WBCのメンバーが発表になりましたね。ソフトバンクホークスの和田投手の落選は意外でしたが、4番に入る予定の稲葉選手は国際試合で結構打っているイメージがあるので、なんかやってくれそうな気がします。でも、シーズン中のファイターズでも4番を打ってるわけじゃないのに、国の代表チームで4番を打つって面白いと思います。そんな選手が、現役メジャーリーガーの福留選手や岩村選手を従えて主軸になるのは何とも痛快ですね。

今回のカップ麺は、先月に発売された寿がきや食品の「麺処 井の庄監修 辛辛魚らーめん」です。東京石神井の「麺処 井の庄」というお店の人気メニュー、「辛辛魚らーめん」を再現した商品です。この店は初めて知りましたが、他の方のブログでこの商品は結構多く紹介されていて、強烈に辛いカップ麺ということなのでかなり期待しています。





スープは、見事に真っ赤な色で、唐辛子の辛さと魚粉の香りが前面に出た強烈な味です。思ったほど辛くはなかったですが、それでもカップ麺としてはトップレベルの辛さだと思います。でもそれよりも、唐辛子の旨み(苦味)をしっかり舌の横で感じられ、とても上質な辛さだと思います。魚粉や唐辛子の主張が強いのでしょうがない部分もありますが、できることならベースにあるとんこつの旨みももっと感じたかったですかね。

麺は、全粒粉を使っているという平打ちで太いノンフライ麺。辛いし赤いしで、全粒粉を使っているのはあまりわかりませんでしたが、加水が多く歯応えがあってなかなかおいしい麺でした。でも、このスープは加水が少なくてしっとりした丸い麺で食べたかったですね。店の麺も丸いようですし、なんでこんな形の麺にしたのかイマイチ意味がわかりませんでした。

具は、ネギ、焦がしネギ、焼海苔。いつもの寿がきや食品と同じように物足りない具でしたが、今回はスープが賑やかだったので具の不足はあまり気にならなかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
舌の横に感じる苦味が絶品の、かなりレベルの高いスープでした。辛いだけではなく、魚介粉の味を強く感じることで奥深さもありました。ベースのとんこつの存在もしっかり感じられればなお良かったですね。今後もこういう個性のあるカップ麺がたくさん出てくると面白いなと思いました。

品名:麺処 井の庄監修 辛辛魚らーめん
メーカー:寿がきや食品
発売日:2009年1月26日(月)
カロリー:448kcal
麺種類:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(後入れかやく入スープ・粉末スープの素・スープの素・焼のり)
定価:税抜265円
取得価格:調達本部長調達品につき不明


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加