このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「すみれ 黒胡麻味噌」を食べてレビューしていきます。



セブンプレミアム「すみれ 黒胡麻味噌」はどんな商品?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 黒胡麻味噌」。製造は日清食品が担当。名店再現系の元祖のひとつとしておなじみ、セブンプレミアムゴールドのレギュラー「すみれ」ですが、今回はタテ型の変わり種カップ麺となっています。



「すみれ」は名店再現系カップ麺の元祖


「すみれ」は、北海道札幌市にある札幌みそラーメンの名店。札幌で最も有名なラーメン店なのは間違いありません。「すみれ」の名を飛躍的に広めて全国区にしたのは「新横浜ラーメン博物館」への出店で、出店した「すみれ」と「一風堂」はその後、日清食品&セブンイレブンから「日清名店仕込み」シリーズとしてカップ麺化され、名店再現系カップ麺の元祖とされています。

つい先日、2021年2月に、セブンプレミアムゴールドの「すみれ 札幌濃厚みそ」がリニューアル発売されました。20円ほど値上げされ、スープや麺の質は向上しましたが、一方で、具はちょっと退化した印象も受けました。「日清名店仕込み」の冠がなくなったこと、そしてついに税込300円まで上がったのが印象的でした。

リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺「すみれ 札幌濃厚味噌」をリニューアル前と食べ比べ!

このページでは、リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺、「すみれ 札幌濃厚味噌」をリニューアル前と食べ比べます。セブンプレミアム「すみれ 札幌濃厚みそ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 札幌濃厚みそ」製造は日清食品。名店再現系カップ麺の元祖がリニューアルして登場です。今回はリニューアルされた商品を、リニューアル前のものと比較しながらレビューしてい...



黒胡麻味噌




さて今回の味は、おそらくカップ麺オリジナルと思われる「黒胡麻味噌」。いつもの「札幌濃厚みそ」とはだいぶ違いそうです。黒いスープだと、「すみれ」はしょうゆラーメンも評判が良いのですが、こちらは残念ながらカップ麺化されていません。個人的には、すみれで食べたいのはチャーハンかしょうゆラーメンです。チャーハンはセブンプレミアムの冷凍食品で製品化されています。

カップ麺ブロガーがセブンの冷食「すみれチャーハン」を食べてみました!!

カップ麺ブログなのに「すみれ」の冷凍チャーハン食べますカップ麺のブログなのに先日冷凍ラーメンの「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」を食べたばかりですが、今回またもやカップ麺ではなく、今度は冷凍食品のチャーハンを食べます。セブンプレミアムの「すみれチャーハン」。製造はニチレイフーズ。2018年3月12日に発売された商品です。セブンで「すみれ」と言えば、先日リニューアル商品をレポしたセブンプレミアムゴールドの...

定番の「カップヌードル味噌」。アマゾンパントリーだとこんなに安いんですね。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「特製焙煎胡麻風味オイル」1袋。カップには麺とともに粉末やかやくが入っていますが、粉末黒いです。

品名すみれ 黒胡麻味噌
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2021年3月8日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(特製焙煎胡麻風味オイル)
定価税込224円
取得価格税込224円(セブンイレブン)

栄養成分表、原材料


1食101g(めん70g)あたり
エネルギー388kcal
∟めん・かやく∟283kcal
∟スープ∟105kcal
たん白質10.4g
脂質11.3g
炭水化物64.0g
∟糖質∟58.4g
∟食物繊維∟5.6g
食塩相当量7.0g
∟めん・かやく∟2.4g
∟スープ∟4.6g
ビタミンB10.37mg
ビタミンB20.47mg
カルシウム187mg



麺量は70gで、タテ型カップとしては普通と大盛の中間程度。スープカロリーが100kcal超えとは言え「すみれ」としては低く、脂質も11.3gはまったくすみれっぽくない低い数値となっています。


スープ


スープは「焙煎胡麻のコク際立つ黒濁濃厚味噌スープ」とのこと。

黒い粉末に黒い別添オイルで、真っ黒に仕上がったごまみそスープです。



真っ黒なみそ味スープ


  • 甘みが後を引くみそ味
真っ黒なみそ味のスープです。いつもの「すみれ」のみそラーメンなら、とんこつベースでラードが浮いたスープを思い浮かべますが、今回はとんこつ感はそれほどなく、みそも弱め。いつもの「すみれ」のパワーはまったくありません。 そして妙に後を引く甘みやとろみがついていて、これが今回の最大の魅力なのですが、これがごまかと思いきや、原材料を見るとそんなにごまが入っているわけではなく、ごまのコクも強くありません。片栗粉の原料でもある「でんぷん」、「糖類」、そして「小麦粉」あたりが入っているので、とろみや甘みの元になっているものと思われます。ごま強くしすぎるとそれはみそラーメンではなく担々麺ですよね。

  • スープは黒いが黒ごまの風味は強くない
スープ粉末が黒いので、それなりに黒ごまが入っていると思われますが(具のところで触れる)、セサミン的な風味はあまりなく、黒さだけが際立っていました。以前にもセブンプレミアムの商品で「黒ごまたくさん 担々麺」という商品が出ていましたが、今回のスープに比べると黒ごまの風味は強かったです。もちろんみそラーメンと担々麺の違いがあり、担々麺のほうが黒ごまが強くなるのは当たり前といえば当たり前です。



  • 特製焙煎胡麻風味オイル


別添の「特製焙煎胡麻風味オイル」には、黒ごまの入った真っ黒なオイルが入っています。確かに黒ごまの風味は感じられますが、豚脂の風味なども強く、黒ごまを使う理由は黒ごま風味をつけるというよりは、黒い色味の方が目的のようにも見えました。ただ、先ほど書いた甘みの強さがなんとも後を引くんですよね。



麺は、湯戻し時間5分の、中太で縮れのついたノンフライ麺です。札幌ラーメンの黄色いたまご麺が再現されています。



細めながら食感は再現性の高い黄色いノンフライ麺


中太で縮れのついたノンフライ麺です。タテ型カップながらノンフライ麺が使用されているのは、同じセブンプレミアムの「銘店紀行」(明星食品)と同様。札幌ラーメンを再現した黄色いたまご麺ですが、すみれの麺に比べてだいぶ細いです。

実際、レギュラー商品の「すみれ 札幌濃厚みそ」とは、太さも食感もまったく違っており、太さこそ本家の「濃厚みそ」の方が近いですが、食感は今回の方が近いのではないかと感じました。今のバージョンではなく、以前販売されていたリニューアル前の東洋水産「彩未」カップ麺と似ている麺のように感じました。

東洋水産 「マルちゃん 麺屋彩未 札幌味噌らーめん」

札幌ラーメンの王者「麺屋彩未」を再現した商品今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺屋彩未 札幌味噌らーめん」。2018年2月19日にリニューアル発売された商品で、このブログでもリニューアル前の商品を何度かレポしています。「麺屋彩未」は札幌でナンバーワンと言って差し支えないみそラーメンの名店で、連日行列ができる人気店です。もう長いこと札幌ラーメンの王者として君臨しています。有名店「すみれ」出身の店主...




具は、チンゲン菜、挽肉、ごま、赤ピーマンが入っています。



具はかなり物足りない


挽肉やチンゲン菜が入っていますが、これはかなり少ないです。上の写真、かなり寄っています。最も特徴的なのはすりごまで、もちろん黒い部分もあるのですが、すった時に剥がれてしまったのか、白いすりごまの方が多かったです。このすりごまが今回の一杯の中で最もごま感が強かったです。


オススメ度(標準は3です)


  • セブンプレミアム 「すみれ 黒胡麻味噌」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「すみれ」のパワフルなみそラーメンや、カップ麺の「すみれ」と比較すると、味や油のパワーが違いすぎるので、いつものすみれをイメージすると肩すかしを食う可能性が大です。また、過度に黒ごまの香ばしさを求めても、それはそれで色以外は満足できないかもしれません。具も少ないです。しかしながら、妙に後を引く甘みの強いみそ味、そして細いながら非常に秀逸なノンフライ麺は魅力で、この2つだけで十分おいしかったです。

このみそラーメン、信州愛が強すぎる名作だと思っています。「ニュータッチ 凄麺 信州味噌ラーメン」。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加