このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」。2020年3月9日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの新商品です。麺量2食分の「超大盛」から、「マシマシキャベツ」というインパクトありそうな商品が登場しました。



「ペヤング超大盛」+「マシマシキャベツ」


麺量2食分の「ペヤング超大盛」。今回はその「超大盛」から「マシマシキャベツ」という商品が登場。大きなパッケージ全面にキャベツの絵柄が描かれています。「マシマシ」というのは二郎を意識したネーミングなのでしょうか。

2019年12月に発売された、「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」。「超大盛」のサイズで登場した具なしの焼そば。「ヨシモリ」とはペヤング王子の名前だそうで、かなり内輪感の強い一杯でした。今後ペヤングは「超大盛」サイズを推していくのでしょうか。

まさかの「かけペヤング」??「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」を「ペヤング超大盛」と食べ比べました!

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」を食べてレビューしていきます。「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」。2019年12月2日発売の新商品です。いつもの「ペヤング」シリーズではなく今回から新登場の「ヨシモリ」やきそばで、通常ペヤング2個分の麺量やカップサイズが「ペヤング 超大盛やき...



「超大盛」とまったくの同サイズ




「超大盛マシマシキャベツ」と「超大盛」を並べてみると、もうまったく同じサイズのカップとなっています。形同じでカラーリングが違うだけでも、シャアのように3倍動いたりすることもあるので、今回もおそらく緑の機体のすごいヤツ的な感じなんだと思われます。ペヤングらしい3倍おもしろ商品に期待したいところです。


内容物、価格、購入額など




左が「マシマシキャベツ」で右が通常の「超大盛」。どちらも別添袋は「特製ソース」、「かやく」、「ふりかけ+スパイス」の3袋。「特製ソース」と「ふりかけ+スパイス」の2つは両者まったく同じものに見えます。



下が「マシマシキャベツ」、上が「超大盛」のかやく袋。マシマシキャベツの内容物が4倍以上あるように見えます。これはすごい!





先入れのかやくを麺の上に開けた状態。大人と子供どころか、デビルガンダムと普通のモビルスーツくらいの違いがあります。容器はまったく同じなのに、中身がこうも違うとはちょっと不思議な感じがします。30年前のPCケースに最新鋭のマザボを組み込んでいる感じでしょうかね。



今回、「マシマシキャベツ」で当然キャベツが多いわけですが、キャベツだけではなく挽肉の量も多そうです。キャベツを増やしたのではなく、かやく全体を増やしたということだと思います。

品名ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ
メーカーまるか食品
発売日2020年3月9日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(特製ソース・かやく・ふりかけ+スパイス)
定価税別300円
取得価格税込324円(ファミリーマート)

栄養成分表・原材料


  • 栄養成分表
栄養成分マシマシキャベツ
282g(めん180g)
超大盛
237g(めん180g)
エネルギー1267kcal1081kcal
たんぱく質21.4g19.0g
脂質56.7g54.3g
炭水化物167.8g129.1g
食塩相当量7.1g6.6g

気持ち良いくらい、マシマシキャベツの数値が超大盛をすべて上回っています。重量が45g多いですが、そのすべてが「かやく」だと思われます。

  • 原材料
・「ペヤング超大盛 マシマシキャベツ」


・「ペヤング超大盛」


原材料の並びが両者すべて同じです。本当、単に具が多い「超大盛」と言えそうです。



キャベツは4~5倍くらいありそう


キャベツの量がマシマシどころではない




左が「マシマシキャベツ」で右が「超大盛」。どちらも「超大盛」なので麺量が多く、大きなカップで間口が広いにも関わらず、「マシマシキャベツ」は麺を覆い隠す勢いの量が入っています。これはやはりすごいキャベツ。マシマシどころかマシマシマシマシマシマシマくらいはありそうです。

キャベツだけではなくかやく全体が多い




「超大盛」より大幅にキャベツの量が多いですが、キャベツだけではなく、「かやく」袋にキャベツと一緒に入っている挽肉も多いです。キャベツと挽肉の割合をそのままに、かやく全体を増やしているのだと思います。「マシマシキャベツ」というよりは「マシマシかやく」で、この状況を正確に表すならマシマシマシマシマシマシマかやくですね。

恐ろしいことに、「超大盛」の時点でもキャベツの量はかなり多いんですよね。それより何倍も多いというのは本当すごいことで、このキャベツを見るだけで価格分は十分に楽しめるのではないかと思います。



かやく以外は両者まったく同じだが・・・




かやくのキャベツと挽肉の量以外、ソース、麺、ふりかけ、スパイスは両者まったく同じだと思われます。栄養成分や原材料を見てもその状況が現れていましたが、実際食べてみても両者に違いはなく、ペヤングらしいいつもの味です。



ただ、キャベツが多いため、「マシマシキャベツ」のキャベツの甘みが際立っており、いつものソースの味がやわらかく感じられます。いつものペヤングの味が濃いと感じるなら、「マシマシキャベツ」の方が良いのではないかと思います。

また、キャベツが多いことから食感に大きな違いがあり、「マシマシキャベツ」の方が食べていてちょっと顎が疲れてくる感じでしょうか。基本的に同じ商品なのに、キャベツの量が違うだけで全然違う印象を持つのが面白かったです。


オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」
★★★測定不能★★★(∞)
麺量2倍の「超大盛ペヤング」のキャベツ多いバージョンを食べてきました。ペヤングは面白商品が多いですが、今回はインパクトがありながらも正統派においしい一杯といえ、たっぷりのキャベツで甘みを強く感じる味に仕上がっていました。ソースや麺、スパイス、ふりかけはまったく同じなので、基本的には同じ味なのですが、キャベツが多いだけでだいぶ印象が変わるのが面白かったです。

2019年11月に発売された「ペヤング 火炎風やきそば超大盛」。こちらも「ペヤング超大盛」のサイズで登場していました。やはりペヤングはGIGAMAXから超大盛にシフトチェンジしているようですね。

麺量2個分の激辛カップ焼そば!「ペヤング 火炎風やきそば超大盛」を実食レビュー!

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 火炎風やきそば超大盛」を食べてレビューしていきます。「ペヤング 火炎風やきそば超大盛」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 火炎風やきそば超大盛」。2019年11月11日発売の、「ペヤング」シリーズの新商品です。麺量がレギュラーサイズの2倍入った「ペヤング超大盛」の久々の登場となります。激辛な焼そばのようです。...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加