このページでは、明星食品のカップ麺、「明星麺神カップ 極旨魚介醤油 / 極旨辛豚味噌」を食べてレビューしていきます。



「明星麺神カップ 極旨魚介醤油 / 極旨辛豚味噌」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、明星食品の「明星 麺神カップ 極旨魚介醤油」と「明星 麺神カップ 極旨辛豚味噌」。2021年3月15日発売の新商品です。明星食品が大々的に売り出している「麺神」シリーズのうち、カップ麺の商品です。「魚介醤油」はリニューアル、「辛豚味噌」は新登場となっています。



明星食品肝いりの「麺神」シリーズ新商品


「麺神」(めがみ)は、家庭でお店品質のラーメンが味わえるシリーズで、袋麺2種、カップ麺2種がラインナップされています。今回食べていくのはカップ麺の「極旨 魚介豚骨」と「極旨 辛豚味噌」の2種類で、前者は「明星 麺神カップ 神太麺×旨 醤油」のリニューアル、後者は新登場の商品となっています。

2020年10月発売の「明星 麺神カップ 神太麺×旨 醤油」。魚介とんこつしょうゆ味の一杯で、商品名は違いますが、今回の「極旨 魚介醤油」はこの商品のリニューアルバージョンとなっています。

新シリーズ「麺神」のタテ型本格カップ麺登場!「明星 麺神カップ 神太麺×旨 醤油」を実食レビュー

このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 麺神カップ 神太麺×旨 醤油」を食べてレビューしていきます。「明星 麺神カップ 神太麺×旨 醤油」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、明星食品の「明星 麺神カップ 神太麺×旨 醤油」。2020年10月5日発売の新シリーズ「明星 麺神」の新商品です。特設サイトも作られて鳴り物入りで登場。どんな一杯なのか気になるところです新シリーズ「明星 麺神」誕...



一方の「極旨辛豚味噌」は新商品ですが、以前は「明星 麺神カップ 神太麺×旨 味噌」という商品が出ており、今回と同じくみそラーメンでした。

新シリーズ「麺神」カップ麺から味噌味登場!「明星 麺神カップ 神太麺×旨 味噌」を実食レビュー

このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 麺神カップ 神太麺×旨 味噌」を食べてレビューしていきます。「明星 麺神カップ 神太麺×旨 味噌」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、明星食品の「明星 麺神カップ 神太麺×旨 味噌」。2020年11月9日発売の新シリーズ「明星 麺神」の新商品です。先月鳴り物入りで登場した「明星 麺神」シリーズですが、袋麺2種とカップ麺1種が発売され、今回、袋麺ではすでに発売...

明星食品といえば「ぶぶか」が来週リニューアルされます。



内容物、価格、購入額など




左が「魚介醤油」で右が「と「辛豚味噌」。どちらも別添袋として「神旨の一滴」が入っていますが、味は違うようです。

品名明星麺神カップ 極旨魚介醤油
明星麺神カップ 極旨辛豚味噌
メーカー明星食品
発売日2021年3月15日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(神旨の一滴)
定価税別230円
取得価格税別230円(セイコーマート)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分極旨魚介醤油
96g(めん70g)
極旨辛豚味噌
103g(めん70g)
エネルギー379kcal397kcal
∟めん・かやく∟301kcal∟298kcal
∟スープ∟78kcal∟99kcal
たんぱく質8.8g8.6g
脂質9.8g8.6g
炭水化物64.0g71.3g
食塩相当量6.5g6.6g
∟めん・かやく∟2.5g∟2.9g
∟スープ∟4.0g∟3.7g
ビタミンB10.28mg0.34mg
ビタミンB20.36mg0.39mg
カルシウム157mg168mg

全体的に「辛豚味噌」の方が栄養成分の数値は高めです。

  • 原材料
・極旨魚介醤油
めん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、植物性たん白、酵母エキス)、スープ(デキストリン、しょうゆ、ポークエキス、豚脂、食塩、たん白加水分解物、糖類、香味油、にぼし粉末、香味調味料、香辛料)、かやく(チャーシュー、背脂加工品、メンマ、ねぎ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、香料、炭酸カルシウム、かんすい、微粒二酸化ケイ素、乳化剤、卵殻カルシウム、カロチノイド色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・いか・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

・極旨辛豚味噌
めん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、植物性たん白、酵母エキス)、スープ(豚脂、みそ、でん粉、糖類、食塩、香辛料、大豆加工品、香味調味料、たん白加水分解物、酵母エキス、ポークエキス、香味油)、かやく(キャベツ、白菜キムチ、もやし、ニラ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、炭酸マグネシウム、増粘多糖類、カラメル色素、香料、卵殻カルシウム、香辛料抽出物、カロチノイド色素、乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)



両者に共通で入っている麺




熱湯5分、極太なのに締まりのある、まるでラーメン店で食べるような食感の麺です。


極太で縮れの強いノンフライ麺で、もちもち感が特徴。かなり小麦感の強い麺となっています。このもちもちぶり、中身が詰まった食感は確かにカップ麺離れしています。「ラーメン店で食べるような食感」というのが具体的にどういうお店なのかはわかりませんが、結構ヘビーな重さで、「魚介醤油」と「辛豚味噌」ともども濃いスープとの相性が抜群でした。

ただ、同じく明星食品が手掛けるセブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」の麺と似ている印象で、目新しさはそれほどないようにも感じました。しかも「とみ田」カップ麺の方が安いんですよね。目新しくはありませんが、麺は「麺神カップ」の肝です。


明星食品 「明星麺神カップ 極旨魚介醤油」




まずは「明星麺神カップ 極旨魚介醤油」。こちらはリニューアル商品で、以前の商品名からより実態を表す「魚介醤油」に変更になりました。紫のパッケージで「麺神カップ」シリーズの根幹となる商品となっています。



甘くて濃い魚介とんこつしょうゆスープ




超極太なのに締まりがあるラーメン店の様な超極太麺。豚の旨みに煮干しのだしのきいた、麺によく絡む極旨魚介醤油スープ。具材は直火焼きチャーシュー、メンマ、ネギ、背脂加工品の組合せです。




甘みの強い魚介とんこつしょうゆ味のスープに、表面に豚脂、背脂を浮かせています。甘みの強さ、そして魚介のエッジ、さらには具として入っている直火焼きチャーシューの香ばしさが相まって、濃厚こってり且つ香ばしい風味も重ねられたスープに仕上がっていました。

以前の味を基本的には踏襲していますが、ややスープに粘度が増すとともに、甘みも増強されている印象を受けました。よりこってりに振られており、同時に、麺人の一体感を高めたという今回のリニューアルポイントを多少実感できるスープだと感じました。「豚」と入っているのはもう一方の商品でしたが、こっちの背脂、豚脂の分厚さも、スープに甘みを強く感じさせる大きな要因になっていそうです。



明星食品 「明星麺神カップ 極旨辛豚味噌」




続いて、「明星麺神カップ 極旨辛豚味噌」。以前まであったみそ味に代わり、今回ラインナップに加わりました。なんと辛さレベル「5/5」。数値上は激辛ということになっています。本格的な一杯なのでもちろん味の完成度に期待なのですが、どれだけ辛いのかも楽しみですね!

しっかり辛くてしっかり豚の味がするみそ味スープ




超極太なのに締まりがあるラーメン店の様な超極太麺。豚の旨みに唐辛子・ラー油で辛みをつけた濃厚なコクと辛みのきいた極旨辛味噌スープ。具材はキャベツ、キムチ、もやし、ニラの組合せです。




豚脂など豚の旨みが強く感じられるみそ味のスープで、唐辛子やラー油で強めの辛味を効かせ、ニンニクやキムチの味でアクセントをつけています。味の構成的に、「豚キムチ」的な味なのかなと思いましたが、それにしては豚の旨みと唐辛子やラー油の辛味が飛び抜けている印象です。これだけ辛くても、豚の旨みが太く感じられるのがこのスープの最大の特徴です。

パッケージに「辛さレベル」が「5/5」と表示されており、数値上は激辛なんですが、食べた印象では激辛までは至っておらず。大辛レベルでしょうか。ただそれでも、麺やスープの本格感を売りにする「麺神」シリーズにおいてこれだけ辛味を強くすることはインパクト大で、前作の「味噌」がまったく辛いわけではなかったことを含め、結構衝撃の味でした。きちんと辛くて、きちんと豚の味がして、確かに「辛豚味噌」味でした。



オススメ度(標準は3です)


  • 明星食品 「明星麺神カップ 極旨魚介醤油」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
  • 明星食品 「明星麺神カップ 極旨辛豚味噌」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

「麺神カップ」の2商品でしたが、タテ型ながら本格感、そしてメーカーの力の入れっぷりがひしひしと伝わる商品でした。「極旨魚介醤油」は豚や魚介の中で甘みが際立ち、「極旨辛豚味噌」はしっかり豚の味がしてしっかり辛い、それぞれに良さがありました。特に「極旨辛豚味噌」の辛さと旨みを両立しているところに好感を持ちました。タテ型カップなのにちょっと高額で、コスパが良いとは言えませんが、おいしかったです。コンパクトカーの高級車みたいな感じでしょうか。

袋麺の「辛辛魚」。カップ麺の方が評判が良さそうですが、カップ麺は時期が来ると買えなくなってしまうので、代わりとしては良いかもしれません。まだドンキとかに行くと辛辛魚のカップ麺も売っているのを見かけます。




ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加