このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 冷しぶっかけうどん」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 冷しぶっかけうどん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 冷しぶっかけうどん」。2020年6月8日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。昨年発売されていた「冷しぶっかけたぬきそば」に引き続き、今年は「冷し」の「ぶっかけうどん」が登場しました。「たぬきそば」との同時発売となっています。



冷しぶっかけうどん登場!


昨年は「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズから「冷しぶっかけたぬきそば」が発売され話題を集めましたが、今年は「たぬきそば」に加えて「冷しぶっかけうどん」も同時発売されました。「ぶっかけ」といえばうどんなので、今年はついに真打ち登場といったところでしょうか。

昨年2019年7月に発売されていた、「マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば」。甘濃いジャンキーな味わいの梅雨に香りの強いつゆを合わせた、おいし一杯でした。今年も発売されたので、後日レビュー予定です。

「マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば」を実食レビュー!緑のたぬきにも汁なし商品が登場!

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば」。2019年7月1日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。今回は「緑のたぬき」の汁なし麺、しかも冷やして食べる「冷やしぶっかけたぬき」です。毎年こ...



冷水で冷やすカップうどんには先人が




「冷しぶっかけうどん」なので当然なのですが、今回の一杯は湯切り後に冷水で何度か水切りをして冷やすタイプとなっています。お蕎麦もそうでしたが、うどんでもこのタイプは偉大な先人がいます。

大黒食品工業の「大黒 冷したぬきうどん」で、もうずっとずっと前から季節限定で発売されている、水切りタイプの冷しうどんです。今年も季節限定発売が始まっています。今回の一杯ではこれとは違うオリジナリティを見せてもらいたいところです。

大黒食品工業 「大黒 冷したぬきうどん」

今回のカップ麺は、大黒食品工業の「大黒 冷したぬきうどん」。4種類出ている「冷しシリーズ」の1つで、他の3種はすでにこのブログで紹介しています。オススメ度(標準は3です)★★★★★☆☆☆☆☆(5)パッケージは涼しげでさわやかですが、味はかなりのジャンキーです。つゆと油揚げ麺臭が絶妙にマッチし、それに揚げ玉が強力に厚みを加えています。食べた後だと、パッケージの清流がまるで油の滝に見えます(あ、嘘ですよ)...



内容物、価格、購入額など




別添袋は「つゆ」と「あとのせかやく」の計2袋。写ってないですが、カップには予めかまぼこが入っています。

品名マルちゃん 冷しぶっかけうどん
メーカー東洋水産
発売日2020年6月8日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(つゆ・あとのせかやく)
定価税別193円
取得価格税別118円(ドン・キホーテ)

栄養成分表、原材料


1食89g(めん66g)あたり
エネルギー364kcal
たん白質6.8g
脂質16.6g
炭水化物46.8g
食塩相当量3.6g
ビタミンB10.30mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム187mg




つゆ


つゆは「醤油にかつおと昆布の旨味、生姜を加えたぶっかけタイプの和風つゆ」とのこと。

しょうゆの強いつゆで、ほのかに生姜を効かせています。



ほんのり生姜を効かせたしょうゆの濃いつゆ


  • しょうゆの濃いつゆ
しょうゆの濃いつゆです。うどんなので昆布などでもっと丸みをもたせたり、砂糖がたくさん入って甘みをもたせたりするものを想像しましたが、結構ストレートにしょうゆの濃さが目立ったつゆとなっています。さすが東日本を主戦場とする東洋水産といたところでしょうか。かつおも昆布もしっかり存在感ありますが、まるでお蕎麦のようなつゆの味でした。



  • ほんのり生姜が隠し味
そして隠し味として効いているのが、ほんのりかすかに感じられる生姜。しょうゆ押しのつゆの中でほのかに生姜を感じさせることで、多少の上品な味わいを演出していました。もうちょっと強くても良かったかもしれません。基本的にはかなり単純な味と言えるのではないかと思います。



麺は「なめらかでコシのある細めのうどん」とのこと。

湯戻し時間5分の、中太で縮れのついた油揚げ麺のうどんです。



ぶっかけうどんの麺としては物足りない


細めとのことですが、いつもと変わらないくらいの太さのように見えました。いつもの「赤いきつね」の雰囲気とそう離れてはいない油揚げ麺のうどんです。ただ、ぶっかけうどんの麺としては太さが心もとなく、特にやや平打の麺なので、厚みが貧弱に感じられました。ぶっかけうどんに求めたいコシが弱いです。また、麺量が66gで汁なしカップ麺としては食べ応えがないところも気になり、あっという間に食べ終えてしまうような感覚でした。

さらには、「ぶっかけたぬきそば」の場合は麺の蕎麦の味が重要な役割を果たしていましたが、今回うどんなのでそれがなく、太い麺を使ったぶっかけうどんで本来なら楽しめる小麦感、麺の旨みといった醍醐味も、今回の油揚げ麺でで再現するのはなかなか難しいものがありました。こうなってくると、すっきりしすぎていたつゆにもう一味欲しかったですかね。




具は「ごま、ねぎ、かまぼこ」とのこと。

カップに予め入っているかまぼこと、「あといれかやく」に入っている粒ごまとねぎの組み合わせです。



粒ごまが香ばしい


かまぼこは小さいものが3枚半程度、そして「あといれかやく」に粒ごまやねぎが入っていて、こちらが主力。特に粒ごまが、すっきりしたつゆの中にあって風味が目立っています。しかし、メインを張るには少し量が足りずに脇役に留まっている印象で、麺のコシの不足や、つゆで感じた一味足りない感じを補えてはいませんでした。

先ほど紹介した大黒食品工業の冷しうどんは「たぬき」で、揚げ玉の風味がそれなりに存在感がありました。今回の一杯でも、粒ごまを増やすか、きざみのりもしくは揚げ玉を入れるなどして、うどんのコシや、つゆに足りないひと味を補って欲しかったです。さっぱりしていて夏向きとも言えそうなんですけどね。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 冷しぶっかけうどん」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
冷水で冷して食べる、「ぶっかけうどん」のカップ麺を食べてきました。思いのほかストレートなしょうゆ味で、ほのかに生姜を効かせています。ぶっかけうどんとしてはうどんのコシが物足りないので、味でワンパンチ欲しかったところですが、生姜が効いている以外はさっぱりしていて、全体的に主張をあまり感じませんでした。もっと粒ごまが多かったら良かったかもしれません。カップで食べられる冷やしうどんは貴重なのでこの評価で。

「赤いきつねうどん」の「東」と「関西」を食べ比べできるセットらしいです。他に「西」や「北」もあるので、全部食べられるセットだともっと有り難いんですけどね。




 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加