このページでは、東洋水産のカップそば、「マルちゃん 山菜乱切りそば」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 山菜乱切りそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 山菜乱切りそば」。2016年11月7日にリニューアル発売された商品なので、まったく新商品ではない上、北海道限定商品なので、ご覧のほとんどの方は食べることができない商品ですが、年越しそば選びの参考になればと思い食べてみたいと思います。



山菜+乱切り


山菜そばは比較的メジャーなそばの食べ方としてそば店で供されていますが、カップ麺では珍しい存在です。それでも以前だと、エースコックやヤマダイからも山菜の入ったカップそばが出ていましたが、最近は今回の商品以外見かけることがなくなってしまいました。それだけ山菜の入手が難しいのでしょうね。

この商品の歴史は古く、2006年には(北海道のみ先行で2005年)「田舎風山菜そば」という商品名で、山菜と太切りそばを組み合わせた商品が年末限定商品として出ていました。このブログでは、2008年に初めて食べていますが、当時は季節限定の全国発売商品でした。

東洋水産 「マルちゃん 乱切り山菜そば」

ジャイアンツが日本シリーズで負けちゃいました。でもしっかりと今後のジャイアンツの展望が開けたなかなか良いシーズンだったと思います。それにしても、ライオンズは良いチームだと思いましたね。シーズン中に活躍した大砲2人(GG佐藤とブラゼル)抜きで勝っちゃうんだからすごいですが、かえっていない方が良いチームに見えますね。大味ですが若手が軸になっている素晴らしいチームだったと思います。片岡選手にやられた印象で...



北海道限定商品




以前は季節限定ながら全国発売されていましたが、北海道限定商品となっています。北海道版の赤いきつねうどんや緑のたぬき天そばと同じく、つゆのだしに利尻昆布を使用しています。また、こちらも北海道版きつねたぬきと同じく、北海道小樽市の北海道工場で生産されています。一種の地産地消ですね。



内容物、価格、購入額など




別添袋は2袋。カップには麺の他のきざみ揚げが入っています。



別添袋2つはどちらも先入れで、かやくは山菜類の他に小えび天ぷらが入っています。

品名マルちゃん 山菜乱切りそば
メーカー東洋水産(北海道限定)
発売日2016年11月7日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(粉末スープ・かやく)
定価税別193円
取得価格税別158円(イオン)

栄養成分表、原材料


1食79g(めん65g)あたり
エネルギー350kcal
∟めん・かやく∟306kcal
∟スープ∟44kcal
たん白質9.9g
脂質14.4g
炭水化物45.1g
食塩相当量5.6g
∟めん・かやく∟2.0g
∟スープ∟3.6g
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.32mg
カルシウム142mg




つゆ


つゆは「鰹と利尻昆布のだしを利かせた濃口醤油ベースの旨いつゆ」とのこと。

鰹と昆布の和風だしのしょうゆ味つゆです。



利尻昆布を使用した濃口しょうゆ強めのつゆ


  • 鰹と利尻昆布の和風だし
鰹と昆布を効かせた和風だしのつゆです。利尻昆布を使用しているとのことですが、同じく利尻昆布を使用している「緑のたぬき 北海道」と比べると、昆布よりも鰹が強い印象でした。鰹だしのエッジが効いており、キリッとした味わいとなっています。



  • 濃口しょうゆ味


栄養成分を見ると、緑のたぬきの各地域バージョンに比べて食塩相当量が決して高いわけではないのですが、濃口しょうゆの香りが強く、しょうゆ感がしっかりしていました。スッキリしている印象を受けます。緑のたぬきのようなやわらかみのある味ではないですが、個人的には緑のたぬきのつゆよりもこちらの方が好みです。



麺は「太麺と細麺の乱切りタイプのそば」とのこと。

湯戻し時間5分の、縮れのしっかりついた油揚げ麺のおそばです。太さの違う麺を合わせた乱切り風。



2種の太さの麺を用いた乱切り風のそば


緑のたぬきそばに入っているのと同じくらいの太さの麺に加え、その麺を平打ちにした感じの幅広麺が組み合わされ、乱切り風に仕上げられています。乱切り風ですが、縮れが強いことも合わせて、田舎そばの雰囲気も漂わせます。いつもの緑のたぬきとは雰囲気が違っていて面白いです。

ただ、食感は緑のたぬきとそう大差がないように感じられ、ライバルの「どん兵衛天ぷらそば」の麺と比較するとちょっとやわらかい食感の麺となっています。原材料にある「とろろ芋」が作用しているものと思われます。




具は、きざみ揚げ、小えび天ぷら、ゼンマイ、椎茸、ワラビが入っています。



山菜、小えび天、きざみ揚げの組み合わせ


  • 充実の山菜類
ワラビ、ゼンマイ、椎茸の山菜類が入っています。ワラビやゼンマイは最近だとあまりカップ麺であまり見かけることのない珍しい存在。おそらく緑のがワラビで茶色のがゼンマイだと思われますが、あの山菜ごはんやおこわで感じる山菜の味が感動的なほどしっかり感じられます。また、椎茸も風味が目立っており、三者合わせて山菜が主役であることが納得の存在感でした。

  • 小えび天ときざみ揚げ
山菜だけでも十分なインパクトですが、その上に小えび天ときざみ揚げも入って具が充実しています。特に小えび天は風味の良さに加えて今回の一杯に足りないこってり要素も担っていました。山菜だけではないところはすごく良かったです。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 山菜乱切りそば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
北海道限定にしておくにはあまりにもったいない、山菜が充実した一杯でした。山菜としてワラビ、ゼンマイ、椎茸が入っている上、小えび天やきざみ揚げも入っていて具が充実。しょう油感の強いすっきりしたつゆに乱切り風のそばを組み合わせており、いくつも武器があるように感じました。

こんなのもあるんですね。数少ない自慢ですが、私オサーン、オセロが蜀の武将で言えば呉懿呉蘭雷同王平クラスには強いです。本当は将棋の方が好きなのですがあまり強くありません。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加