このページでは、ローソンのお弁当コーナに並んでいるカップチルド麺、「麺屋彩未監修 冷し味噌らーめん」を食べてレビューしていきます。



「麺屋彩未監修 冷し味噌らーめん」はどんな商品?


今回食べていくのは、ローソンで売られている「麺屋彩未監修 冷し味噌らーめん」。「北海道ご当地シリーズ」と書かれているので、おそらく北海道のローソン限定商品で、札幌随一の人気ラーメン店、「麺屋彩未」監修による夏向けの「冷し味噌らーめん」となっています。



「麺屋彩未」監修のオリジナルメニュー「冷し味噌らーめん」


コンビニ各社には、夏向けの中華麺、蕎麦、うどん商品がずらりと並んでいますが、今回の一杯はそんな商品のひとつで、北海道随一の呼び声高い人気ラーメン店、「麺屋彩未」監修によるオリジナルメニューの「冷し味噌ラーメン」となっています。冷し中華とか冷やしラーメンだとしょうゆ味のイメージが強いので、創作感強めな一杯と言えるでしょう。

「彩未」はカップ麺としても発売されていますが、今回と同じくローソンからレンジチルド麺も発売されています。

北海道ローソン限定の「麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん」を実食レビュー!

このページでは、ローソンのレンジ調理型チルド中華麺、「麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん」を食べてレビューしていきます。「麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん」はどんな商品?今回は、ローソンの「麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん」。ローソンのお弁当コーナーに並んでいるレンジ調理型カップタイプのラーメンです。札幌みそラーメンの名店「麺屋 彩未」の看板メニュー「味噌らーめん」の味を再現した商品で...



内容物、価格、購入額など




フタを開けると、具の入っているトレイと、麺やスープ袋の入ったカップに分けられます。



カップからスープの袋を取り出します。みそラーメンとしては白っぽい乳白色のスープで、麺は札幌ラーメンらしく黄色っぽいです。

品名麺屋彩未監修 冷し味噌らーめん
メーカーローソン(製造会社は地域により異なる)
発売日不明
麺種別チルド麺
かやく・スープ1袋(スープ)
定価税込498円
取得価格税込498円(ローソン)

栄養成分表、原材料


1食-g(めん-g)あたり
エネルギー423kcal
たん白質19.4g
脂質11.0g
炭水化物63.8g
∟糖質59.6g
∟食物繊維4.2g
食塩相当量4.8g



他社の同系商品と比べておとなしい数値で、ボリュームもそれほどない感じがします。スープ付きのレンジチルド麺「彩未」も同じ傾向でした。

栄養成分は、各地域の製造工場によって数値は異なるものと思われます。


調理方法




調理方法と言っても「冷し」なので、レンジに入れたりお湯を使ったりすることはなく、内容物を混ぜ合わせたりのせたりするだけの簡単調理です。





麺の入ったカップににスープを入れます。スープの量は汁なし麺以上スープ付き麺以下で、なんとも形容し難い量です。



麺とスープを混ぜ合わせます。混ざり切らなかったスープが多少残るくらいの量です。これに具をのせて完成ですが、その写真は次のところで。



スープ


スープは、豚の旨みが感じられるみそ味で、生姜やもやしの風味が付与されています。



冷しみそ味スープ


  • さっぱりみそ味
スープとしては少なく、汁なし麺としては多めのスープの量です。それほどとろみはつけられていません。とんこつや豚脂で豚の旨みが感じられるみそ味のスープです。汁なし系なので濃い味かと思いきや、さっぱり系で塩気の強さはありません。ちょっと甘みすら伴っていました。白いのは練ごまなのかなと思いながら食べましたが、多少ごまが入ってはいても、スープの色を変えてしまうような存在ではありませんでした。単に白いみそということなのだと思います。

  • 生姜やもやしの風味
彩未のスープらしく、生姜を効かせていたり、もやしの味が感じられたりもしますが、いずれもほのかで、先ほど触れたレンジチルド麺「彩未」と比べても弱いです。全体的に味がおとなしく、みそラーメンでありがちな塩気が刺さってこない味なのは評価できるところですが、パンチが足りないとも言えてしまうのが苦しいところでしょうか。せっかくの彩未らしさが削がれてしまっている印象を受けました。




麺は、中太で緩やかな縮れがついています。黄色味が強いです。



中太で黄色い麺


中太で緩やかな縮れがついた麺です。形状だけ見れば実際の彩未で使われている麺の雰囲気がきちんと出ており、玉子麺の黄色も再現性が高いです。カップ麺ではなかなかお目にかかれないレベルで札幌ラーメンらしさがありました。

ただこれを実際食べると、チルド麺の欠点であるコシのなさが露呈してしまい、あまり札幌ラーメンらしく感じられなくなってしまいます。チルド麺の場合、極太くらいの太さにならないと、少なからず伸びてしまうことで、なかなか実際お店で食べるようなコシの強さにはならないように思います。細麺ほどではないですが、太麺に比べると伸びた食感が気になりました。

太麺でも細麺でもきちんと食感が出せることに関しては、カップ麺の方が一枚上手なのかなと思います。具では逆にカップ麺はボッコボコにされてしまいますけどね。




具は、細切れのチャーシュー、豚そぼろ、ネギ、メンマ、もやし、唐辛子、ゆで玉子が入っています。

2種の肉とゆで玉子、野菜類の組み合わせ


  • 細切れチャーシューと豚そぼろ


細切れチャーシューと豚そぼろの、2種の肉が入っています。チャーシューはしっかり肉感があり、脂身もついています。豚そぼろも脂身が多く、こちらはみそ味がつけられているのが特徴。スープに溶け出すことで、豚の味の厚みを加えていました。肉量的には同系商品の中に入るとびっくりするような量ではありませんが、カップ麺基準では肉量多いです。

  • メンマ、もやし、ねぎ、唐辛子


野菜類は、メンマ、もやし、ねぎ、唐辛子が入っています。全部合わせるとそれなりの量になりますが、ひとつひとつはそれほど量が多いわけではなく、特にみそラーメンなのでもやしがもっと欲しかったところ。メンマの重量感があっておいしかったです。



  • ゆで玉子は半個分


ゆで玉子は1個の半分が入っています。お店のような味玉だったりはせず、何の変哲もないゆで玉子で、黄身に火が完全に通っているタイプです。芸がないと言えばそれまでですが、今回のスープをしっかり浸して食べると結構おいしかったです。


オススメ度(標準は3です)


  • ローソン 「麺屋彩未監修 冷し味噌らーめん」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
ローソン北海道のカップチルド麺、「彩未 冷し味噌らーめん」を食べてきました。冷して食べるみそラーメンというところは面白かったですが、彩未らしさが希薄で、もっとわかりやすく彩未らしさが欲しかったです。またカップ麺と比べると十分なボリュームですが、他のチルド麺商品と比較してしまうと、価格の高さを考えればもう少し麺や具にボリューム感が欲しかったです。

みそつながりで、「カップヌードル 味噌」。生姜はカップヌードルの方が強かったです。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加