このページでは、牛丼チェーン「松屋」の期間限定メニュー、「シュクメルリ鍋定食」を食べてレビューしていきます。



松屋の「シュクメルリ鍋定食」はどんなメニュー?


今回はカップ麺ではなく、牛丼チェーン「松屋」の期間限定メニュー、「シュクメルリ鍋定食」を食べます。昨年2020年1月に発売されて大好評だったメニューで、昨年6月末に行われた「第2回松屋復刻メニュー総選挙」で第1位に輝いたことにより、今週1月19日から復刻発売されました。待ち望んでいた方も多いのではないかと思います。私は昨年食べたいと思いながらも出不精が響き、未食のまま終わりました。

シュクメルリ」とは、東ヨーロッパもしくは西アジアに位置するジョージアの郷土料理で、「鶏肉をガーリッククリームソースで煮込んだ」ものとのこと。平たくいうと鶏のクリーム煮ですが、ガーリックやチーズが入っているのが大きな特徴となっています。一部では、「世界一にんにくをおいしく食べるための料理」とも称されています。

今週18日に、復刻に合わせてカップ麺化もされました。日清食品から発売された「松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル」。「世界1にんにくをおいしく食べるための料理」というほどのパワーは感じませんでしたが、鶏ベースのクリームスープににんにくを効かせた味は食が進み、今回の松屋の本家メニューの味が気になってしまう一杯でした。

松屋×日清食品の強力コラボ!「松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップ麺、「松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル」を食べてレビューしていきます。「松屋監修 シュクメルリ鍋風ヌードル」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル」。2021年1月18日発売の新商品です。牛丼チェーンの「松屋」と日清食品が...



テイクアウト、ごはん特盛、チーズ増量!




今回、「鍋」とついている料理なので、お店で鍋をつつく方が断然おいしいのではないかと思いましたが、このご時勢でテイクアウト需要が高いと思い、私自身もテイクアウトで食べたいと思ったので、今回は持ち帰って家で温めて食べることにしました。お店もしっかり対策をとっているように見えました。テイクアウト可能なメニューではありますが、帰り道車の中がにんにくの臭いで充満してしまったので、オフィスなどで食べる際はそれなりにまわりに匂いを振りまいてしまうことは覚悟しなければなりません。

今回注文したのは「シュクメルリ鍋定食」(税込790円)で、お店だとサラダと味噌汁が付きますが、テイクアウトの場合は味噌汁は付きません。味噌汁とサラダのつかない「ライスセット」(税込730円)や、おかず単品(税込590円)も選べるようです。また、カップ麺のフタ裏に付いていたクーポンを使って、チーズ増量を無料にしました。これがなかなか厄介で、QRコードをお店の券売機に読み込ませるのですが、この行程があるために、「松弁ネット」の予約や、ドライブスルーが使えなかったのは残念でした。もう一配慮欲しかったところではあります。

そして、2021年2月2日(火)午前10時まで、ライス大盛を無料サービスとのことだったので、ライス大盛を注文しましたが、券を店員さんに出した時に、特盛も無料でできると言われたので、ライス特盛となりました。ちょっとごはんとおかずのバランスが心配ではあります。サラダのドレッシングは「胡麻」を選択。



チーズ増量分はカップに入っている




「チーズ増量」分は、別カップに入っていました。2種類の細かく切ったチーズが入っています。レンジで温める際、これを入れてから温めるのか、後で入れるか悩みましたが、味変を楽しみたいので、今回入れないで温めることにしました。



「シュクメルリ鍋定食」実食!




それでは早速食べていきたいと思います。見た目は完全にやさしいシチューですが、にんにくの匂いが猛威を奮っており、まったくやさしくはありません。

まずは増量チーズを入れないで食べてみる


  • 表面にたっぷりの油脂が浮き、かなり高カロリーそう


まず普通のシチューであまり見かけないものとして、表面にたっぷり油が浮いています。これはかなり高カロリーそうな見た目。黄色い油脂なので鶏油でしょうかね。鶏肉から出たのか、別に加えたのかはわかりません。実際、単品で612kcal、定食だと1056kcalとのことで、他のメニューに比べて特別カロリーが高わけではありません。自炊やコンビニごはんに比べるとすごいカロリーですけどね。テイクアウトとは言え外食なので。



  • 鶏肉がたくさん入っている


基本的に、シチューというよりは鶏肉の煮込みで、かなりたくさん鶏肉が入っています。結構豪勢な肉量で食べ応え十分。牛丼よりもずっと高額なメニューですが、この肉の量を見るとある程度納得できるのではないでしょうか。

他にはさつまいもが入っており、こちらは松屋オリジナルのアレンジとのこと。正直、私オサーンはさつまいもをごはんのおかずとして食べるのはあまり得意ではないので、食前の懸念材料でした。

  • 鶏を強烈なにんにくとクリームソースで食べる至福


事前にカップ麺を食べて、おそらく松屋で食べるとすごくおいしいだろうなというのは想像がつきました。でも実際食べてみて、ここまでおいしいのは想像外。大ぶりでやわらかい鶏肉を、強烈なガーリックとクリームソースで食べるこの感覚は、何とも表現し難い凄まじいインパクトで、一口目からとんでもなくおいしい。大げさかもしれませんが、何十年か生きてきた人生でもそう何度も味わったことのない衝撃でした。「世界一にんにくをおいしく食べるための料理」との触れ込みが決して大げさではないです。

にんにくと鶏肉のマッチングを基本線に、クリームソースのまろやかさが色を添える感じで、ごはんとの相性が抜群。松屋はこの料理を「世界一美味しい『日本のごはん』に合うように仕上げた」そうですが、確かにこのパンチ、この濃さは、パンよりもごはんと食べたい味だと感じました。もちろんパンとも合うのは間違いないです。



  • さつまいももおいしい!


そして個人的な懸念材料だったさつまいも。松屋オリジナルアレンジです。「ごはんと合う」と謳いながらさつまいもを入れるとはどういうことだ!と思いましたが、食べてみて納得。さつまいもがクリームとともににんにくの一気呵成の攻撃をうまく和らげており、甘みがアクセントとして効いていました。じゃがいもよりさつまいもの方がこの味に合うだろうなと納得。この組み合わせはよく練られています。


増量チーズを入れて食べてみる


  • 2種類のチーズが入っている


「増量チーズ」を入れない状態でもとんでもなくおいしくて、正直、「増量チーズ」は必要ないかなとも思いましたが、もともと入っているチーズが他のにんにくや鶏肉の旨み、そしてクリームソースに比べると存在感が弱かったので、増量して変化をつけてみます。チーズは2種類入っていて、おそらくゴーダとチェダーかなという感じですが、ゴーダはちょっと自信ありません。

  • 増量チーズは是が非でも注文するべき!!


チーズ増量しといてこんなこと言うのはおかしいですが、正直私オサーンは、チーズがそれほど大好きというわけではありません。今回、カップ麺のクーポンがあるので活用してみましたが、普段ならおそらくチーズ増量は注文しません。

でも食べてみて思いました。これは是が非でも増量チーズ注文するべきです。にんにくを効かせた鶏肉というのが基本線で、それにクリームソースが色を添えていると書きましたが、チーズもまた基本線に盛大に華を添えており、本当鮮やかな味になります。

「シュクメルリ」は世界一にんにくを美味しく食べる料理という触れ込みでしたが、ひょっとすると、チーズをも世界最強クラスに美味しく食べられる料理なのではないかとか感じました。



定食につくサラダ




「シュクメルリ鍋」は非常に美味でしたが、これだけだとほぼ野菜ゼロで、食べていて罪悪感も芽生えてきます。定食のサラダである必要もありませんが、何かしら野菜などを食べてバランスは取るべきだと思います。今回はサラダにはごまドレッシングを合わせました。


まとめ


  • 松屋 「シュクメルリ鍋定食」
「シュクメルリ鍋定食」、驚きのおいしさでした。ここまでの衝撃は本当久しぶりです。このご時勢下で、外食をまったくしてこなかったことも影響して、より強く衝撃を感じた面も否めませんが、本当驚きのおいしさで、800円程度でこんな幸せになれるのなら、本当何も言うことはありません。なかなかお店で食べることに抵抗がある人でも、テイクアウトもできるので、ぜひともおすすめしたいメニューでした。★はつけませんが、この絶賛ぶりでお察しくださいw

完全にジョージア違いですが、あの千葉名産??千葉の誇り、千葉の至宝とまで言われたあの名品、「ジョージア マックスコーヒー」がネットだと買えるんですね。千葉の空気のもとで飲むからこそ価値があるようにも思いますが、千葉を離れたチバニアンの方だと重宝しそうですね。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加