このページでは、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「豚骨醤油ラーメン」と「鶏白湯ラーメン」を食べてレビューしていきます。



ファミコレの「豚骨醤油ラーメン」と「鶏白湯ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ファミリーマートコレクションの「豚骨醤油ラーメン」と「鶏白湯ラーメン」。製造はどちらも東洋水産系のユタカフーズ。2020年10月27日発売の新商品です。ファミマのプライベートブランド、「ファミリーマートコレクション」によるどんぶり型ノンフライ麺商品となっています。



ファミコレどんぶり型カップ麺の新商品


ファミリーマートコレクション」は、ファミリーマートで売られているプライベートブランドです。多種多様な商品を取り揃える中で、最近はカップ麺の充実も急で、タテ型とどんぶり型双方で多くの種類の商品売り出しています。基本的にはタテ型は油揚げ麺で日清食品が製造を担当、どんぶり型は一部を除きノンフライ麺で製造は東洋水産系のメーカーが担当するといった形となっています。

ライバルのローソンセレクトは今のところタテ型のみですが、ファミマと同じく日清食品が製造を担当しています。セブンプレミアムはタテ型どんぶり型どちらも色々なメーカーが製造しています。



ファミコレのどんぶり型ノンフライ麺商品は、ここ1年位で急激に充実してきており、多くの商品が登場しています。その口火を切ったのは、2019年10月に発売された「醤油とんこつラーメン」と「札幌味噌ラーメン」でした。どちらも価格の割にかなりおいしくて、東洋水産の「麺づくり」シリーズと共通項が多く、コンビニで手軽に買える「麺づくり」として重宝する商品でした。

ファミリーマートコレクションの「醤油とんこつラーメン」と「札幌味噌ラーメン」 食べてみた!

このページでは、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「醤油とんこつラーメン」と「札幌味噌ラーメン」を食べてレビューしていきます。ファミリーマートコレクションの「醤油とんこつラーメン」と「札幌味噌ラーメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ファミリーマートコレクションの「醤油とんこつラーメン」と「札幌味噌ラーメン」。2019年10月29日に発売された、ファミマのプライベートブランド「...

上の2品のうち、「札幌味噌ラーメン」については、2020年9月発売の「旨辛札幌味噌ラーメン」に置き換わっており、今回の「豚骨醤油ラーメン」はもう一方の「醤油とんこつラーメン」をリニューアルしたもののようです。

ファミリーマートコレクション 「旨辛札幌味噌ラーメン」

このページでは、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「旨辛札幌味噌ラーメン」を食べてレビューしていきます。ファミリーマートコレクション「旨辛札幌味噌ラーメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ファミリーマートコレクションの「旨辛札幌味噌ラーメン」。2020年9月8日発売の新商品です。製造は東洋水産系のユタカフーズ。最近ファミリーマートコレクションが力を入れているどんぶり型カップ麺...

以前の「醤油とんこつラーメン」は、「麺づくり」シリーズの「醤油とんこつ」と同系統の味で、ちょっととんこつや豚脂でこってりにしたような感じでした。「豚骨醤油」になった今回は果たしてどうでしょうか。

内容物、価格、購入額など




左が「豚骨醤油」で右が「鶏白湯」。どちらも別添袋は3袋です。



どちらも先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。鶏白湯のかやくはちょっとみそラーメンっぽいです。どちらも本家「麺づくり」シリーズと同じくらいのボリュームですが、どちらも「麺づくり」でまったく同じ組み合わせのものはないと思われます。

品名豚骨醤油ラーメン
鶏白湯ラーメン
メーカーファミリーマートコレクション(ユタカフーズ)
発売日2020年10月27日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価税込178円
取得価格税込178円(ファミリーマート)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分豚骨醤油ラーメン
102g(めん65g)
鶏白湯ラーメン
100g(めん65g)
エネルギー354kcal343kcal
∟めん・かやく∟275kcal∟253kcal
∟スープ∟79kcal∟90kcal
たんぱく質10.4g9.5g
脂質9.8g8.8g
炭水化物57.2g57.9g
∟糖質∟54.9g∟55.2g
∟食物繊維∟2.3g∟2.7g
食塩相当量5.9g5.6g
∟めん・かやく∟2.1g∟2.3g
∟スープ∟3.8g∟3.3g
ビタミンB10.24mg0.24mg
ビタミンB20.26mg0.29mg
カルシウム155mg199mg

どちらも「麺づくり」シリーズと同じ麺量65g。「麺づくり」としてはスープのカロリーが高く、「豚骨醤油」は麺づくりの「醤油とんこつ」よりもカロリーや脂質が高い数値となっています。リニューアル前のファミコレ「醤油とんこつ」とはそれほど数値に大きな違いはありません。

  • 原材料


上が「豚骨醤油」で下が「鶏白湯」。どちらも「添付調味料」の上位にそれぞれ「ポークエキス」と「チキンエキス」が入っており、豚骨醤油として、鶏白湯として、濃厚な味が期待できそうです。



ファミリーマートコレクション 「豚骨醤油ラーメン」




まずは「豚骨醤油ラーメン」から食べていきます。こちらはファミコレに以前あった「醤油とんこつラーメン」のリニューアル扱いで、商品名がテレコで変化しています。確か以前の東洋水産の定義では「醤油とんこつ」と「豚骨醤油」は意味が違い、醤油とんこつはとんこつスープ主体、豚骨醤油はしょうゆ味主体だったはずです。今回醤油とんこつから豚骨醤油に変更になっており、その定義どおりに味が変化しているのかも注目したいところ。



「スープの濃厚感」にさらにこだわりリニューアルしました。肉感のあるポークエキスをベースに醤油を濃いめに加え、アクセントにガーリック・黒コショウをきかせた濃厚感のあるスープが特徴です。


スープは、とんこつの太いしょうゆ味で、豚脂の旨みが強く感じられます。系統的には以前の「醤油とんこつ」と同じでとんこつや豚脂が主体ですが、しょうゆが薄いわけではなく、あっさり系の多い「麺づくり」よりもパンチのある味に仕上がっています。「醤油とんこつ」の時よりも豚脂のコクが深くなったと感じられ、東洋水産の定義で言えば引き続き「醤油とんこつ」的な味に見えました。

麺は中太で縮れのついたノンフライ麺。角麺形状で、麺づくりの「醤油とんこつ」ではなく、「合わせ味噌」と同じ麺かと思われます。太めの麺ですが、スープがかなり力強いため、麺とスープはしっかりバランスが取れていました。多加水麺食感ですが、ブリブリの高弾力という感じの麺ではなく、自然な食感です。

具は1枚チャーシューとチンゲン菜。チャーシューは麺づくりのいくつかの種類でも使われている小さめのもの。チンゲン菜は麺づくりの「鶏ガラ醤油」にも入っていますね。あまりたくさん入っているわけではありませんが、180円弱の価格設定と考えれば十分でしょう。以前の「醤油とんこつ」ではチャーシュー、ねぎ、メンマだったので、ちょっと変化を加えていました。



ファミリーマートコレクション 「鶏白湯ラーメン」




続いて「鶏白湯ラーメン」。鶏白湯はファミコレどんぶり型としては初登場。「麺づくり」では何度か期間限定品で登場していますが、レギュラー商品はありません。最近、「麺づくり」シリーズは何を食べてもおいしいので、鶏白湯も楽しみです



スタンダードなフレーバーとして認知度が上がっている「鶏白湯ラーメン」が新たにラインナップしました。チキンエキスをベースにポークエキスとガーリックで味を整えた濃厚感のある鶏白湯スープが特徴です。


乳白色でとろみのしっかりついた鶏白湯スープです。見た目ポタージュのようで濃厚感たっぷりですが、食べても鶏の旨みが強く感じられ、鶏全開です。いやおいしいことは期待してたけど、これは期待以上のおいしさ。原材料を見ると入っていないのですが、鶏脂の甘み、風味も感じられ、思いのほか本格的な鶏白湯スープでした。これがコンビニで180円弱で買えてしまうのは驚きというレベルの味でした。

麺は中太で縮れのついたノンフライ麺。先ほどの「豚骨醤油ラーメン」と同じ麺だと思われます。太めの麺ですが、スープにとろみがあるのでよく絡んで一体感があり、加えてスープがかなり濃厚なことから、麺とスープのバランスはとても良く取れています。この麺でベストマッチ。

具は鶏挽肉、メンマ、ねぎの組み合わせ。目立つ大物の具はないので、先ほどの「豚骨醤油」に比べると多少見劣りしているように感じました。高額商品ではないので、多くを期待しなければ問題ないでしょう。


オススメ度(標準は3です)


  • ファミリーマートコレクション 「豚骨醤油ラーメン」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
  • ファミリーマートコレクション 「鶏白湯ラーメン」
★★★★★★☆☆☆☆(6)

いやーどちらも想像以上においしかったです。「豚骨醤油ラーメン」は以前の「醤油とんこつラーメン」からのリニューアルでしたが、基本同じ系統の味を継承しつつ、より豚脂がくっきり浮かび上がり変化が見られました、「鶏白湯ラーメン」は鶏の旨み全開で、びっくりするほどおいしかったです。これはどちらも間違いなく買いです。

東洋水産の鶏白湯といえば最近だとこちら。「マルちゃん 謹製 ゆず香る鶏白湯味あえそば」。鶏白湯では珍しい汁なし麺でした。




ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加