このページでは、サンヨー食品のカップラーメン、「麺屋さくら井監修 地鶏醤油味らぁ麺」を食べてレビューしていきます。



「麺屋さくら井監修 地鶏醤油味らぁ麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「麺屋さくら井監修 地鶏醤油味らぁ麺」。2021年2月8日発売の新商品です。東京三鷹にある「麺屋さくら井」監修のタテ型カップ麺となっています。



「麺屋さくら井」は三鷹の人気ラーメン店


「麺屋さくら井」は東京三鷹にある人気ラーメン店。界隈にはラーメン店が多いですが、なかでもいちにを争う人気店として知られています。お店の看板メニューは「らぁ麺(醤油)」で、ふんだんに鶏を使った鶏だしの淡麗スープが特徴となっています。

三鷹のラーメン店では、2020年10月に「スタミナ満点らーめん すず鬼」の味を再現したカップ麺、「明星 スタミナ満点らーめんすず鬼監修 スタ満ソバ」が発売されていました。今回の淡麗スープとはまったくキャラの異なるがっつりスタミナ系の一杯でした。

大人気スタミナ系ラーメンをカップ麺で再現!「明星 スタミナ満点らーめんすず鬼監修 スタ満ソバ」を実食レビュー

このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 スタミナ満点らーめんすず鬼監修 スタ満ソバ」を食べてレビューしていきます。「明星 スタミナ満点らーめんすず鬼監修 スタ満ソバ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、明星食品の「明星 スタミナ満点らーめんすず鬼監修 スタ満ソバ」。2020年10月26日発売の新商品。東京三鷹にあるスタミナラーメンのお店、「スタミナ満点らーめん すず鬼」監修による、お店の看...



「地鶏」を強調




今回の商品名は「地鶏醤油らぁ麺」で、お店の料理名に「地鶏」とは入っていないものの、「地鶏」を強調してくるあたり、相当な鶏の分厚さだと思われます。これは楽しみですね。果たしてどんな一杯なのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「仕上げの小袋」1つ。

品名麺屋さくら井監修 地鶏醤油味らぁ麺
メーカーサンヨー食品
発売日2021年2月15日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(仕上げの小袋)
定価税別220円
取得価格税別168円(ドン・キホーテ)

栄養成分表


1食91g(めん70g)あたり
エネルギー405kcal
∟めん・かやく∟314kcal
∟スープ∟91kcal
たん白質10.7g
脂質16.5g
炭水化物53.5g
食塩相当量5.9g
∟めん・かやく∟1.9g
∟スープ∟4.0g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.58mg
カルシウム228mg



麺量は70g。商品名に「地鶏」と入っていますが、原材料の「スープ」でトップに来ているのは「豚脂」です。


スープ


スープは「チキンのうまみをベースに昆布や椎茸をバランスよく配合した、鶏脂の風味豊かな醤油味スープ」で、「福岡県産はかた地どり使用」とのこと。

スープ表面に油脂を浮かせた、鶏ガラベースのしょうゆ味のスープです。しょうゆ色が濃くて澄んだ淡麗スープを再現しています。



確かにフライドチキン味のスープ


  • マイルドなしょうゆ味
鶏ガラベースのしょうゆ味のスープで、油脂が表面に浮いています。濃いしょうゆ色の澄んだスープで、いかにも濃いしょうゆ味という感じですが、実際は塩気がまろやかで丸みが強く、色から感じるイメージとはだいぶ異なった印象です。食塩相当量5.9gからイメージされる塩気よりもだいぶマイルドに感じられました。鶏の影響かもしれませんね。

  • 「はかた地鶏」を使用した鶏ガラ
「福岡県産はかた地どり」を使用したという鶏だしはかなり強く感じられます。実際のお店でも「はかた地鶏」の鶏ガラが使用されており、カップ麺で地鶏の銘柄までしっかり再現しているのはすごいことです。また、お店では大山鶏の丸鶏も使用されているようですが、こちらについては今回触れられていませんでした。とはいえ、はかた地鶏だけでもすごいですよね。



  • 油脂がたくさん浮いている


濃いしょうゆ色のスープの表面に、油脂がたくさん浮いています。原材料を見るとトップに「豚脂」が来ていることから、「地鶏醤油味」とは言っても主成分は鶏油ではないようですが、それでも香りは断然鶏油が強く、むしろ鶏ガラより鶏油が主役まであるレベル。まったりした甘みが全開です。

しょうゆの塩気が強くないことも鶏の強さを際立たせており、鶏油と鶏ガラが完全に主役のスープでした。鶏の丸みを昆布だしなどが増幅しています。



麺は「しっかりとした噛み応えのあるストレート細めん」とのこと。

湯戻し時間3分の、細めでストレート形状の油揚げ麺です。



細めでかため食感の油揚げ麺


細めでストレート形状の油揚げ麺です。「細麺」と言い切ってしまうほどは細くない気もしますが、油揚げ麺としてはかなりの細さです。細めの麺だとどうしても伸びやすくなることろですが、今回の麺は細めながらしっかりしたかためで、加えて歯切れの良さを感じる低加水気味の食感だと感じました。同じサンヨー食品でも「サッポロ一番 塩らーめん」のソフトな麺とはまったく別物です。

お店の麺は低加水の細麺でストレート形状。お店で食べたことがないので何とも言えませんが、見た目の雰囲気は結構掴めているのではないかと感じました。中華そばの雰囲気がしっかり出ています。




具は「チャーシュー、メンマ、ねぎの組み合わせ」とのこと。

チャーシューチップ、メンマ、ねぎが入っています。



具は少ない


チャーシューチップ、メンマ、ねぎが入っていますが、いずれも量は少なめで、定価税別220円の商品としては物足りないです。この商品に限らず、サンヨー食品の商品はスープや麺の品質が高い一方で、麺量や具量が弱いことが多く、今回もその傾向は同じでした。今回はスープのデキが良いので、具が多少弱くても気にならないかもしれません。


オススメ度(標準は3です)


  • サンヨー食品 「麺屋さくら井監修 地鶏醤油味らぁ麺」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
澄んだしょうゆ色で濃い色の割に丸みがあり、塩気の弱さが鶏ガラや鶏油の甘みを引き立てていました。このスープは本当においしいかったです。かためで中華そば然とした麺と相性も抜群。具には多少の物足りなさがありましたが、このスープだけで食べる価値があります。いやこのスープは本当衝撃です。

今週発売のカップ麺でも、今回と同じく淡麗しょうゆのものが登場します。「日清×食べログ 百名店 櫻井中華そば店 淡麗醤油中華そば」。今回のスープとどちらがおいしいでしょうか。ってか、今回は三鷹の「さくら井」ですが、このカップ麺は横浜の「櫻井中華そば店」。どっちも淡麗しょうゆで「さくらい」なんですよね。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加