このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 信州味噌󠄀ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 信州味噌󠄀ラーメン」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 信州味噌󠄀ラーメン」。2020年8月24日に発売された、「凄麺」シリーズの商品です。長野県のご当地ラーメンである「信州味噌ラーメン」を再現したカップ麺となっています。



「信州味噌ラーメン」は日清食品と「信州麺友会」のコラボでできたご当地ラーメン


「信州味噌ラーメン」は、長野県のご当地ラーメンです。2015年2月に日清食品から「麺ニッポン 信州味噌ラーメン」という商品が発売されましたが、これが日清食品と長野県内のラーメン店が加盟する「信州麺友会」がコラボして定義を作り上げた、」カップ麺発信の新しいご当地ラーメンでした。その定義は、信州味噌を100%使用すること、信州りんごを隠し味に使うこと、そして大きく刻んだネギを使うことの3つでした。現在は日清食品から「信州味噌ラーメン」は販売されていません。

2015年8月に全国発売された、「麺ニッポン 信州味噌ラーメン」。上記の定義に沿ったカップ麺で、りんごのほのかな甘みが感じられておいしい一杯でした。

日清食品 「麺ニッポン 信州味噌ラーメン」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「麺ニッポン 信州味噌ラーメン」。麺ニッポンの2品、信州味噌と八王子ですが、ともに地域限定販売だったものが全国展開されるようになりました。そして今回の信州味噌は新しい具として野沢菜が加わりました。野沢菜って今まで多分カップ麺の具で私は食べたことがないので楽しみです。スープは、「信州味噌100%使用」し、「コクとうまみのある信州味噌と、風味豊かなガ...



「信州麺友会」推奨




以前は日清食品とコラボして「信州味噌ラーメン」の定義を策定した「信州麺友会」ですが、今回ヤマダイ凄麺シリーズから発売される商品を推奨しています。「2020年から推奨」と強調しているあたり、2015年から2019年までは日清食品との5年間の独占契約があったのかもしれませんね。まったくもって勝手な妄想ですが。今回の一杯は、以前に増して信州尽くしの一杯のようですが、果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ粉末スープ」、「かやく」、「七味唐辛子」の計3袋。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。鶏肉団子、野沢菜、しめじが入っています。野沢菜は量が多そうです。

品名ニュータッチ 凄麺 信州味噌󠄀ラーメン
メーカーヤマダイ
発売日2020年8月24日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・かやく・七味唐辛子)
定価税別220円
取得価格税別218円(セイコーマート)

栄養成分表、原材料


1食121g(めん65g)あたり
エネルギー412kcal
たん白質13.0g
脂質12.4g
炭水化物62.2g
食塩相当量7.6g
∟めん・かやく∟1.9g
∟スープ∟5.7g



「麺ニッポン」の時の「信州味噌ラーメン」と比較すると、麺量は5g少ないですが、栄養成分の数値は計らずもそれほど大きな差はありませんでした。


スープ


スープは「2種類の信州味噌󠄀をベースに、白湯系ポークエキスで味に厚みをつけた味噌󠄀ラーメンスープ」で、「にんにく、玉ねぎをラードで炒めて風味を引き立て」、「オイルには、ごま油と焦がしたニンニク、ねぎの風味を配合し、香り立ち豊かなスープに仕上げ」、「別添で八幡屋礒五郎の七味唐辛子を付け」たとのこと。

とんこつベースに信州味噌を加えたみそ味のスープで、にんにくの風味に加えてごま油などの香りをつけた油脂を浮かせ、別添で八幡屋礒五郎の七味唐辛子を加えています。



信州味噌使用のにんにくの風味を効かせたみそ味スープ


  • 2種の信州味噌を100%使用したみそ味
とんこつベースに、2種類の信州味噌を100%使用したみそ味のスープです。残念ながら私オサーンの味覚レベルでは、信州味噌を使うことの効能を理解することはできませんが、白味噌主体でクセのないみそ味となっていました。信州味噌を100%使用することは、以前の日清食品時代の「信州味噌ラーメン」の定義のひとつでした。今回もこの定義は守られていました。

  • 隠し味の信州りんごはなくなった
みそ味に濃厚感がそれほどあるわけではありませんが、塩気は少し強めです。日清食品時代は信州りんごを隠し味に加えることが定義に入っていましたが、今回はどうやらそれはなくなっているようです。甘みがまったくないわけではありませんが、以前よりキリッと引き締まったスープという印象です。液体スープの封を切った時にちょっと甘い香りがした気がしたのですが、おそらくりんごではないようです。



  • ニンニクやごま油の風味


スープにはニンニクや玉ねぎが入っていて、表面の油脂にもニンニクやごま油で風味づけされています。特にニンニクの風味が目立っており、みそ味と合わせて硬派な味を形成しています。ニンニクやごま油は以前からの特徴ですが、ニンニクは前回よりだいぶ強くなっていました。以前とかなり印象が違います。

  • 「八幡屋礒五郎」の七味唐辛子


東京浅草の「やげん堀」、京都清水の「七味家本舗」と並ぶ、地元長野善光寺の「八幡屋礒五郎」の七味唐辛子が別添されています。信州味噌100%に加えて八幡屋礒五郎とは、信州への強いこだわりを感じます。

カップ麺で使われる七味唐辛子は辛さよりもちょっとした風味付け程度のものが多い中で、今回は「八幡屋礒五郎」だからなのかはわかりませんが、辛味も風味も強く、全部入れるとスープの味が変わるレベルです。これ後半戦で入れて味の変化を楽しむのも良いし、最初からガンガン入れてピリ辛みそラーメンとして食べるのも良いし、これは信州味噌ラーメンの新たな要素のようです。




麺は「表面はつるつる、中はもちもちとした食感で、濃厚な味噌󠄀スープとの絡みも絶妙」の、「時間が経っても麺伸びしにくい」、「当社独自製法のノンフライ麺を使用し」たとのこと。」とのこと。

湯戻し時間5分の、中太で縮れのついたノンフライ麺です。



中太のノンフライ麺を使用


中太で縮れのついたノンフライ麺です。凄麺ならではの、表面のつるみと弾力の強さが特徴の多加水麺食感となっています。信州味噌ラーメン専用の麺というよりは、他の凄麺商品でも使われているタイプの麺だと思われます。ただそれでも、日清食品時代の「信州味噌ラーメン」とそう形状に違いはない形状でした。

みそ味やニンニクで主張の強いスープに対し、麺も太めで弾力が強いため、両者のバランスはしっかり取れていました。麺について特に定義はなさそうですが、みそ味のスープと合わせることから、必然的にある程度太い麺を合わせることになると思います。




具は「鶏肉団子、野沢菜、ぶなしめじ」とのこと。

鶏肉団子と、いずれも信州産の野沢菜とぶなしめじの組み合わせです。



鶏肉団子とぶなしめし


鶏肉団子は4個入っていました。それほどたくさんというわけではありませんが、食感はしっかり鶏肉で、きちんと肉を食べていると感じられました。日清食品の時に入っていた肉ミンチに比べると質も量もだいぶ充実していました。

信州産のぶなしめじは量が少ない上にカットも小さくてどうかと思いましたが、食べてみると結構しっかりした食感と風味があり、見た目よりもずっと目立っていました。さすがぶなしめじの生産トップの長野県ですね。そういう目で見て食べたから目立って感じられたのかもしれませんがw 以前は定義のひとつだった大きいカットのねぎは省略されていました。

野沢菜でみそラーメンの新境地


信州産の野沢菜が結構たくさん入っています。味も食感もきちんと野沢菜です。日清食品時代にも野沢菜は入っていましたが、当時はただ具として入っているだけという印象だったのに対し、今回はみそ味スープに大きく影響を及ぼしており、野沢菜味噌ラーメン的な雰囲気すら感じます。

今回の野沢菜の使い方は、みそラーメンの新境地じゃないかと思います。野沢菜の風味によってかなり独特なみそラーメンの味となっており、とてもおいしいです。にんにくを効かせたみそ味のスープと野沢菜の相性が抜群で、硬派なみそラーメン感がさらに強くなりました。みそラーメンの新味としても、長野のご当地ラーメンとしても、野沢菜のみそラーメンはインパクト大です。


オススメ度(標準は3です)


  • ヤマダイ 「ニュータッチ 凄麺 信州味噌󠄀ラーメン」
★★★★★★★☆☆☆(7)
信州味噌100%、八幡屋礒五郎の七味唐辛子、ぶなしめじ、そして野沢菜と、信州のとことんこだわった一杯でした。ここまで地元にこだわった一杯というのは初めて見ました。ものすごいこだわりです。これで定価税別220円というのは、利益が出ているのか心配になるレベルです。そして、野沢菜によるみそラーメンの新境地、野沢菜の風味を効かせたみそラーメンは独特な上にとてもおいしく、八幡屋礒五郎の七味唐辛子も効果的でした。

他社の開発したラーメンを引き継ぐことが異例なのに加え、信州味噌100%、ニンニク、野沢菜、そして八幡屋礒五郎の「信州味噌ラーメン」は、その引き継ぎ前の信州味噌ラーメンを大きく超えてきた印象を受けました。とてもおいしかったです。

同じ「凄麺」シリーズの「凄麺 仙台辛味噌ラーメン」。仙台味噌を使用したピリ辛の一杯で、こちらもおいしいです。「凄麺」シリーズは他にも人気ナンバーワンの「ねぎみその逸品」や、「札幌濃厚味噌ラーメン」があり、みそラーメンが充実しています。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加