このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 超大盛やきそば マヨネーズMAX」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング 超大盛やきそば マヨネーズMAX」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 超大盛やきそば マヨネーズMAX」。2020年11月9日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの商品。麺2食分の「超大盛」から「マヨネーズMAX」が登場です。



ペヤングが最近力を入れている「超大盛」


今回の商品は、麺2食分の「超大盛」シリーズの商品。麺2個分のインパクトと、2食入っていることを活かした1食分の別の味のソースを2つ入れた「ハーフ&ハーフ」などで一斉を風靡やセピアしていました。下のリンクは、2013年10月に発売された「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ激辛」。ノーマルペヤングと激辛ペヤングが1個ずつ入った超大盛ペヤングでした。

まるか食品 「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ激辛」

どうもー、ハンサムです。もう10月なのにセミが鳴いてました…どういうこっちゃ…。日差しがジリジリしてまだまだ毎日暑いです。もうそろそろ肌寒さを感じたい今日この頃。さて、今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ激辛」です。いやー、超大盛りですよー。カロリー1000超えw でも激辛も普通のペヤングも一緒に楽しめるのでいってみたいと思います。ソースは、「ペヤングソースや...

ここ最近は、再び「超大盛」シリーズに力を入れてきており、いくつか新フレーバーも登場しました。下のリンクは2020年3月発売の「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」。ペヤングらしからぬ?良心的な一杯でした。

キャベツと麺が山盛のペヤング登場!「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」を食べてみた!

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」を食べてレビューしていきます。「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」。2020年3月9日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの新商品です。麺量2食分の「超大盛」から、「マシマシキャベツ」というインパクトあ...



「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX マヨネーズMAX」の「超大盛」バージョン




今回の一杯は、以前2019年7月にファミマ先行発売、その後一般発売もされた「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX マヨネーズMAX」が、メーカーサイトいわく「食べやすい超大盛サイズになって新登場!」とのこと。麺2食分の「超大盛」が食べやすいサイズなのかは疑問ですが、約半分のサイズになって常識にかなったサイズになったのは間違いありません。

「ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX マヨネーズMAX」を実食レビュー!執念で完食!

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX マヨネーズMAX」を食べてレビューしていきます。「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX マヨネーズMAX」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX マヨネーズMAX」。2019年7月1日にファミリーマートで先行発売された、「ペヤング」シリーズの新商品です...



内容物、価格、購入額など




別添袋は3袋。「GIGAMAX」の時に比べると確かに小さいですが、普通に考えると3袋とも大きいです。マヨネーズがずっしりしています。「特製ソース」と「かやく」はノーマルの「超大盛」と同じものが入っているようです。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。通常サイズよりキャベツや挽肉がたくさん入っています。

品名ペヤング 超大盛やきそば マヨネーズMAX
メーカーまるか食品
発売日2020年11月9日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(特製ソース・かやく・マヨネーズ)
定価税別240円
取得価格税別218円(ドン・キホーテ)

栄養成分表、原材料


1食266g(めん180g)あたり
エネルギー1234kcal
たん白質17.8g
脂質68.9g
炭水化物135.7g
食塩相当量8.9g



「たん白質」以外はノーマルの「超大盛」より数値が高くなっています。ソースはノーマルペヤングやペヤング超大盛と同じ原材料ですが、以前の「GIGAMAX マヨネーズMAX」とは異なっています。単純にダウンスケール品というわけではなさそうです。


ソース


ソースは「マヨネーズをたっぷりと使用」し、「まろやかな味わいのソースとコクのあるマヨネーズの相性は抜群」とのこと。

いつものペヤングソースに、大量のマヨネーズの組み合わせです。



いつものペヤングソースと大量マヨの組み合わせ


  • いつものペヤングのソースだがふりかけやスパイスはない
ウスターソース主体のいつものペヤングソースです。安定の味、目を閉じてもわかるいつものソースです。ただ今回、ふりかけやスパイスが入っていないため、いつもよりもエッジが立っておらず、甘みが前に出て目立っているように感じられました。いつも入っているふりかけやスパイスは、ペヤングがペヤングらしい味であるためにすごく重要な役割を担っているんですよね。



  • 大量のマヨネーズ


いつものふりかけ&スパイスに代わり、今回の主役となる大量のマヨネーズが入っています。今回、左にマヨネーズ、右に具を盛り付けましたが、これが天秤だったら左に傾くんじゃないかと思います。傾いた勢いでキャベツや挽肉をふっ飛ばしてぶちまけることになるんですけどね。ドラクエに出てくる「昔の東武線の色みたいなスライム」に似ています。

おそらく「GIGAMAX マヨネーズMAX」の時のマヨの量50gの半分程度入っていると思われ、この量だと、以前に日清食品や明星食品からすごい量のマヨが入ったカップ焼そばも出ていました。今回より麺量が少ないのでよりマヨが際立っていました。

2017年5月発売の「日清焼そばU.F.O.ビッグ わさマヨ地獄」。地獄にかけた25.9gのマヨ、しかもわさびマヨという、地獄であり阿鼻叫喚な商品でした。頭にツーンときたり、胸が苦しくなったりで、あの「ペヤング獄激辛」に負けないくらい食べるのが辛い一杯でした。

日清食品 「日清焼そばU.F.O.ビッグ わさマヨ地獄」

地獄のわさびマヨネーズ今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.ビッグ わさマヨ地獄」。UFO焼そばのわさびマヨネーズ最大量25.9g(じごく)が入った強烈な商品です。持った感じ確かにわさびマヨネーズの個装はずっしり重かったです。どれだけ極端に辛くできているのか楽しみです。悪魔6騎士が7騎士になったとしたら、たぶんわさマヨ地獄が増えるんでしょうな。ワニ地獄よりは強いかもしれません。商品概要...

2019年9月発売の「明星 用心棒監修 超ガリマヨまぜそば 大盛」。こちらはガーリックマヨが31.5g(サイコー)という、わさび地獄を上回る量でした。もちろん、「GIGAMAX マヨネーズMAX」の50gに比べると少ないのですが、麺量が半分以下と考えれば、マヨの存在感は絶大です。

「明星 用心棒監修 超ガリマヨまぜそば 大盛」を実食レビュー!二郎インスパイア人気店のまぜそばをカップ麺で再現

このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 用心棒監修 超ガリマヨまぜそば 大盛」を食べてレビューしていきます。「明星 用心棒監修 超ガリマヨまぜそば 大盛」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、明星食品の「明星 用心棒監修 超ガリマヨまぜそば 大盛」。2019年9月9日発売の、「用心棒カップ麺」シリーズの新商品です。東京神保町など3店を構える二郎インスパイアの人気店「用心棒」のメニュー「まぜそば...



  • ソースとマヨネーズの調和


以前の「GIGAMAX マヨネーズMAX」の時は、あまりの麺量の前に後半マヨネーズのくどさが完食の大きな壁として立ちはだかりましたが、今回改めて食べると、ペヤングソースの甘みとマヨネーズの相性はなかなか良好で、適量で食べるなら悪くない組み合わせです。

巷ではカップ焼そばにマヨネーズは定番のアレンジですが、今回もやはりその相性の良さを実感しました。これはディープ×タピットレベルのニックスですね。ノーマルペヤングにマヨネーズを入れてアレンジする場合も、ふりかけやスパイス入れない方が良さそうです。



麺は、湯戻し時間3分の、中細で縮れのついた油揚げ麺です。いつものペヤングの麺が2個入った、文字通り「超大盛」な麺量となっています。



いつものペヤングの中細油揚げ麺


いつものペヤングの、中細で縮れのついた油揚げ麺です。通常ペヤングに入っている90gの麺ブロックが2つ入っていて、合わせて180g。一般的な大盛カップ焼そばの麺量が130gなので。普通盛2倍、大盛の約1.4倍の麺量ということになります。「GIGAMAX」や「ペタマックス」の登場で、「超大盛」の180gくらいではそれほどインパクトはなくなってしまいましたが、普通に考えると十分すごい量です。

普通盛の麺量では足りず、一般的な大盛麺量でも足りないという人は結構多いのではないかと思われ、「超大盛」の麺量は需要がかなりあるのではないかと思います。私オサーン、蜀で言えば呉懿や王平クラスの大食いですが、「超大盛」はちょっと多いかなくらいの腹10.5分目くらいで、おそらく呉蘭や雷同クラスの猛将の方なら丁度良い量になるのではないかと思います。最近は王平の武力高くなっているみたいですけど。




具は、いつものキャベツと挽肉が入っています。



通常「超大盛」と同じ量のキャベツと挽肉の組み合わせ


キャベツと挽肉が入っています。通常ペヤングの倍はないように見えますが、レギュラー「超大盛」と同じ袋が入っているものと思われます。キャベツの多さはペヤングの美徳で、チューブから捻り出したような挽肉もたくさん入っています。今回のような具の多さを謳っていない商品でも、他社よりだいぶボリュームがあります。


オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング 超大盛やきそば マヨネーズMAX」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
マヨネーズがたくさん入ったペヤング超大盛でしたが、GIGAMAXの時に比べてマヨの味を余裕を持って楽しむことができておいしかったです。ペヤングソースとマヨネーズの相性良好でした。ただ、自分で容易にできてしまうアレンジでもあります。いつもの超大盛に麺半分にふりかけ+スパイスを、もう半分に自分でマヨネーズを用意して入れる方が楽しめそうです。もちろん、いつもマヨを使える状況ではないので、特に出先で食べる際には、マヨラーの方にとって今回の商品は重宝しそうですね。

マヨネーズMAXのオリジン、「GIGAMAX マヨネーズMAX」も現行商品として発売中です。私はトラウマが刻まれているのであまり食べたくありませんが。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加