このページでは、エースコックのカップ焼そば、「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」を食べてレビューしていきます。



「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」はどんな商品?


今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」。2020年4月13日発売の、「CoCo壱番屋」監修シリーズの新商品です。今回は、過去発売されていた「カレーラーメン」と「カレー焼そば」が復活。CoCoイチシリーズの中で歴代売上1位と2位とのことです。



「CoCo壱番屋」コラボシリーズは今年で10年目


エースコックの中でも定番の「CoCo壱番屋」とのコラボシリーズは、今年で10年目を迎えるとのこと。長いのは知っていましたが、それにしても長いですね。これ以前にもエースコック&サークルKサンクスでもCoCoイチ商品が出ており、実質的には10年以上と思われます。



売上歴代NO.2の「カレー焼そば」を再現!


今回の商品では、ココイチシリーズ歴代2番目に売れた商品、「カレー焼そば」が再現されています。このブログでは2012年4月に発売された「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」をレビューしており、当時ハンサム氏は★3をつけていました。ハンサム氏は私オサーンに比べるとかなり評価が辛めなんですよね。今でもハンサム氏は、あれがおいしかったこれがおいしかったと食べたものの話をしてくれることがあるのですが、じゃあ星いくつ?と尋ねると、たいがい★4と返ってきます。あんな絶賛してたのに・・・とよく思ってしまいます。

エースコック 「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」

どうもー、ハンサムです。最近、仕事行く前にウォーキングをはじめました。とりあえず平日のみ2週間は必ず続けるぞと、ものすごく低い目標立ててがんばってみたいと思いますw さて、今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」です。カレーラーメンと同時発売ですね。この商品、ほとんどのコンビニで見かけました。CoCo壱番屋さんって人気あるんですねぇ。ソースは、「ポークエキスとウス...

CoCo壱番屋名物「とび辛スパイス」は、単体でも製品化されています。



アップデートされたとび辛ブレンドスパイスを使用




2012年発売当時も、そして今回の商品でも、お店の名物「とび辛スパイス」がブレンドされたスパイスが別添されています。CoCoイチのファンの方なら、このスパイスの威力はよくご存知だと思いますが、極端に言って、刺激が物足りない眠いカレーにこれをさっとふりかけるだけで、かなり食べられるカレーになること請け合いです。

基本過去のリバイバルである今回の商品ですが、このスパイスだけはアップデートされているとのことです。果たしてどんな一杯になっているのか楽しみです。


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「焼そばソース」、「かやく」、「スパイス」の計3袋。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。それほどたくさん入っていません。2012年発売当時も少なかったです。

品名CoCo壱番屋監修 カレー焼そば
メーカーエースコック
発売日2020年4月13日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(焼そばソース・かやく・スパイス)
定価税別210円
取得価格税別208円(セイコーマート)

栄養成分表、原材料


1食127g(めん100g)あたり
エネルギー578kcal
たん白質8.8g
脂質26.7g
炭水化物75.6g
食塩相当量3.4g
ビタミンB10.88mg
ビタミンB20.47mg
カルシウム387mg



2012年当時の定価は税別190円。栄養成分は大きくは違わないですが、細かくは結構違っています。スパイスの変化だけではなさそうです。


ソース


ソースは「ポークとウスターソースをベースに、カレーの味と風味をしっかり利かせた焼そばソース」で、「別添のスパイスを加えることでスパイスの刺激と風味が広がり、最後まで飽きのこない一杯に仕上げ」たとのこと。

ウスターソースにカレー味を加えた焼そばソースに、別添スパイスによって強力なスパイス感を加えています。



別添スパイスがココイチらしさの決め手


  • 液体状の「焼そばソース」
液体の「焼そばソース」は、ウスターソースにカレーを加えた焼そばソースとなっています。ソースの味もカレーの味もしっかりしていますが、これ単体だとどちらも味もいまいちパッとせず、特にスパイス方面が物足りない印象。なんとなくカレーの香りはしていますが、辛味はほとんどなく、ソース焼そばとしてのソース感も物足りないです。

液体スースだけだと安っぽい味なので、別添スパイスありきなソースと言えるかと思います。



  • 別添「スパイス」がソースの肝となっている


別添の「スパイス」には、お店の名物「とび辛スパイス」がブレンドされたスパイスが入っています。これを入れることで、ソースのスパイス感、そして辛味が一気に増します。これぞココイチ的な味がしっかり感じられました。ただ、全体にスパイス感を行き渡らせるためには、もうちょっと量が欲しかったですかね。

特にココイチらしい重厚なスパイス感はこの別添スパイスが一手に担っており、辛いものが苦手だからとこのスパイスを入れなかったりすると、この商品の魅力がほぼなくなってしまうのではないかと思います。辛味はこのスパイスを入れてピリ辛程度でしょうか。



麺は「適度な弾力と滑らかさのある丸刃のめん」で、「程良い味付けを施し最後まで飽きのこないめんに仕上げ」たとのこと。

湯戻し時間3分の、中太で緩やかな縮れの油揚げ麺です。麺量は100gで通常サイズ。



太めで弾力のある油揚げ麺


太さと厚みが伴った、弾力強めの油揚げ麺です。スーパーカップシリーズのDNAを引き継いでいる麺と言えます。丸麺形状なので、弾力以外の食感の主張は穏やかめ。2012年に発売されていた商品に比べると、太さや丸みは同じですが。麺の縮れがだいぶ穏やかになっている印象を受けました。

中太の麺に対し、別添スパイスによるスパイス感が強いソースはバランスがきちんと取れています。これもうちょっと細ければ、ココイチらしくスパイスやソースの味が強く感じられて良さそうですが、一般的なカレー焼そばとしてのバランスなら、今回くらいの太さで良さそうです。今回の一杯では、スパイス感よりも食べやすさに重点が置かれていそうです。




具は「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、彩りの良い人参、食感の良い大豆そぼろを加えて仕上げ」たとのこと。

キャベツ、大豆そぼろ、ニンジンが入っています。



具は量が少なめ


キャベツ、大豆そぼろ、ニンジンが入っていますが、どれも量は多くなく、全体的に物足りない印象です。2012年に発売されていたものと比べると、量にそれほど大きな違いは見られません。

そんな中で、肉そぼろが大豆そぼろに変更されているのが大きな違いと言えるでしょう。ただ、以前の肉そぼろも今回の大豆そぼろも、それほど目立っているわけではないため、あまり影響ないとも言えるでしょうか。


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ココイチコラボ史上歴代売上第2位の商品「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」を食べてきました。とび辛スパイスの威力はすごく、これだけでココイチらしい重厚なスパイス感を楽しめますが、もっと全体に行き渡るレベルでスパイス感が欲しかったです。2012年発売当時に比べると、麺の形状が多少異なっているのと、肉そぼろが大豆そぼろに変更になったという変化がありました。

この鍋をうちで食べたことがありますが、普通のカレー鍋に比べてかなりスパイシーで独特な鍋になりました。私は好きかな。鍋でこのスパイス感は賛否分かれそうなところかも。ココイチ好きの方なら是非どうぞ。



 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加