このページでは、日清食品のカップ麺、「日清豚ラ王 キムチ」を食べてレビューしていきます。



「日清豚ラ王 キムチ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清豚ラ王 キムチ」。2020年8月24日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。カップ麺業界を震撼させた二郎インスパイアカップ麺「豚ラ王」が、新フレーバーとして再び登場しました。今回は「豚キムチ」とのこと。どんなパワフルな一杯なのか注目です。



「豚ラ王」の第2弾商品


「豚ラ王」は、「日清ラ王」シリーズの商品です。第1弾商品として登場したのは2020年1月に発売された「日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」で、文字通り、ヤサイ(キャベツ)、アブラ(大量の背脂)、そしてニンニク(スープときざみニンニク)が入っていて、カップ麺最強の二郎インスパイアな一杯でした。あまりの凄まじさで、今後何年も語られていく一杯なのは間違いないと思われます。

二郎インスパイアしすぎた強烈カップ麺!「日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」を実食!

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」を食べてレビューしていきます。「日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」。2020年1月13日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。ついに「日清ラ王」からも二郎インスパイアのカップ麺が登場しました!定価税別368円の強気な価格設定...



「豚ラ王」の「豚キムチ」味




さて今回の「豚ラ王」第2弾商品は「豚ラ王 キムチ」で、「豚キムチ」味のスープとのことです。今回は「二郎インスパイア」なのか定かではありませんが、引き続き「踊る極太麺」が使われており、「スタミナ」との記載もあり、「二郎インスパイア」の流れを汲んでいるのかもしれません。

ただ、前回の定価税別368円に比べると、今回は定価税別230円でいつものラ王と同じ価格設定になっており、前回ほどのパワーはないのかもしれません。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「粉末スープ」、「かやく」、「豚キムチオイル」の3袋。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。肉ミンチ、白菜キムチ、ニラが入っています。

品名日清豚ラ王 キムチ
メーカー日清食品
発売日2020年8月24日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(粉末スープ・かやく・豚キムチオイル)
定価税別230円
取得価格税別198円(西友)

栄養成分表、原材料


1食107g(めん80g)あたり
エネルギー412kcal
∟めん・かやく∟358kcal
∟スープ∟54kcal
たん白質10.1g
脂質11.5g
炭水化物67.0g
食塩相当量8.2g
∟めん・かやく∟3.1g
∟スープ∟5.1g
ビタミンB10.85mg
ビタミンB20.31mg
カルシウム191mg



第1弾の「豚ラ王」と比較すると、カロリーは90kcal程度、脂質で8g程度低い数値となっています。第1弾ほどパワフルな味ではなさそうです。


スープ


スープは「豚の深いうまみとキムチのピリッとした風味が食欲をそそる『スタミナ豚キムチスープ』」に、「スープにコクと辛みを加える『豚キムチオイル』」が別添とのこと。

ポークベースの塩味スープにキムチの白菜の旨みや辛味を効かせ、別添「豚キムチオイル」によってさらにキムチの味を加えています。



豚とキムチのバランスが取れたスタミナ豚キムチスープ


  • 「豚キムチ」はカップ麺ではよく見る味だが・・・
とんこつベースのしお味スープにキムチの味を効かせた、「スタミナ豚キムチスープ」とのことです。「豚キムチ」なので、主役は豚の旨みとキムチの味です。実際のラーメン店ではあまり見かけないものの、「豚キムチ」はカップ麺ではよく見られる味で、スーパーカップの「ブタキム」を始め、多くの商品が存在しています。

ただ、その多くが豚の味よりもキムチの味が強く、豚は豚肉が入っている程度の扱いになっていることが多いです。そもそもキムチの味が強いので、豚が入ってても目立たないことが多くなっています。これ豚キムチ味じゃなくてキムチ味じゃないか!と何度思ったことか。

  • 「豚ラ王」の豚キムチは豚が分厚い
今回はさすが「豚ラ王」、事情がだいぶ違っています。別添「豚キムチオイル」の中の豚脂がかなり強く、また、ベースのとんこつもしっかりしているため、豚の味がかなり分厚く感じられます。第1弾の背脂のような強い豚ではないものの、これはこれでしっかり「豚ラ王」の名に見合う味に仕上がっていました。



  • キムチの旨みや辛味もしっかりしている


豚の旨みのしっかり強いスープですが、スープ粉末と別添「豚キムチオイル」によってキムチの味も旨みや辛味がしっかり感じられます。辛さレベルは「2/5」とのことですが、ピリ辛はゆうに超え、辛口程度の辛さがありました。

そしてニンニクの風味、白菜の味もしっかり強く、辛味と白菜の味、そしてほのかに感じられる酸味も合わさって、豚の旨みに負けないキムチの味となっており、カップ麺では珍しい豚とキムチのバランスがよく取れた豚キムチです。確かにスタミナ豚キムチスープと言える味でした。



麺は「『日清ラ王』史上最も太い "踊る極太麺"」とのこと。

湯戻し時間5分の、「踊る極太麺」と名付けられている極太のノンフライ麺です。やや幅広で縮れがついています。



極太で縮れのついたノンフライ麺「踊る極太麺」


極太で縮れのついたノンフライ麺です。おそらく「豚ラ王」第1弾で使われていた麺と同じタイプで、日清ラ王史上最も太い麺とのことです。油揚げ麺含め、これだけ太い麺というのは他の商品であまり見たことがなく、スープを吸ってずっしり重たくなります。ものすごい食べ応えで、確かに口の中で踊っているような感じがしなくもありません。いつものラ王よりも麺量が5g多くなっています。

豚の旨みが濃く、キムチの味も強いスープですが、麺も太くて主張が強いため、麺とスープのバランスはよく取れていました。どっしりとしていて且つもちもちで、あまり食べたことのない食感。ちょっとパスタっぽさも漂わせています。豚と直接関係あるわけではありませんが、今後も「豚ラ王」の特徴となっていくものと思われます。




具は「肉ミンチ、ニラ、キムチ」とのこと。

ダイス状の豚肉ミンチ、白菜キムチ、ニラの組み合わせです。



豚肉ミンチ、白菜キムチ、ニラの組み合わせ


ダイス状の豚肉ミンチが7.5個ほど入っていて、ボリュームはまずまずありました。きちんと肉感もありおいしかったです。ただ、「豚ラ王」であり「豚キムチ」であることを考えれば、ミンチ肉ではなくもっとしっかり豚肉を使って欲しかったところ。価格差を考えると致し方ないところではあるのですが、第1弾では大きな乾燥チャーシューが使われていました。

他に白菜キムチとニラが入っています。どちらもそれほど量はそれほど多くなく、特に豚キムチなので白菜キムチは欲しかったです。ニラも少ないですが、湯気からニラの香りが強く漂っており、スタミナ豚キムチの味に強い香りを加えていました。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清豚ラ王 キムチ」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
衝撃の第1弾「豚ラ王」の二郎インスパイアとは異なり、今回の「豚ラ王」は豚キムチで、二郎インスパイア商品ではありませんでした。ただ、キムチのニンニクの味に、豚脂が入っていて、太い麺もあり、二郎系のお店が真剣に豚キムチのラーメンを作ったらこんな味になるのかなと想像できる、豚の太い豚キムチでした。具はちょっと物足りな方ですが、おいしい一杯でした。

今週発売の「日清 焼そばU.F.O大盛 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味 卵黄ペースト付」。こちらは二郎インスパイアだと思われます。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加