを聴いて体が熱くなる私に、このおしゃれな味が理解できるのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は2つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。最近の「麺職人」としてはまずまずの具量でしょうか。

品名日清麺職人 塩糀まろやかトマト味
メーカー日清食品
発売日2021年3月22日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ・かやく)
定価税別193円
取得価格税込127円(コープ)

栄養成分表、原材料


1食90g(めん65g)あたり
エネルギー288kcal
∟めん・かやく∟259kcal
∟スープ∟29kcal
たん白質6.5g
脂質3.9g
炭水化物56.6g
食塩相当量5.4g
∟めん・かやく∟1.6g
∟スープ∟3.8g
ビタミンB10.29mg
ビタミンB20.42mg
カルシウム123mg



スープカロリー29kcalはすごく低いです。これまでにはさらに低い数値のものもありましたが、この低さを見るといかにも麺職人な感じがします。また、麺の原材料に「小麦全粒粉」と「小麦胚芽」が並ぶのも麺職人の特徴的なものとなっています。


スープ


スープは「"塩糀" でトマトと鶏のうまみを引き立たせた、まろやかな味わいのスープ」とのこと。

鶏ガラベースにトマトの酸味と塩糀を加えたさっぱり塩味のスープです。



トマトと塩糀で爽やかな塩味


  • 鶏ガラと鶏油は脇役
鶏ガラをベースに鶏油を浮かせた塩味で、澄んだ清湯スープとなっています。さすが、スープカロリーが29kcalしかないこともあり、鶏の旨みに厚みはなく、鶏油も少ないので、あっさり味のベースとなっています。ベースの弱さが奏功し、後述するトマトや塩糀を引き立てる構成となっています。鶏は完全に脇役。



  • トマトと塩糀でヨーグルトみたい


あっさり鶏の味のスープに、トマトの酸味と塩糀の独特な風味が加わることにより、なんともさっぱり爽やかな味となります。これはちょっとヨーグルトっぽいんですかね。「塩糀」が流行っているのは聞きますが、まさかここまで爽やかな風を吹かすとは思いませんでした。なんだか、「麺職人」のシリーズコンセプトにピッタリの味でおいしいです。



麺は「全粒粉入りのノンフライ中細ストレート麺」とのこと。

湯戻し時間4分の、全粒粉や小麦胚芽の入った中細ストレートのノンフライ麺です。



全粒粉入りの中細ノンフライ麺


中細でストレート形状のノンフライ麺です。全粒粉や小麦胚芽が練り込まれており、麺からは黒っぽい粒が視認できます。甘みが強くて小麦感があり、これはおそらく全粒粉や小麦胚芽が影響しているものと思われます。

麺表面につるみがある多加水麺食感の麺で、ライバル「麺づくり」の麺よりも多加水麺感が強いように思います。以前はゴリゴリ麺だった「麺づくり」の方が多加水麺っぽかったんですけどね。麺表面につるみがありながら、食感はしっとりしており、質感が上品な麺でした。




具は「かきたま、赤ピーマン、ネギ」とのこと。



具は色味鮮やか


かきたま、赤ピーマン、ネギが入っていて、色味の良さに注力した具と思われます。色鮮やかできれいな反面、ボリューム的には存在感はほとんどなく、最近の「麺職人」全般の傾向を踏襲しています。もう「麺職人」シリーズは本当、見た目以外の部分で具に対してこだわりはないように思います。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清麺職人 塩糀まろやかトマト味」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
トマトと塩糀で、ちょっとヨーグルトを思わせるような爽やかな味わいとなり、爽やかな風が吹いていました。キン肉マン世代の私でも十分おいしく感じられたのはさすがです。いつもの麺職人通り、具はしょぼいものの、スープのおいしさ、麺のデキはお見事で、安価ながらよくできている一杯でした。

Amazonではこの塩糀が売れているようです。味噌のマルコメ製です。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加