このページでは、エースコックのカップ麺、「MEGA辛 濃厚鬼辛麻婆麺」を食べてレビューしていきます。



「MEGA辛 濃厚鬼辛麻婆麺」はどんな商品?


今回のカップ麺は、エースコックの「MEGA辛 濃厚鬼辛麻婆麺」。2020年3月16日発売の、「MEGA」シリーズの新商品です。私オサーン個人的にいちばんのお気に入り「MEGA」シリーズから、今度は「」に着目した商品の登場です。



レベルの高い「MEGA」シリーズの新商品


MEGA」は、「メニューの持つおいしさの代表要素をとことん高めた」シリーズです。エースコックには「EDGE」という、何かひとつの材料を入れすぎることをコンセプトにしたシリーズもあり、キャラが被っている気がするのですが、「代表要素」というところが大きな違いで、個人的には「MEGA」シリーズの方がおいしさと極端さを両立できているように感じています。今あるカップ麺の中で私オサーンが最もお気に入りのシリーズです。

前回発売された「MEGA」シリーズの商品は、シリーズ初の汁なし麺&非タテ型だった「MEGA鶏 濃厚鶏まぜそば」。エースコック史上最大量の鶏油を使用したまぜそばで、まったり濃厚な鶏油を楽しめる商品でした。

鶏油たっぷりのカップまぜそば登場!「MEGA鶏 濃厚鶏まぜそば」を実食レビュー

このページでは、エースコックのカップまぜそば、「MEGA鶏 濃厚鶏まぜそば」を食べてレビューしていきます。「MEGA鶏 濃厚鶏まぜそば」はどんな商品?今回のカップ麺は、エースコックの「MEGA鶏 濃厚鶏まぜそば」。2020年1月20日発売の、「MEGA」シリーズの新商品です。名物シリーズからエースコック史上最大量の鶏油を使用したまぜそばの登場。「MEGA」シリーズから「鶏」が登場!「MEGA」は、ラ...



粗挽き山椒&唐辛子の辛ウマスープ




パッケージには、「粗挽き山椒&唐辛子入りスパイスで仕上げる辛くてウマい濃厚スープ」と書かれており、山椒と唐辛子を使った「MEGA辛」スープとのことです。激辛カップ麺を食べる際には常々言っていますが、ただ辛いだけではなく、辛さの中でどれだけ旨みがあるかが成功の大きな鍵になるのではないかと思います。

各社から激辛カップ麺がたくさん発売されて乱立している中で、今回は果たしてどんな独自性を出した一杯になっているのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体スープ」と「スパイス」の2袋。カップにはスープ粉末とともに豆腐などのかやくが入っていますが、あまり多くなさそうです。スープ粉末も少なめ。別添袋2つに期待でしょうかね。

品名MEGA辛 濃厚鬼辛麻婆麺
メーカーエースコック
発売日2020年3月16日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ・スパイス)
定価税別220円
取得価格税込232円(ファミリーマート)

栄養成分表、原材料


1食93g(めん70g)あたり
エネルギー409kcal
∟めん・かやく∟319kcal
∟スープ∟90kcal
たん白質9.9g
脂質18.3g
炭水化物51.1g
食塩相当量5.5g
∟めん・かやく∟1.6g
∟スープ∟3.9g
ビタミンB10.39mg
ビタミンB20.37mg
カルシウム304mg



辛味は栄養成分には現れづらいのでしょうがないですが、おとなしめの数値となっています。嵐の前の静けさなのでしょうか。


スープ


スープは「ポークをベースに、味噌のコクや唐辛子の辛さ、山椒の痺れを利かせた麻婆スープ」で、「別添の液体スープやスパイスを加えることで、豆板醤や甜麺醤の旨み、粗挽き山椒と唐辛子が加わり刺激が一層際立つ濃厚な味わい」とのこと。

みそ味のベースに唐辛子や山椒を加え、別添「液体スープ」でも豆板醤、別添「スパイス」でも山椒と唐辛子が入り、重厚な辛味が感じられるスープです。



唐辛子と粗挽き山椒の激辛スープ


  • スープ粉末だけでも唐辛子と山椒が強い
唐辛子や山椒を効かせたみそ味のスープです。みそ味はそれほど強くはありませんが、スープ粉末だけでも唐辛子や山椒はかなり強く、十分に辛いです。スープ粉末だけでも唐辛子は辛口レベル、山椒もしっかり香るレベルにあります。花椒ではなく山椒なのが効果的なのか、辛味に粘着性はなく爽やか。辛味にパンチがあっても耐えられない感じではない絶妙な仕上げとなっています。

  • 「麻婆麺」だがあまり麻婆っぽくはない
みそ味ベースで唐辛子や山椒を効かせており、後述するように豆腐やそぼろ(大豆ですが)も入っているため、一応商品名通り「麻婆麺」の要件を満たしているのですが、あまり麻婆らしさは感じませんでした。とろみも一応つけられているもののあまり強くなく、麻婆らしい甘みが辛さでかき消されていることが大きいのかもしれません。今回の商品、麻婆に大きく期待しないのであれば、売りはここではないので別にいいです。



  • 別添①液体スープ!


別添袋は「液体スープ」と「スパイス」が入っています。まずは「液体スープ」からですが、豆板醤や甜麺醤が入って、辛味の中で旨み部分を担当するのがこの液体スープです。粉末のみそよりも、むしろ豆板醤や甜麺醤が強く感じられます。豆板醤が味の主力になっていることが、スープにあまり甘みを感じない原因になっているかもしれませんね。

先述のスープ粉末や後述するスパイスにたっぷり山椒が入っていますが、なんとこの液体スープにも山椒が入っており、徹底的に山椒です。「MEGA辛」なんだか当然と思われるかもしれませんが、まずはニュースです、続いてニュースです、CM後にニュースですの久米宏さん的なニュース番組みたいになっています。ニュース番組なので当然なんですが。「MEGA辛」の正体は山椒と言って良いかもしれません。



  • 別添②スパイス!
2つめの別添袋「スパイス」。これには唐辛子や粗挽き山椒が入りのスパイスが入っています。これを入れることで大幅に辛さが増し、唐辛子だけでも激辛クラス、粗挽き山椒のやさしいシビレでさらに辛さが増幅して感じられました。粗挽き山椒は粒粗めで、ちょっとジャリジャリした食感も楽しむことができます。

今回、花椒ではなく山椒を用いていることが大きなポイントだと思われ、シビレを強調しすぎることなく、「MEGA辛」のイメージ通りの激辛を実現しています。山椒による辛味の増幅効果もあって、唐辛子が入りすぎることもないため、口の中で痛みが強くなりすぎずに食べ切ることができました。山椒素晴らしいです。そしてとても良く練られたスープだと感じました。



  • スパイスの香り高いのが印象的
さらにもう一つ強調ポイントとしてあげておきたいのが、山椒のシビレより強く感じられる風味の良さが印象的なことです。山椒だけではなく他のスパイスも入っているのかもしれませんが、とても香りが良いです。ただ単に辛いでけではなく、適度なシビレ、そしてそれ以上に香り高いことが大きなセールスポイントだと思います。激辛にきちんとプラスαがあるスープでした。



麺は「滑らかで歯切れの良い丸刃のめん」で、「適度な味付けを施し、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。

湯戻し時間3分の、中細、中細よりちょっと太いかなくらいの、ストレート形状の油揚げ麺です。



がっしり食感の中細油揚げ麺


中細程度の太さでストレート形状の油揚げ麺です。気泡のある油揚げ麺としては中身ががっしり締まった食感のエースコックらしい麺で、ストレート形状であることも含め、油揚げ麺としては本格感があります。さすがスーパーカップのエースコックといったところでしょう。

合わせるスープの辛味が強烈なので、がっしりした主張の強い麺でも、スープにやや傾いたバランスだと感じました。ただ、スープの強烈な辛味が売りの商品なので、麺によってスープの威力が阻害されてしまうと本末転倒になってしまうため、これはこれで良いバランスだと思います。油揚げ麺臭もほとんど感じられず、食感以外であまり前に出てこなかったのは良かったです。




具は「大豆そぼろ、豆腐、ねぎ、唐辛子を加えて仕上げ」たとのこと。

大豆そぼろや豆腐をメインに、ねぎや唐辛子を組み合わせています。



豆腐、大豆そぼろなどの組み合わせ


ここまでスープと麺は絶賛してきましたが、欠点があるとすれば具です。豆腐が入っていますが、カットがかなり小さい上、量も少ないです。かろうじて麻婆豆腐の体裁を整えようとしていますが、これなら入っていても入っていなくてもそれほど変わらないような気がします。肉ではなく大豆由来のそぼろも入っていますが、これも量が少なかったです。

今回、スープのインパクトが強いので、具のボリュームのなさは気にならないといえばならないのですが、一応「麻婆麺」なので、「中本」に入っているような豆腐のボリュームを想像してしまうとかなりの肩透かしを食ってしまうので、念のため記しておきたいと思います。


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「MEGA辛 濃厚鬼辛麻婆麺」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「MEGA」シリーズの新商品、「MEGA辛」を食べてきました。単に激辛ということではなく、唐辛子に加えてシビレすぎない山椒を合わせることで、爽やかで豊かな風味を醸し出しているのとともに、辛味を増幅させていました。増幅効果があってかなり辛く感じるのですが、唐辛子が極端に多く入っているわけではないようで、辛く感じるのに口の中に痛みが残りにくい仕上げでした。本当良く練られているスープだと思います。辛さだけではなく、山椒を始めとするスパイスの香ばしさも目立っており、おいしいスープでした。具がショボいのはご愛嬌ということで。

激辛カップ麺といえば最近はこれでしょう。2020年2月発売の「ペヤング 獄激辛やきそば」。これは早々ギブアップしてしまいました。

激辛すぎてたった3口でギブアップ!「ペヤング 獄激辛やきそば」 最強激辛カップ麺を実食

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 獄激辛やきそば」を食べてレビューしていきます。「ペヤング 獄激辛やきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 獄激辛やきそば」。2020年2月17日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの新商品です。おどろおどろしいパッケージデザインがインパクトのある、ペヤング史上最強の激辛商品との触れ込みで登場したカップ焼そばで...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加