このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 塩ねぎ豚やきそば」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング 塩ねぎ豚やきそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 塩ねぎ豚やきそば」。2020年6月22日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの商品です。発売当初、うちのあたりではまったく見なかったのですが、最近ドンキでやっと見つけたので、新商品ではありませんが食べてみたいと思います。



豚のねぎ塩焼きをイメージしたペヤング


今回のペヤングは「塩ねぎ豚」とのことで、豚のねぎ塩焼きをイメージしています。ペヤングとしてはかなり正統派な味のように感じます。変わり種の多いペヤングにあって、普通においしそうです。パッケージのねぎの絵柄はわかったのですが、「塩」のところにある丸いが何を指しているのかさっぱりわかりませんでした。一体何なんでしょう。

このねぎの並びはなんとなくねぎというより竹林っぽいですね。ここは嵐山かと思ってくらいです(嘘)。ペヤングらしからぬちょっと荘厳な雰囲気を醸し出しています。味も荘厳なのでしょうか。荘厳なペヤングなんてもうペヤングではない気もしますが。



これまで「ペヤング」には「塩ねぎ豚」という商品は出ていませんでしたが、「ネギ塩」的な商品は何度か出ていました。2012年8月に発売された商品は、ペヤングと初音ミクとのコラボ商品です。

まるか食品 「ペヤング ネギ塩ヤキソバ」

どうもー、ハンサムです。ドラクエ10のその後ですが、サーバーが不安定でちょっと微妙です。こんざつするとカクカクしたり。23時~0時とか、23時半~0時半とかでサーバーメンテナンス入っちゃったりして。これから安定してくれればいいけど。ゲーム内容的には、シナリオ進めつつも基本的にはひたすらレベル上げって感じで、そういう作業的なものが嫌いじゃない自分には今のところ楽しいです。ネット越しの誰かと一緒に冒険するって...

「ペヤング ネギ塩ガーリック風味やきそば」を実食レビュー!ガンガンくるガーリックと大量ネギが特徴!

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング ネギ塩ガーリック風味やきそば」を食べてレビューしていきます。「ペヤング ネギ塩ガーリック風味やきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング ネギ塩ガーリック風味やきそば」。2019年7月15日発売の、「ペヤング」シリーズの新商品です。「ペヤング ネギ味噌七味風味やきそば」と同時発売された商品です。今回の「ペヤング」...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「やきそばソース」と「かやく」の計2袋。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。商品名通り、豚肉とねぎが入っています。

品名ペヤング 塩ねぎ豚やきそば
メーカーまるか食品
発売日2020年6月22日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(やきそばソース・かやく)
定価税別193円
取得価格税別158円(ドン・キホーテ)

栄養成分表、原材料


1食114g(めん90g)あたり
エネルギー515kcal
たん白質10.9g
脂質25.4g
炭水化物60.6g
食塩相当量3.3g



「『塩』ねぎ豚」という商品名ですが、食塩相当量は3.3gと低め。ペヤングは商品全般の食塩相当量が低いのが良いところです。


ソース


ソースは「豚肉のねぎ塩焼きをイメージし」たとのこと

ポークベースに油脂を効かせたしお味のソースで、胡椒、オイスター、そしてねぎの風味を効かせています。



胡椒を効かせてオイスターやねぎの風味を加えたしお味ソース


  • 豚肉の味はそれほど強くない
油脂を効かせたしお味のソースです。豚肉のねぎ塩焼きをイメージしているとのことで、油が多めに入っていますが、豚脂がそれほど前に出てくる感じではありません。また、ポークベースもそれほど強いわけではないので、豚肉を焼いている感はちょっと希薄なソースかもしれません。

  • 胡椒でキレを加えたしお味
食塩相当量はペヤングらしく3.3gと他社のカップ焼そばに比べて低めですが、しお味と強く効かせた胡椒が組み合わさることで、実数値以上に塩気が強く感じられます。塩辛いとまでは感じなかったですが、いつものペヤングの味を想像すると塩辛いと感じてしまう場合もあるかもしれません。胡椒の効果でキレがある塩味という印象でした。



  • オイスターやねぎを効かせている
胡椒とともにソースの味を盛り上げているのがねぎの風味とオイスターで、ねぎは豚ねぎ塩焼きなので当然の味で、ほのかにねぎが香っています。そしてそれよりもオイスターの風味が強く感じられ、オイスターソースががっつり入っているのではないかというレベルでした。ちょっと中華焼そばらしさを演出しており、今回のソースの最大のアクセントになっていました。


麺は、湯戻し時間3分の、中細で縮れのついた、いつものペヤングの油揚げ麺です。



いつものペヤングの中細油揚げ麺


いつものペヤングの中細で縮れのついた油揚げ麺です。麺量も90gといつもと同じで、おそらく製造工程の中で麺を容器に入れるまでは、他の商品とまったく同じだと思われます。目をつむって口に入れてもペヤングとわかるいつもの麺となっています。

ペヤングの麺は油揚げ麺臭が強めで、いつもなら別添スパイス油揚げ麺臭をうまく中和していますが、今回はソースの胡椒が強いため、結果いつもとなじように油揚げ麺臭を抑えることができていました。麺とソースの相性良好です。




具は、かなりたくさんの豚肉とねぎが入っています。



豚肉とねぎの組み合わせ


ペヤングの美点である大量のキャベツは今回入っていませんが、豚肉とねぎがかなりたくさん入っていて具だくさんです。豚肉は基本的には赤身部分が多くてかたい食感ですが、多少脂分もあって、肉感が強め。量もしっかり入っていて、食べ応えがありました。ペヤングの具の多さは本当素晴らしいです。

ねぎもたくさん入っています。青ねぎを中心にカットが大きめで、味はもちろん、色味でも目立っていました。ソースはそうでもなかったですが、具はきちんと「塩ねぎ豚」になっていました。


オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング 塩ねぎ豚やきそば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
豚肉のねぎ塩焼きをイメージしたペヤングを食べてきました。豚肉とねぎがたくさん入っており、ソースは胡椒と塩味が強いタイプでした。ソース単体だとねぎ塩焼きですが、具の豚肉も含めて「塩ねぎ豚」になっていました。ペヤングらしい奇抜さはまったくありませんが、普通においしい一杯でした。具が多いのがうれしい商品です。

通常サイズの「ペヤング ソースやきそば」。家に常備していないと不安になるレベルの定番商品です。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加