このページでは、日清食品のカップそば、「日清のどん兵衛 ラー油そば」を食べてレビューしていきます。



「日清のどん兵衛 ラー油そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 ラー油そば」。2020年9月14日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。以前にも出ていたラー油を使ったどん兵衛のお蕎麦が再登場です。



ラー油を使った「どん兵衛」新商品


今回の「日清のどん兵衛」は、ラー油を使ったお蕎麦です。ラー油肉蕎麦の流行りとともに、カップ麺でもラー油を使ったカップ蕎麦が多く登場し、特に「日清のどん兵衛」シリーズから多くの商品が発売されてきました。

2019年9月に発売された「日清のどん兵衛 ラーそば」は、おそらく今回の商品が後継にあたる商品で、甘辛で焙煎ごまを効かせたつゆの味が強烈な一杯で、とてもおいしかったです。

「日清のどん兵衛 ラーそば」を実食レビュー!ラー油の香ばしさと肉の旨み溢れるカップ麺

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清のどん兵衛 ラーそば」を食べてレビューしていきます。「日清のどん兵衛 ラーそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 ラーそば」。2019年9月30日に発売された、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。流行りの「ラー油蕎麦」を再現した「どん兵衛」シリーズの新商品です。ラー油蕎麦をどん兵衛で再現虎ノ門の「港屋...



日清食品からは元祖「ラー油肉そば」のカップ麺も出ていた!


日清食品からは、「ラー油肉そば」の元祖とされる「虎ノ門港屋」の味を再現したカップ麺も出でていました。カップ麺なのでさすがに肉感は足りない感じでしたが、ラー油の香ばしさが凄まじく、とてもおいしい一杯でした。

「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」を実食!弘兼憲史氏の絵が目印

このページでは、日清食品のカップ麺、「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」を食べてレビューしていきます。「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」。2019年9月9日発売の新商品です。2019年2月に突然閉店してしまった東京虎ノ門の立ちそ...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体つゆ」と「かやく」の計2袋。カップには予めネギが入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。豚肉や揚げ玉などが入っているようです。

品名日清のどん兵衛 ラー油そば
メーカー日清食品
発売日2020年9月14日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体つゆ・かやく)
定価税別193円
取得価格税込198円(ファミリーマート)

栄養成分表、原材料


1食98g(めん66g)あたり
エネルギー407kcal
∟めん・かやく∟340kcal
∟スープ∟67kcal
たん白質10.4g
脂質20.3g
炭水化物45.7g
食塩相当量6.7g
∟めん・かやく∟1.6g
∟スープ∟5.1g
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム125mg



2019年9月に発売されていた「日清のどん兵衛 ラーそば」と比べると、栄養成分にそれほど大きな数値の違いはありませんが、各数値が微増しています。


つゆ


つゆは「かつおだしに肉汁のうまみをきかせ、ラー油の豊かな風味と辛味を加えた "甘辛つゆ”」とのこと。


豚や牛の旨みが強いかつおだしのしょうゆ味つゆで、ラー油による焙煎ごまの風味や辛味、そして強い甘みを効かせています。



強い甘みとラー油の香ばしさが特徴の濃いつゆ


  • 肉の旨みが全開
豚と牛の旨みを効かせたかつおだしのしょうゆ味で、一般的なお蕎麦のつゆのように和風だしを強く効かせているわけではなく、肉の旨みが全開です。特に牛の旨みが強く、つゆに強くつけられている甘みと合わせてちょっとすきやきをも思わせるものがあります。ちょっと以前より牛が幅を利かせてますかね。

  • 強い甘み
そして、最も目立っているのは甘みの強さで、いやーかなり甘いです。肉の旨みと合わさることでものすごい力強さを生み、濃厚感こってり感が強くなっています。いつものどん兵衛きつねうどんが1なら、今回は100くらいありそう。この甘みは好みが分かれるところかもしれません。日清食品の商品は、甘くすると決めたらトコトン甘くなる傾向があるように思います。



  • ラー油の辛味と香ばしさ


つゆは真っ赤に染まっており、ラー油がたくさん入っていることがわかります。辛さはピリ辛程度ですが、辛味によってつゆの強い甘みが引き締まり、バランスが取れています。また、焙煎ごまの風味が強く、とても香ばしいです。なんとパワフルなのでしょうか。これは中毒性があります。



麺は「どん兵衛ならではの、すすり心地の良いまっすぐな "太そば"」とのこと。

湯戻し時間5分の、中太ストレートの油揚げ麺のお蕎麦です。



ストレート形状でいつもより太い油揚げ麺のお蕎麦


中太でストレート形状の油揚げ麺のお蕎麦です。いつもの「どん兵衛 天ぷらそば」に比べるとひとまわり太く、ラー油蕎麦の濃いつゆに合わせた太麺仕様となっています。前回の「日清のどん兵衛 ラーそば」と同じ麺が使われているものと思われます。

いつもより太い麺なので主張は強いですが、今回はつゆがそれをはるかに凌駕する強さのため、麺よりつゆが勝るバランスになっています。ただその中で、お蕎麦の風味はある程度しっかり感じ取れ、麺にも力強さがありました。また、ストレート形状でつゆを拾いすぎないことも、麺の味をしっかり感じ取るのに有効だと思われます。




具は「チャーシュー、ごま、揚げ玉、ネギ」とのこと。

細切れのチャーシューチップに、ネギ、粒ごま、揚げ玉の組み合わせです。



チャーシューチップ、ネギ、粒ごま、揚げ玉の組み合わせ


チャーシューチップ、ネギ、粒ごま、揚げ玉が入っています。最も目立っているのはチャーシューチップですが、日清食品の安めの商品によく使われれるやわらかいチャーシューで、あまり肉感はありません。

風味では粒ごまと揚げ玉が目立っています。粒ごまはラー油の焙煎ごまの風味をさらに増強しており、香ばしさが際立ちます。揚げ玉はつゆに浸すことでこってり感を増させ、またこちらも香ばしさが光っていました。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清のどん兵衛 ラー油そば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
肉の旨みと強い甘み、そしてラー油の香ばしさが特徴の、パワフルな一杯でした。甘みの強さは好みの分かれるところかと思いますが、「どん兵衛」シリーズの中でも屈指の力強い味なのは間違いなく、食後の満足感が大きかったです。前回の「日清のどん兵衛 ラーそば」に比べると牛の風味が多少強くなったように感じましたが、ほぼ同じ特徴のまま再登場した感じでした。今回も濃い味でおいしかったです。

2020年3月発売の「汁なしどん兵衛 ラー油香るラーそば」。今回と同じくラー油を使ったお蕎麦で、「温盛り」と「冷盛り」から選択できる汁なし商品で、これすごくおいしかったです。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加