このページでは、東洋水産のカップ麺、「MARUCHAN QTTA クリームカレーチーズ味」を食べてレビューしていきます。



「MARUCHAN QTTA クリームカレーチーズ味」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「MARUCHAN QTTA クリームカレーチーズ味」。2020年11月23日発売の、「MARUCHAN QTTA」シリーズの新商品です。カレーのスパイス感と、クリーミーな甘さのバランスを両立した商品とのこと。



クリームカレーチーズ味とは???


「QTTA」シリーズでは以前、レギュラー味として「QTTA CURRYラーメン」が出ていましたが、現在はラインナップから消えています。また、定期的にカレー味の限定商品が登場しています。今回の商品は限定なのかレギュラーなのかはわかりませんが、スパイスの強さとチーズのまろやかさを両立させているとのことで、カップヌードルで言えば「欧風チーズカレー」とキャラクターが似ています。 下のリンクは、2018年3月発売の「QTTA CURRYラーメン」を「カップヌードル カレー」と比較した記事です。カップヌードルよりスパイス感が強調されており、個人的には好みな商品でした。

東洋水産 「MARUCHAN QTTA(クッタ) CURRYラーメン」を「カップヌードル カレー」と食べ比べ

「QTTA」と「カップヌードル」の「カレー味」対決今回のカップ麺は、東洋水産の「MARUCHAN QTTA(クッタ) CURRYラーメン」。「QTTA」シリーズの全面リニューアルに伴い、新たに登場した新商品となります。「カップヌードル」をライバルにしていることは明らかなシリーズで、今回はカップヌードルでも同じ味のあるカレー。当然そのあたりバキバキに意識した商品のはずで、今回は実際に「MARUCHAN QTTA(クッタ) CURRYラーメン」...

2020年7月発売の「MARUCHAN QTTA裏 チリペッパーカレー味」。スパイスと辛味の強さが本格的な本当においしい一杯でした。これをレギュラー化して欲しいくらいです。

「QTTA裏」の新メニュー「チリペッパーとんこつ味」と「チリペッパーカレー味」を食べてみた!

このページでは、東洋水産のカップ麺、「MARUCHAN QTTA裏 チリペッパーとんこつ味」と「MARUCHAN QTTA裏 チリペッパーカレー味」を食べてレビューしていきます。「QTTA裏」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「MARUCHAN QTTA裏 チリペッパーとんこつ味」と「MARUCHAN QTTA裏 チリペッパーカレー味」。2020年7月6日発売の、「MARUCHAN QTTA」シリーズの新商品です。裏メニュー的存在の「QTTA裏」第3...



パンに合う味




今回の一杯は、「パンに合う!」と書かれています。ごはんのおかずというよりはもっとライトな感じということしょうか。これまでのQTTAのカレー味はいずれもごはんと合うと感じていましたが、だいぶ傾向が違ってきているのかもしれません。これまでのQTTAカレー味の流れ通り、スパイスの効いた味に期待したいです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は入っていません。カップには大量のスープ粉末とともに、挽肉やチーズキューブ、玉ねぎなどが入っています。

品名MARUCHAN QTTA クリームカレーチーズ味
メーカー東洋水産
発売日2020年11月23日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税別193円
取得価格税別193円(イオン)

栄養成分表、原材料


1食83g(めん66g)あたり
エネルギー369kcal
∟めん・かやく∟315kcal
∟スープ∟54kcal
たん白質8.8g
脂質14.6g
炭水化物50.6g
食塩相当量3.4g
∟めん・かやく∟1.6g
∟スープ∟1.8g
ビタミンB12.21mg
ビタミンB20.28mg
カルシウム158mg



食塩相当量3.4gはこれまでのカレー系QTTAに比べてかなり低い数値となっています。ごはんよりもパンに合うのを強調する根拠かもしれませんね。


スープ


スープは「ビーフやたまねぎの旨味と甘味をベースにした、濃厚でクリーミーなまろやかカレー味スープ」とのこと。

ビーフベースのクリーミーなカレー味のスープです。



スパイス感とまろやかクリーミーな味を両立したカレー味スープ


  • スパイスがしっかり感じられるカレー味
ビーフベースに玉ねぎの風味、甘みを効かせたカレー味のスープです。辛さはピリ辛~中辛程度でそれほど辛いわけではないですが、これまでのQTTAで登場してきたいくつかのカレー味の商品と同様、スパイスをしっかり効かせています。今回のようなチーズやクリームといった、まろやか系マイルド系の味であってもしっかりスパイスを効かせてきているので、スパイスは「QTTA」の強いこだわりの部分なのでしょう。

食塩相当量は3.4gとかなり低めでしたが、スパイスがしっかり効いているため不足感はなく、絶妙な塩気でした。スパイスが入っていると減塩できるので、その効果をしっかり実感できるものになっていました。過不足なくちょうど良い塩気です。確かにパンとも合いそうだし、普通にごはんをぶっこんで食べたいおいしさでもありました。



  • スパイシー且つクリーミー


クリーム感も強く感じられ、商品名から想像できるマイルドな味となっています。クリーミングパウダーに加え、具のチーズも溶け出すことで、重厚感も生まれてきます。まろやかマイルドさを強調していますが、それでいてスパイシーなところが、今回のスープの大きな価値につながっているように思います。かなりよくできているスープでした。



麺は「『つやもち製法』によりなめらかで弾力のある、スープによく絡む麺」で、「ラードを使用した油で揚げ香ばしい風味をつけ」たとのこと。

湯戻し時間3分の、縮れのついた中太油揚げ麺です。



つやもち製法によるラードで揚げた中太油揚げ麺


「つやもち製法」によるつるみともちもち感のある中太油揚げ麺で、縮れもついています。カップヌードルの麺は細かく見ると色々他とは違うのですが、パッと見は他社製品も同じような形状で模倣されているので、なかなか麺単独で独自性というのは見出し難いところはあるのですが、「QTTA」の麺は他社では見られない独特な形状と食感で、大きな特徴となっています。

「つやもち製法」の他に、ラードで揚げることにより香ばしい風味も特徴となっています。この麺は香ばしさよりも、スープへのなじみの良さが大きな特製だと感じていて、太めの油揚げ麺なので本来ならもっと油揚げ麺臭が前面に出てきそうなところですが、きちんとスープになじんで油揚げ麺臭が前に出てきません。個人的にはつやもちの食感よりも、このスープになじみやすい特性の方が大きなメリットだと感じています。




具は「チーズ加工品、味付豚肉、たまねぎ、粗挽き唐辛子、パセリ」とのこと。

ダイス状のチーズ加工品と豚肉をメインに、玉ねぎ、唐辛子、パセリが入っています。



チーズ加工品、挽肉、玉ねぎなどの組み合わせ


ダイス状のチーズは結構大きめですが、湯戻しの段階でだいぶスープに溶け出してしまい、具としてはあまり多く残りません。具としてよりもスープとしての役割の方が大きそうです。オレンジの色味が強く、色も味もチェダーチーズっぽい感じがしましたが、実際本当にチェダーチーズが使われいるのかはわかりません。チェダーに擬態した別のチーズかもしれません

挽肉も大きめで、カップヌードルの謎肉よりもひとまわり大きいです。他には玉ねぎが入っていて、玉ねぎ独特の匂いが目立っていました。チーズが溶けてしまうので具の総量はカップヌードルほど多い感じはしませんが、不足感もなく食べることができました。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「MARUCHAN QTTA クリームカレーチーズ味」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
クリーミーでまろやかマイルドなのに、スパイシーでもある一杯。これはおいしかったです。これまでのQTTAのカレー系は一貫してスパイスを強めに効かせており、今回もその流れをしっかり踏襲していました。まろやかさとスパイス感の両立が新鮮なおいしい一杯でした。

カレー味のお菓子といえば、私は「亀田のカレーせん」推しです。ちょっと塩辛い気もするんですが、気づいたら1袋完食する勢いでぱくついています。恐ろしや。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加