このページでは、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「濃厚タンメン」を食べてレビューしていきます。



ファミリーマートコレクション「濃厚タンメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ファミリーマートコレクションの「濃厚タンメン」。2020年4月21日発売の商品です。製造は東洋水産系のユタカフーズ。発売からすっかり日にちが経過してしまいましたが、現在も店頭に並ぶ現行商品のため、食べていきたいと思います。



ファミマのPB「ファミリーマートコレクション」


ファミリーマートコレクション」は、ファミリーマートのブライベートブランドです。セブンの「セブンプレミアム」やローソンの「ローソンセレクト」と同じように、多岐にわたる商品展開をしていますが、ことカップ麺に関して言えば、他社に比べてラインナップはあまり充実していないイメージがあります。

今年2020年6月には、ファミリーマートコレクションから「四川風汁なし担々麺」が発売されていました。一見、スーパーのPB商品と大差ないのですが、中の具のボリューム感がコンビニ限定品と感じさせるものがありました。

ファミマPBの汁なしカップ麺 「四川風汁なし担々麺」を実食レビュー!

このページでは、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「四川風汁なし担々麺」を食べてレビューしていきます。ファミマコレクション「四川風汁なし担々麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ファミリーマートコレクションの「四川風汁なし担々麺」。2020年6月2日発売の新商品です。製造はサンヨー食品系の太平食品が担当。ファミリーマートで販売されている自社PB、「ファミリーマートコレクション」の...



ノンフライ麺、濃厚スープ




パッケージには「ノンフライ麺、濃厚スープ」と書かれており、安価なのにノンフライ麺を使用し、濃厚なスープなことが特徴と思われます。定価税込178円でPB商品としてはちょっと高額なのですが、その真価が食べて感じられるものなのでしょうか。楽しみです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「後入れ粉末スープ」、「かやく」の計3袋。「かやく」はFDブロックの野菜で、先入れとなっています。

品名濃厚タンメン
メーカーファミリーマートコレクション(製造は東洋水産系のユタカフーズ)
発売日2020年4月21日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価税込178円
取得価格税込178円(ファミリーマート)

栄養成分表、原材料


1食93g(めん65g)あたり
エネルギー333kcal
∟めん・かやく∟257kcal
∟スープ∟76kcal
たん白質8.9g
脂質8.4g
炭水化物56.8g
∟糖質∟54.3g
∟食物繊維∟2.5g
食塩相当量5.3g
∟めん・かやく∟2.3g
∟スープ∟3.0g
ビタミンB10.29mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム157mg



ノンフライ麺であることや、麺量、カップ形状を見ても、東洋水産の「麺づくり」と兄弟のような関係にありそうです。ちょっと安い「麺づくり」。


スープ


スープは「ポークとチキンをベースに、胡椒としょうがをきかせたタンメンスープが特徴」とのこと。

とんこつに鶏ガラを加えたしお味ベースで、胡椒や生姜をガッツリ効かせています。



まろやかスープと胡椒&生姜による刺激の対比


  • 丸みのあるとんこつベースのしお味スープ
とんこつ主体で鶏ガラを加えた真っ白なスープで、スープ表面に適度に油を浮かせてこってり感もつけています。とんこつや鶏ガラの丸みに加え、タンメンの野菜成分を意識してか少し甘みがつけられており、ベース部分はまろやかに仕上げられています。どちらかというと濃厚こってり系のタンメンスープと言えるかと思います。



  • 海老の味が鶏ガラや和風だしと調和する


濃厚でまろやかなスープのベースに対し、胡椒や生姜でアクセントがつけられています。まろやかなベースと刺激の胡椒&生姜が良い対比になっていました。胡椒はもちろん、生姜もちょっと辛味があって、後味として残ります。

とんこつや鶏ガラのベース部分といい、胡椒は生姜の刺激部分といい、PB商品でもきちんとスープにコストが割かれていることがわかる味となっていました。さすがちょっと高いだけありますね。



麺は「なめらかな口当たりのノンフライ麺を使用し」たとのこと。

湯戻し時間5分の、中細で縮れの強いノンフライ麺です。



強弾力の多加水麺食感ノンフライ麺を使用


中細で縮れの強いノンフライ麺です。やや平打ちで角麺形状となっています。麺表面のつるみと強い弾力が特徴の多加水麺食感で、湯戻し規定時間5分で食べ始めると、ちょっとごわつくかもしれません。時間経過とともになめらかになっていきますが、この触感は一昔前の「麺づくり」を食べているようで、ちょっと懐かしい雰囲気を感じました。現在の「麺づくり」はもっと細めでなめらかな食感の麺が多いです。

弾力があって主張強めですが、今回ベースがしっかりし、胡椒や生姜で刺激を加えた濃い味のスープなので、麺とスープはバランスがきちんと取れていました。これくらい弾力が強くなければ、濃いタンメンスープの中に埋没してしまっていたかもしれません。




具は、キャベツ、ニラ、コーン、ニンジンの入ったFDブロックの野菜です。



野菜たっぷりのFDブロック


別添「かやく」に入っているFDブロックに、キャベツ、ニラ、コーン、ニンジンが入っています。肉系の具は入っていませんが、キャベツを中心に野菜がたっぷりで、上の写真ではキャベツの色がスープと同化してしまい、あまり多く見えないのが残念ですが、今回の価格を考えるとかなり頑張っているボリューム感でした。キャベツの甘みがスープの胡椒とよくマッチしています。


オススメ度(標準は3です)


  • ファミリーマートコレクション 「濃厚タンメン」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
税込178円という、PB商品としては高めの価格設定が気になりましたが、スープのおいしさ、ノンフライ麺使用、そしてFDブロックの野菜の充実など、きちんと価格に見合うものでした。ただのPB商品でないことは明らかです。ファミマの陳列棚の中でも地味であまり目立っていないのですが、実力派な一杯でした。

タンメンのカップ麺と言えばこれでしょうか。エースコックの「ラーメンモッチッチ 野菜タンメン」。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加